いよいよ明日から!Londonのフェア出展

こんにちは~。

少し前にも宣伝させていただいたので、すでにご覧になった方は、Just a quick reminder...ということでお許しを。。

明日からいよいよ「Islington Contemporary Art & Design Fair」が、プレビューで幕を開けます。
*一般公開は金曜日から日曜日になります。

ロンドン在住のNちゃん(オリジナル版画プリント、ポストカード、クラフトアクセ)、サマセット在住のHさん(機織りストールやフェルト小物、組紐アクセサリー)、わたくしhammo(シルバージュエリー、アンティークボタンアクセ)が、「hammo*nat plus one」として、ロンドンのCandid Artsギャラリーで行われるアート&デザインフェアに共同出展。

c0132488_20332563.jpgc0132488_20324229.jpg
c0132488_20345613.jpg


Islington Contemporary Art & Design Fair
ウィーク3 : Fashion, Textiles, Jewellery
10月18日  18:30-21:00(プレビュー*要招待状)
   19日  13:00-19:00
20日&21日12:00-18:00

会場:CANDID ARTS TRUST
住所:3 Torrens St, London, EC1V 1NQ
Tel: 020 7837 4249

c0132488_23191785.jpg全部で4週にわたって、ペインティングと彫刻、写真とプリント、セラミックやガラスなど、毎週違うカテゴリーの新進アーティストたちを紹介するフェアです。

19日~21日は無料で自由に入場できますが、18日のプレビューは招待状が必要になります。

c0132488_2251572.jpg


これからの寒い時期にぬくもりたっぷりのHさんのショールは大活躍しそうだし、Nちゃんのほんわか版画ポストカードはクリスマス時期(すでにイギリスではクリスマス商戦スタート!)にもぴったりだと思います。
このウィーク3は、ファッション、テキスタイル、ジュエリーを中心に、私たちの他にも若手デザイナーやジュエラーが参加します。

HさんとNちゃんは今夜から会場でセットアップしてくれます。私はラストミニット(土壇場)で今日追加の作品を仕上げました(笑)。明日の朝自宅をでて、お昼から夜のプレビューに向けてレイアウトやセットアップを頑張ります。

ロンドン近郊在住の方、たまたまロンドンにいらしている方でもしお時間があれば、ノーザンラインのAngel駅からすぐなので、ぜひぜひ遊びにきてください♪ 

それでは、ロンドンでお会いできるのを楽しみにしています!
[PR]
# by hammohammo | 2007-10-17 20:30 | ジュエリー製作・展示 | Comments(14)

最強ガイドと往く・Corsham

c0132488_22311783.jpg週末には義理の両親がお宅訪問に来るとあって、引越しから一週間後の先週の木曜日にはダンボール箱をすべて片付けました!!50個以上もあったのに、われながらよくやったわ~(パチパチパチ)!
凝り性で一度やりだすと止まらない性格が功を奏した模様。だからちびちびジュエリーとか作るのも向いているのでしょうね(笑)

相棒も大分頑張っていたのですが、火曜日のランチタイムに街で(なぜか)転んで肩を強打。その後腕の筋肉まで痛み出して、木曜には急遽会社を休んで私の運転でGP(病院)まで連れて行く・・というハプニングもあったので、その後は私ひとりで地道に終わらせました!!(→幸い相棒の腕は骨は折れていなかったようで、大分良くなってきました)


c0132488_2232018.jpgそして金曜日には新居に初のお客様・Y子ちゃん+Yみちゃんを迎えました。チェダーとWinter Gardenのフェアの時にも借りたラックをロンドンフェアのディスプレイにも使わせてもらうため、まずはY子ちゃんとBath中心部で待ち合わせ。車で運ぶついでにうちまで遊びにきてもらったのです(今思うと、相棒以外で私の車に乗った初のお客様でもあります、Y子ちゃんって勇気あるわ~笑)。

