<< リスボンから世界遺産シントラへ... ZIP-FM Morning ... >>

リスボンへ★滞在ホテルとポルトガル・シーフード鍋風の夕食

c0132488_19425280.jpg
ポルトガルの首都リスボンへ二泊三日の旅に行ってきました。
c0132488_18235167.jpg
ブリストル空港から約2時間半でさくっと到着、夕方の便だったのでホテルに着いた頃にはうっすら夕焼けが♪
c0132488_18251486.jpg
今回の滞在ホテルは、リスボンの中心部ロシオ広場から地下鉄で二駅・徒歩でも15分ほどの5つ星☆Hotel Altis
c0132488_18261899.jpg
金融街にあって静かなロケーションでしたが、徒歩で中心部までいけるので不便さは感じませんでした。

実は今回なんとうちの男の子二人はお留守番で、bunnuby-yumsちゃんとNちゃんで3人旅!(我ながら思い切った行動 汗)
c0132488_18291427.jpg
せっかくの女子旅行なのでプチリッチに行こうということで、ラウンジで夜はカクテル・午後はアフタヌーンティーなどが無料でいただけるプレミア・タイプのお部屋をオンライン割引でとってもお得に予約。
ホテル全体は古臭い場所もあったけど、このフロアとロビーは改装が済んだばかりでピカピカ☆
c0132488_18324484.jpg
トリプル・ルームだけど3つともゆったりサイズのきちんとしたシングルベッドで、狭いけどモダンで清潔なインテリア。

全館Wifiインターネット完備だったので、1児の母である私と2児の母であるNちゃんは子どもたちに朝晩スカイプで挨拶コール♪yumsちゃんはさらにハイテクでWifiを利用しスマホで旦那さまと話したりしてました。
c0132488_19483984.jpg
ウェルカム・サービスで、ポルトガル名物パルテイス・デ・ナタ(エッグタルト)とポルトワイン、ミネラルウォーターが届けられていました♪
c0132488_18372795.jpg
バスルームは、大理石風呂にツイン・シンク、トイレはガラスドアで別室になっているタイプ。
c0132488_18383788.jpg
窓からは、ほんのりピンクの夕焼けと大西洋に流れていくテージョ川。
c0132488_18415172.jpg
チェックインしてポーターから荷物を部屋で受け取った後は、日曜日はホテル上層階ラウンジはお休み(そういうところはのんびりしたポルトガル風?^^;)ということで、2階にある普通のバーへ行きました。
c0132488_18465189.jpg
ウェルカム・カクテルは3人ともモヒートを選び、リスボン到着に乾杯☆
c0132488_18481473.jpg
私が事前に調べておいた良さそうなレストランは時期はずれのためか日曜休業だったので(リスボンでは日曜休業のレストランが多い)、ホテルで薦められた徒歩5分くらいのお店へ。
c0132488_1915384.jpg
入るとなんともレトロな場所で、お客さんも現地のローカルのみといった雰囲気。
c0132488_192531.jpg
メニューに英語表記ありウェイターも英語ができるので注文も無事済ませ、ポルトガル名物のヴィーニョ・ヴェルデ(=Vinho verde、ヴェルデは緑、若々しいという意味だそうで、軽く発砲した白ワイン)で乾杯、日本でいう突き出しの中からフレッシュチーズとオリーブをつまみました。

この突き出しはリスボン(ポルトガル全域?)では頼まなくてもテーブルに出されるので、食べたくなかったら断ってもいいし、出されてしまっても手をつけなければお代は請求されません。
c0132488_1975565.jpg
スターターに、ポルトガル名物サーディン(鰯)、アンチョビ、ロブスター・スープを注文。
アンチョビは塩気が相当強かったし、スープの具はカニカマ(笑)だったけど、どれも味は悪くなかったです。
c0132488_19135174.jpg
メインは浅い銅鍋で調理されたオリーブオイル入りシーフード・トマト鍋風カルデイラーダをシェア、二人前なのにこのボリューム!!
海老、イカ、ムール貝、ブリ風の魚、素揚げした鰯、サーモンなど具だくさんで、つけあわせはゆでたジャガイモ。
c0132488_1917459.jpg
タコが入っているかと聞いたら通常は入っていないけど特別にと追加してくれて、新鮮な魚介を心置きなく堪能♪

・・・なはずが、しっかり確認して二人分で頼んだはずのシーフード鍋が会計時には三人分の請求(><)!
私たちの語学力でも彼らの英語力の問題でもなかったのは明白だったので、かーなーりしつこく交渉、確信犯風だったウェイターが結局オーナーと話してきたようで最後は私たちの勝利(?)、正当な料金に直してもらいました。

せっかく楽しい気分での食事が台無しになったとまでは言いませんが、お店の雰囲気とリスボンの物価を考えると割高感が否めなかったので、こちらのお店はお薦めしません。
c0132488_19201146.jpg
ホテルに戻って就寝するも、先ほど窓をあけたせいか蚊が入ったようで(夜の気温は10度くらいで肌寒かったのですが)みんなやや寝不足気味(笑)で迎えた翌朝。
c0132488_192876.jpg
ホテルといえば楽しみなのが朝食♪
あんなに昨晩食べて胃が少しもたれていたけど、とりあえずちょこちょこっといろんな種類を盛りました。
c0132488_19292770.jpg
ポルトガルではマデイラに行ったときもそうですが、菓子パンの種類が豊富でほんのり甘い味が日本人の口にあうと思うのですが、こちらのホテルでもたくさんのパンが☆
c0132488_19321586.jpg
朝食とイギリスへのモーニング・コールを済ませ(イギリスと時差がないのもポイント高し)、いざ観光に出発!
滞在中日中の気温は16-17度でイギリスよりも温暖な気候でした。
c0132488_19334710.jpg
坂の多いリスボン名物ケーブルカーを早速発見♪
落書きされちゃってますが、リスボンではあちこちでグラフティーを見かけました。
c0132488_1935488.jpg
大通りに面したこのホテルはちょっと不思議なつくりで柱の間から大木が見えました。
c0132488_19355791.jpg
ロシオ駅に到着♪
c0132488_19374316.jpg
アール・ヌーヴォー様式がエレガントなファサードでした。
c0132488_19383545.jpg
そしてここから電車に乗って世界遺産を訪れます。
長くなったので、続きは次回に♪
[PR]
by hammohammo | 2012-04-26 19:42 | リスボン女子3人旅2012
<< リスボンから世界遺産シントラへ... ZIP-FM Morning ... >>