<< ZIP-FM Morning ... クロアチアの休日6 スプリトの... >>

クロアチアの休日7 ボートで世界遺産の古都トロギルへ

c0132488_20475133.jpg
クロアチアの休日6日目は、ボートツアーに出発です。
c0132488_2049528.jpg
私たちがホテルで申し込んだツアーは、スプリト(Split)のプロムナードから発着でした。
c0132488_2050069.jpg
真ん中に見えるのが、私たちが乗ったボート★
c0132488_21244549.jpg
スプリトのシンボルである聖堂の鐘楼を見ながら、いよいよ出航!
c0132488_2127369.jpg
スプリト市街を水上から一望♪
c0132488_21283771.jpg
ボートは、Nera号という名前でした。
c0132488_21274975.jpg
波は穏やかで揺れもあまり感じなかったです。
c0132488_21293451.jpg
ちょうどスプリト空港にオレンジの飛行機が着陸するところを目撃できて、Lが「ヒコーキ!」と大興奮(笑)。
c0132488_21315123.jpg
最初の目的地である、トロギル(Trogir)が見えてきました。
c0132488_2133161.jpg
オレンジ色と白い建物が印象的な島。
c0132488_2134926.jpg
写真上の跳ね橋・チヴォ橋があがったところをすすんですぐの港に船が停められました。
c0132488_21354224.jpg
港沿いの通りの様子
c0132488_21362169.jpg
そしていよいよ南門から入場し、世界遺産のトロギル観光です。
c0132488_2139853.jpg
トロギルには、中欧でももっとも保存状態のよいロマネスク=ゴシック建築群があることで知られています。
c0132488_21392939.jpg
中心部は城壁で囲まれ、城、塔、住居、宮殿など、ロマネスクからゴシック、ルネサンス、バロックといったさまざまな時代の建物が保存されています。
c0132488_21394757.jpg
袋小路のような路地には歴史を感じる建物が・・・
c0132488_21402770.jpg
昔ながらの服装のおばあちゃん
c0132488_2140896.jpg
ロッジア(裁判所)
c0132488_21411499.jpg
市庁舎
c0132488_2145867.jpg
内戦で亡くなった人々のメモリアル(ガイドさんのおじ様のお名前もこちらにあるそう)
c0132488_21572379.jpg
左が聖セヴァスチャン時計塔、右がロッジア
c0132488_21413190.jpg
裁判が行われていた場所でクロアチアの伝統的な歌が聴けました。
c0132488_21405286.jpg
13世紀に建てられた、ロマネスク=ゴシック様式の聖ラウレンティウス教会(現地語に準じて聖ロブロ大聖堂と表記されることも)
c0132488_2147512.jpg
入口にあるロマネスク様式の西正門には1204年にダルマチア出身のラドヴァンが製作した見事なレリーフが・・・
c0132488_21485655.jpg
見えにくいですが左右にライオン像とアダムとイヴの像があります
c0132488_21494459.jpg
教会前の銅像

写真が多くなったので、次回もトロギルの続きです。
[PR]
by hammohammo | 2012-07-24 22:29 | クロアチアの休日2012
<< ZIP-FM Morning ... クロアチアの休日6 スプリトの... >>