うちで軽くお茶をしたあとは、Yみちゃんがちょうど半休をとれるという連絡をもらっていたため、Yみちゃんが仕事を終えるまでの間、近くの街・Corshamまでドライブ、Y子ちゃんと一緒にそぞろ歩き♪(上の写真もCorsham)
c0132488_223618100.jpg

Corsham通のY子ちゃんの案内でかわいいインテリアやガーデンショップ、クラフトやジュエリーが飾られている小さなギャラリー、オーガニック・デリに連れて行ってもらいました♪ このタウンはコッツウォルズ的情緒があるのに、観光客はほとんど訪れず、見かけるのは地元や近郊在住の人々のみなのでとてもゆったりした雰囲気。バースへの通勤圏とあって最近は若いカップルやファミリーにも人気で、こういった素敵なお店やグルメなレストランがどんどん増えているそう。

c0132488_22381589.jpgc0132488_2239267.jpg
c0132488_2341650.jpgc0132488_23421534.jpg

そしてこの日の掘り出し物!!カントリー調の椅子。アンティークというほど古い年代のものではないと思います。

c0132488_22445729.jpg

これ、なんと8.5ポンドなんですよ、奥さん(←みのもんた調で☆)!しーかーもー、な・なんと、3脚で8.5ポンド(約2000円)です、奥さん!!(←通販TVのおじさん風に。しつこい?)
Oxfamというチャリティーショップで発見して、この値段ですから迷わず購入。(*チャリティーショップ=家庭で不要になったものや、企業であまった商品など、すべて寄付されたものを格安で販売、売り上げはチャリティーに使われるという、お得品を買うだけでチャリティーに貢献できる素敵なシステム)

c0132488_22453295.jpg物価の高いイギリスではランチとコーヒーを頼んだだけでも8.5ポンドくらいすぐ使っちゃうんですよ~。かと思うとチャリティーショップではこういう掘り出し物があるのでびっくりします。Y子ちゃんがセンスが良くてお得なものがCorshamのチャリティーショップにはあるよ、と前々から言っていたので楽しみにしていたのです。

写真ではよくわからないかもしれないですが、色はグリーン。ペンキのはげた感じがカントリーっぽくてなかなか味がありますよね。この色に飽きたらグレーがかった淡い水色に塗り替えるつもり。ガーデンチェア用に買っておいたLaura Ashleyのクッションをのせたら、座り心地もかなりグー。予備の椅子として活躍しそう♪

このお得プライスには翌日到着した義理両親もびっくりしていましたよ。
さてなんだか長くなったので、このあとYみちゃんも加わってランチにいった話と、週末の義理両親訪問の様子はまた今度~。

*あとで気がついたのですがCorshamはヴィレッジではなくて小さなTownだったので、記事の表現は訂正させていただきました。
[PR]
# by hammohammo | 2007-10-15 23:07 | アンティーク&インテリア | Comments(18)

無事引越し完了

木曜日は幸いお天気にも恵まれ、無事に引越し完了しました!
そして驚いたことに、ブロードバンドの変更手続きも当日完了していました!!
日本ではそんなの当たり前なのでしょうが、ここイギリスではこういった変更手続きにトラブル・遅延はつきものなので、拍子抜けしてしまいました。。(苦笑)
たまにはしばらくオフライン生活もいいかな~なんて思っていたのに、ね(笑)。

c0132488_5575552.jpg

c0132488_55908.jpgc0132488_5594748.jpg
c0132488_60484.jpg


運送業者のお兄さん達がまた驚くほど手際が良くて、午前中に積荷が済み、お昼ごろにはフラットを出発。新居に到着し、コートヤードでサンドイッチでランチをとったときには、ぽかぽか、というより日差しが強いなというような気候でとても気持ちよかったです♪

その後昼食を済ませた業者さんたちのトラックが到着、順調に新居に荷物を運びいれ4時には完了。40個以上のダンボールと私たちが残されました。

この日は夕日がとても綺麗でした。

c0132488_652722.jpg


昨日・今日とダンボールを片付けてやっと5分の2くらいは終わったかな?
なにせ、来週末には義両親がロンドンから遊びにやってくるのです。←日本に行っている間に親子間で話して決めたようで。。(汗

