<   2012年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

オリンピック開幕間近のロンドン

c0132488_22382892.jpg
週末にオリンピック開幕を目前にしたロンドンへ行ってきました。

先日ラジオ出演したZip-FMでもその様子をお話させていただきましたが、すっかりロンドンの街中オリンピック・ムードで、人と活気であふれていました。
c0132488_22393085.jpg
パディントン駅のオリンピック公式グッズ販売店★
c0132488_2395091.jpg
主要駅に追加された案内用のロンドン・オリンピックのマークと会場名(写真はシャーロック・ホームズで有名なベーカー・ストリート駅)★
c0132488_22403877.jpg
どーんと派手な飾りのカーナビーストリート★
c0132488_22422713.jpg
大道芸人もユニオンジャックで決め★
c0132488_22431172.jpg
一本裏通りに入ると、もうちょっと控えめな七色のバンター★

c0132488_22485767.jpg
ランチに寄ったKOYAの天ざるうどん★

いよいよイギリス時間の今夜9時(日本の27日早朝5時)から、エリザベス女王が開会宣言をし、ダニー・ボイル監督総指揮・アンダーワールド音楽担当で開会式が行われます。

聖火リレーの最終ランナーを誰が努めるのかも注目されるところです。(もしかして何らかの形で開会式に出場することになったベッカムかな??)
さらにポールマッカートニーの出演が確定し、亡きメンバーの息子ふたりを加えてビートルズがこの日のために再結成なんていう噂も日本で広まっているそうですが、実現したら面白いですね!

正式開幕を前に、なでしこジャパンがカナダに勝利、日本男子サッカーも優勝候補のスペインを破って、幸先のよいスタートを切りましたね。

私はなでしこジャパン対南アフリカ戦、シンクロナイズド・スイミングのデュエット、バースの期待の星リン・ハッチソン選手をはじめとする英国代表チームとフェアリー・ジャパンが出場する新体操を2日間観戦に行く予定です。

頑張れ、ニッポン、頑張れ、イギリス!!!
[PR]
by hammohammo | 2012-07-27 23:06 | ロンドン放浪記

クロアチアの休日8 トロギルの北門とカメルレンゴ砦

c0132488_533378.jpg
世界遺産の古都トロギル(Trogir)観光の続きです。
c0132488_5341584.jpg
聖ラウレンティウス教会(聖ロブロ大聖堂)の前にあった建物内
c0132488_5343749.jpg
同建物内の鶏の彫刻
c0132488_5425730.jpg
そして北門へ
c0132488_5404075.jpg
北門の上には初代トロギール司教でこの町の守護聖人イヴァン・ウルシーニの像
c0132488_544364.jpg
門をくぐって再び城内へ入り路地裏を通って・・・
c0132488_545930.jpg
現地の人々の生活が垣間見れるエリア
c0132488_5462360.jpg
蔦が絡まるこの建物は、レストランだったかな?
c0132488_5472897.jpg
観光地なのに静かな佇まい
c0132488_5484137.jpg
建物の間から教会が見えたり・・・
c0132488_5493973.jpg
そして、カメルレンゴ砦(Kamerlengo Castle)に到着。
c0132488_553240.jpg
15世紀にヴェネチアによって元々あった塔から、砦に改装されたそうです。
c0132488_5533748.jpg
プロムナード
c0132488_5541173.jpg
海沿いの優雅な建物を見つつ・・・
c0132488_555391.jpg
南門に戻ったところで、30分ほど自由行動となりました。
c0132488_5561898.jpg
まずは広場へ
c0132488_557798.jpg
ガイドさんがトロギルで一番お勧めと言っていたアイスクリーム屋さん★
c0132488_5574958.jpg
暑かったので日陰で苺ヨーグルト味一個をLと分けて食べましたが、ひんやり美味しくてちょっと元気回復♪
c0132488_5593396.jpg
あまり時間がなかったけれど、駆け足でハーブやお茶、ドライフルーツなどお土産も購入。
c0132488_603391.jpg
ここでタイムアップ、ボートに戻ることに。
c0132488_62212.jpg
港にはたくさんの船が停泊していました。
c0132488_631656.jpg
ボートに乗り込み次の目的地に向かいました。

ガイドさんが案内してくれたので名所は一通り抑えたけれど、鐘楼にものぼっていないし教会内にも入っていないし、可愛い路地裏もたくさんあったので、またいつか一日ゆっくり訪れたいと思った世界遺産のトロギールでした。
[PR]
by hammohammo | 2012-07-25 06:06 | クロアチアの休日2012 | Comments(2)

ZIP-FM Morning Charge出演のお知らせ★第三弾

c0132488_148587.jpg
(目玉オヤジ風で怖いと評判のロンドン・パラリンピックのマスコット・マンデビル↑ オリンピックのマスコットはオレンジ・ストライプのウェンロック)

7月26(木)の午前7時45分(イギリス時間25日午後11時45分)より
名古屋地区でオンエアされるラジオ番組ZIP-FM Morning ChargeToyota Hyper Charger」に
また電話出演させていただくことになりました。
c0132488_1482958.jpg

