<< 何気ない週末とほっこりバレンタイン カントリーサイドでパブご飯と散歩 >>

Bathから足を伸ばして-関所と運河のあるBathampton

c0132488_233589.jpg
バースからのどかなヴィレッジBathampton(バースハンプトン)へは運河沿いを歩いて30-40分、パルトニー橋の下からエイヴォン川をのんびりゆくフェリーも運行しています。
c0132488_23432651.jpg
世界遺産ということでいつも混雑しているバースと比べるとのんびり自然が豊かなこのヴィレッジの特徴のひとつは、Toll Bridgeと呼ばれる関所。
c0132488_2339649.jpg

現代において関所って!?と驚かれる方が多いと思うのですが、車が片側通行やっとできるほど小さな石造りのこの橋は私有地にかかっており、通過するためには片道60ペンス(普通車料金、大型車はもう少し高い)払う必要があるのです!(*黄色いコートを着ているのが関所の番人ならぬ徴収係)
c0132488_23492997.jpg
わざわざお金払ってまで・・・と思う方もいるでしょうが、ロンドン方面から入るバース周辺のA4(ロンドンロード)のラッシュアワーにはたかが数キロ進むのに30分以上かかったりするので、地元住人にとっては利用価値が大きい抜け道なのです。
c0132488_2350194.jpg
関所向かいにある橋のたもとの小さなホテルには水車が・・・
c0132488_23525524.jpg
橋の上から眺めるエイヴォン川
c0132488_23533292.jpg
関所を渡ったところに元々は水車小屋(Mill)だったところを改装したThe Bathampton Millというパブがあります。
c0132488_23551772.jpg
以前にも一度ご紹介しましたが、数年前にオーナーが変わっておしゃれに生まれ変わったパブで、モダンなインテリアのバー・エリア↑は明るくて居心地がよいです。
c0132488_23571742.jpg
バレンタインのデコレーションがかわいいレストラン・エリア♪
c0132488_23585583.jpg
この日注文したのはマルガリータ・ピザ。
食事は感激するほど美味しいというわけでもないけれど、メニューも豊富だし合格点。
オムツ替え台やベビーチェアもあるので子連れにもお勧めです♪
c0132488_012276.jpg
このパブからもうひとつの見所である運河へは歩いて5分ほど。パブの向かいには牧草地が広がります。
c0132488_024886.jpg
ロンドンから続く線路、右手に見えるのはバース東部。
c0132488_052290.jpg
春夏にはウォーキングを楽しむ人やカナルボートでにぎわう運河もこの時期はひっそりと穏やかな佇まい・・・
c0132488_075977.jpg
ここは私のお気に入りスポット♪
c0132488_094462.jpg
こういう景色を眺めていると、深呼吸して自然のエネルギーを吸収したくなります。
c0132488_0114514.jpg
BathamptonのもうひとつのパブThe George Innの建物は13世紀に建てられたそう。
c0132488_0152349.jpg
バースの街中に住んでいた頃は、お天気がいいと散歩がてら歩いてこのパブまで食事にきたものです。
c0132488_0174019.jpg
パブの向かいには古い教会

c0132488_020072.jpgc0132488_0201688.jpg
c0132488_0203759.jpg
イギリスのお墓はおどろおどろしい感じがなく、みんな普通に散歩しています。
c0132488_0182158.jpg
今年初の黄水仙発見!
c0132488_019461.jpg
スノードロップもけなげに咲いています。
春はもうそんなに遠くないところまで来ているかな?^^
c0132488_0231230.jpg
世界遺産の街バースやコッツウォルズのように有名観光スポットというわけではないけれど、バース郊外にはこのBathamptonのようにのどかさが魅力のヴィレッジが点在しており、イギリスの田舎と人々の暮らしをのぞいてみたい方にはお勧めです。
[PR]
by hammohammo | 2011-02-12 00:30 | スローな暮らし
<< 何気ない週末とほっこりバレンタイン カントリーサイドでパブご飯と散歩 >>