車の運転のほうは、基本的には安全運転なので問題ないのですが、やっぱりRoundabout(イギリス独特の円形交差点)がネック。イギリスで運転される方はご存知のようにRoundaboutっていろんな種類があるじゃないですか、だから突然の対応に困ることが多くて、Roundaboutに突入するときはいつも車内にはりつめた空気が漂います(笑)

あとは、日本と違う標識もトラブルの元。運転中は人格が変わる、の典型的なパターンの私。相棒は運転しないわりに道や標識も妙に詳しくて便利なのですが、彼のきめ細かい指摘や私のちょっとした勘違いから、険悪ムードになること、なること。。まっ慣れるまではしょうがないかな。車を降りれば、このいや~なムードは消え去りますので、ご心配なく(笑)。

明日は仕事の関係でCheltenhamまで長距離ドライブ。イギリスで初高速体験(うぉ~)!
どうか幸運をお祈りください~。
[PR]
# by hammohammo | 2007-10-07 06:14 | 日常 | Comments(18)

チャンネル諸島②Sark

c0132488_2273843.jpgジャージーに3泊したあとはフェリーに乗ってサークへ移動。1時間20分の船旅は、快適~☆なはずが、当日波が荒かったためトイレに駆け込んでモドしてしまう乗客続出。今まで船酔いしたことなかった相棒までも吐きはしなかったもののグロッキー状態、それを見て私もかなり具合悪くなりました(泣)
お食事前後の方、ごめんなさい!

ガンジーからだとフェリーで45分なのでこちらのルートがお勧め!




c0132488_21591947.jpg瀕死の形相ながらもなんとか面目を保った私たちを迎えてくれたのは2年ぶりのサーク♪ 2年前VISAを更新中でパスポートが手元になかった私が、どうしても青い海を見に行きたくて探した旅行先がサーク&ガンジーだったのです。(ジャージーは今回初めて)
サークは相変わらずの美しさで、Unspoiltという言葉はこの島のためにある、と言っても過言ではないかも。


c0132488_2201426.jpgサークには車は救急車以外存在しません!到着した私たちと荷物を運んでくれるのはなんとToast Rackと呼ばれるトラクター(爆)赤いキャリッジのいすにはクッションがついていて乗り心地は悪くないです。
島内での交通手段は、徒歩、自転車、そして馬車のみで、飛行機の乗り入れ・島上空通過も禁止されています。最初に来たときはこんな時代錯誤の場所がまだ存在するのかとびっくりしたけれど、環境も空気も綺麗に保たれるし、これがまたのどかでいいんですよ~。
c0132488_2254083.jpgあとは言葉は無粋になるので、ゆっくりサークに行った気分になってお楽しみください!
説明を省略したいだけって話もありますが(笑)


c0132488_2285544.jpgc0132488_2294146.jpg
c0132488_22182019.jpgc0132488_22101720.jpg
c0132488_22104634.jpg

c0132488_22155927.jpg
c0132488_22162743.jpg
c0132488_2217921.jpgc0132488_22174086.jpg
c0132488_22191353.jpg




最後にお待ちかね(?)ディナー(*ここから携帯カメラのため画像が荒いです)

c0132488_22364239.jpgc0132488_22372139.jpg

c0132488_22381149.jpg


スターターはタイ風牛肉サラダのヌードル添え、メインがハーフサイズのロブスターと添えられてきた50尾はありそうなえび三種、デザートはとても美味だったバニラチーズケーキのサマーベリーアイス添え

メニューにはハーフ・ロブスターとしか書いてなかったのに、お皿に大量に添えられた(というかこんもり盛られた)えびたちには言葉を失いました。ちなみにこれで一人前です!!えび大好き人間の私ももうしばらくえびはいいっていうくらい(笑)。このほかにも漁港からあがったその日の採れたてのお魚、ほたて、オイスターなんかも名産です♪

