<< カナリア諸島6 パエリアと海岸... カナリア諸島4 ラクダ乗りとテ... >>

カナリア諸島5 火星気分&ワイナリー&緑のラグーン・ツアー

c0132488_18381875.jpg
4日目バスツアーの続きです。
c0132488_19465267.jpg
ティマンファヤ国立公園(Timanfaya National Park)は、1730~1736年の大噴火によって形成された約51㎢もの敷地を誇り、その独特の地形や生態系を守るため入場は規制されています。
c0132488_18392615.jpg
大きな観光バスがこんな火山ルートを走るので迫力満点!
c0132488_18413356.jpg
溶岩の地層がくっきり。
c0132488_18503637.jpg
赤い土壌のグラデーション、遥か彼方には海も…
c0132488_18512835.jpg
バスや道がなければ、まるで火星にでもきてしまったかのような錯覚にとらわれます。
c0132488_18525261.jpg
カルデラと先ほど訪れた展望レストラン
c0132488_18573028.jpg
ランサローテがヨーロッパのハワイ島と云われる所以はこの火山ルート。
パイナップル畑もブランドショッピングもないけれど、私にとってこのツアーは今まで参加したどのツアーよりも衝撃的でした。
切り立った崖沿いの道を進むので母は恐怖でカーテンを閉め、この壮大な景色の中Lは昼寝していましたが。笑
c0132488_1924940.jpg
火星気分を味わった後は、一路ワイナリーへ。
c0132488_1961170.jpg
白、赤、スパークリングの3種をテイスティングさせてくれます。
スパークリングがさわやかで、母が兄のお土産に購入、私は物珍しさからワインを絞ったあとに出る葡萄かすの石鹸を買いました。
c0132488_190186.jpg
島の強風から守るため火山石で丸く囲ったところに葡萄の木を植えます。
これもランサローテならではの光景。
c0132488_1952363.jpg
いよいよランチタイム!
この時点でとっくに2時を回っており、みんなお腹がぺこぺこで写真もそこそこにバイキングの列に並びました。
c0132488_1985539.jpg
大雑把な盛り付けであまり美味しくなさそうですが、チョリソーと豆の煮込み、ミートボール、鶏グリル、魚の揚げ物、パスタなど、味は悪くなかったですよ。
各テーブルに赤と白のテーブルワイン、ミネラルウォーターつき、デザートも2種ありました。
c0132488_19123625.jpg
食後は景勝地El Golfoへ。
c0132488_19142333.jpg
映画のロケ地にも何度もなったそう。
c0132488_1915202.jpg
その理由は、砂浜にあるこの緑のラグーン。
海に隣接しているため、いずれ侵食されてしまう可能性が高いそうです。
c0132488_19175367.jpg
記念撮影♫
c0132488_19175651.jpg
そして、ツアー最終地点はLos de Hervideros
c0132488_19203656.jpg
溶岩が波によって削られてできた自然の劇場のような形をしています。
c0132488_19212615.jpg
こんな風にバルコニーのようになっていて…
c0132488_19473839.jpg
気をつけないと波しぶきを浴びます。笑
c0132488_19232481.jpg
ここでも記念撮影♫
c0132488_22373027.jpg
Lが持ち帰ったお土産

ラクダ、火山エネルギー見学、火星気分ドライブ、ワインティスティング、バイキンングランチ、緑のラグーンなど景勝地を一日で体験できる、なんとも大充実のツアーでした。

次回は滞在地のビーチへ繰り出します。
[PR]
by hammohammo | 2014-05-01 19:25 | カナリア諸島三世代の旅 2014
<< カナリア諸島6 パエリアと海岸... カナリア諸島4 ラクダ乗りとテ... >>