お知らせ
[PR]
# by hammohammo | 2007-09-11 22:54 | チャンネル諸島2007 | Comments(26)

チャンネル諸島①Jersey

お久しぶりです♪ 9日間のホリデーから戻ってきました。

c0132488_5425525.jpg


行き先はUKなのにフランスの香りがちょっぴり漂うチャンネル諸島(Jersey、Guernsey、Sark、Alderney)のうち、ジャージー→サーク→ガンジーの3島巡り。8月中旬から少しずつお天気が回復したものの夜は10度以下まで気温が下がることもあり、なんだか秋の気配漂うイギリスだったのでビーチでごろんは期待せず、これは食に走るのみ!(笑)と思っていたのですが。思いがけず好天に恵まれ滞在中ほとんどからっと晴れ、今年最初で最後の夏を満喫できました。

c0132488_5434988.jpgc0132488_5442162.jpg

さて、ジャージーは位置的にはフランスのSt. Maloから約23キロとフランスに程近いイギリス海峡(English Channel)に 浮かんでおり、他の3島も含めて過去にフランスに属した歴史もあり、文化的にも地理的にもフランスの影響を強く受けており、今でも道の標識はフランス語、この地方の方言も古いフランス語から派生したものだそうです(現在の標準語は英語)。
また英国女王に忠誠を尽くす立場をとっていてUKに属すものの、独自の政権・通貨をもっており、EUにも加盟していない・・・とちょっぴり不思議な場所なのです。


前置きはこのくらいにしておいて、旅行者にとって嬉しい情報は、チャンネル諸島はVATフリー♪ お酒や化粧品などの消費税がかからないのです。いい感じのレストランでワインを頼んでもなかなかお手ごろでした。うちは相棒が全くお酒をたしなまないので、それほどお得感はなかったのですが、お酒好きな方には魅力的なのでは。


c0132488_555128.jpgc0132488_556249.jpg














そして海、とくればもちろんシーフード!そしてジャージーの名前から連想される方もいるかもしれませんが、ジャージー牛から作られる濃厚な乳製品や、やわらか~い牛肉も名産です。写真はお決まりながらもはずせないムール貝の白ワイン蒸しと英国の夏のカクテルの代名詞Pimms。


c0132488_54534100.jpgc0132488_5461035.jpg















観光スポットも充実。お城(エリザベス城、Mont Orgueil Castle)やマナーハウス見学や古代遺跡めぐりができます。

La Hougue Bie-約6000年(!!)以上も前に造られた遺跡は、薄暗いけれど中に入れますので、是非体験して古代のロマンを感じてください♪
c0132488_5471235.jpgc0132488_5474899.jpg


●Samares Manor-優雅な邸宅とハーブの種類の多さでUK内でも1,2を争うガーデンが見所。
c0132488_605682.jpgc0132488_614938.jpg

c0132488_624169.jpgc0132488_632380.jpg


Jersey Potteryでは義母の誕生日プレゼントに大き目の鉢を購入(持ち帰るのが大変でした 汗)。時間帯によって工房も見学できます。お勧めはお店の裏のギャラリー近くにあるDiscontinued lineなどがおかれたアウトレットコーナー、めっちゃ安かったので自宅用に湯のみチックなカップを購入♪ ここは小さなガーデンもあって、お花を眺めながらランチがいただけるレストランもあり、なかなか評判が良いようです(今回は時間がなくて試せず)。


c0132488_5534222.jpgc0132488_5542119.jpg

私のご当地グルメ食べまくり&自然満喫&冒険の旅はまだまだ続きます・・・。

「最後におまけ 」

☆ジャージーで見かけたちょっと変わったもの☆(興味ある方はクリック)
[PR]
# by hammohammo | 2007-09-10 06:33 | チャンネル諸島2007 | Comments(16)