今回は開幕前日に迫ったロンドン・オリンピックについて、質問形式でお話しさせていただきます。
名古屋以外の愛知県や岐阜県の一部でも聴けるそうなので、当日エリアにいらっしゃる方はよろしかったら聴いてみてください♪

*再度日程変更のお知らせで申し訳ありませんが、日本時間の26日(木)朝です。よろしくお願いします!
[PR]
by hammohammo | 2012-07-25 01:57 | 掲載/執筆/告知 | Comments(2)

クロアチアの休日7 ボートで世界遺産の古都トロギルへ

c0132488_20475133.jpg
クロアチアの休日6日目は、ボートツアーに出発です。
c0132488_2049528.jpg
私たちがホテルで申し込んだツアーは、スプリト(Split)のプロムナードから発着でした。
c0132488_2050069.jpg
真ん中に見えるのが、私たちが乗ったボート★
c0132488_21244549.jpg
スプリトのシンボルである聖堂の鐘楼を見ながら、いよいよ出航!
c0132488_2127369.jpg
スプリト市街を水上から一望♪
c0132488_21283771.jpg
ボートは、Nera号という名前でした。
c0132488_21274975.jpg
波は穏やかで揺れもあまり感じなかったです。
c0132488_21293451.jpg
ちょうどスプリト空港にオレンジの飛行機が着陸するところを目撃できて、Lが「ヒコーキ!」と大興奮(笑)。
c0132488_21315123.jpg
最初の目的地である、トロギル(Trogir)が見えてきました。
c0132488_2133161.jpg
オレンジ色と白い建物が印象的な島。
c0132488_2134926.jpg
写真上の跳ね橋・チヴォ橋があがったところをすすんですぐの港に船が停められました。
c0132488_21354224.jpg
港沿いの通りの様子
c0132488_21362169.jpg
そしていよいよ南門から入場し、世界遺産のトロギル観光です。
c0132488_2139853.jpg
トロギルには、中欧でももっとも保存状態のよいロマネスク=ゴシック建築群があることで知られています。
c0132488_21392939.jpg
中心部は城壁で囲まれ、城、塔、住居、宮殿など、ロマネスクからゴシック、ルネサンス、バロックといったさまざまな時代の建物が保存されています。
c0132488_21394757.jpg
袋小路のような路地には歴史を感じる建物が・・・
c0132488_21402770.jpg
昔ながらの服装のおばあちゃん
c0132488_2140896.jpg
ロッジア(裁判所)
c0132488_21411499.jpg
市庁舎
c0132488_2145867.jpg
内戦で亡くなった人々のメモリアル(ガイドさんのおじ様のお名前もこちらにあるそう)
c0132488_21572379.jpg
左が聖セヴァスチャン時計塔、右がロッジア
c0132488_21413190.jpg
裁判が行われていた場所でクロアチアの伝統的な歌が聴けました。
c0132488_21405286.jpg
13世紀に建てられた、ロマネスク=ゴシック様式の聖ラウレンティウス教会(現地語に準じて聖ロブロ大聖堂と表記されることも)
c0132488_2147512.jpg
入口にあるロマネスク様式の西正門には1204年にダルマチア出身のラドヴァンが製作した見事なレリーフが・・・
c0132488_21485655.jpg
見えにくいですが左右にライオン像とアダムとイヴの像があります
c0132488_21494459.jpg
教会前の銅像

写真が多くなったので、次回もトロギルの続きです。
[PR]
by hammohammo | 2012-07-24 22:29 | クロアチアの休日2012

クロアチアの休日6 スプリトの市場+魚介たっぷりごはん

c0132488_2044618.jpg
今回のクロアチアの休日は、4日目のミニバス・ツアー後にいただいた夕食からスタート。
c0132488_2072629.jpg
ホテルの下にあった個人経営のレストランへ再び行きました。
右上は野菜のグリル、左上はL用に頼んだ魚肉入りラビオリ☆
c0132488_2082325.jpg
手前は私が頼んだ大きなあさりが入った手作りパスタのボンゴレ、奥は相棒のドライトマト入り手作りパスタ☆
c0132488_201063.jpg
夜空に浮かぶ三日月を眺めながら、4日目を終了しました。
c0132488_20115180.jpg
そして、5日目もこの晴れ渡る青空!
c0132488_20143021.jpg
スプリト市街の市場へちょこっと出かけました。
c0132488_20153094.jpg
地元で採れた石灰石を使った時計や入れ物。
c0132488_20162850.jpg
ダルマチア地方の名産であるラベンダーはおおぶり
c0132488_20171090.jpg
色鮮やかな花
c0132488_20183593.jpg
瑞々しい果物がずらっと・・・
c0132488_20174457.jpg
楕円形のスイカ♪
洋服とか小物のスタンドもあって、私は折りたたんでも大丈夫なイタリア産の帽子を購入(なぜここでイタリア製?という気もしましたが、アドリア海をはさんでお隣なので^^)
c0132488_20193616.jpg
ランチはホテルでとりました。
ごくフツウの洋風メニューだったので写真はなし(写真上はメインのレストランのテラス)。
c0132488_20124636.jpg
それから午後日光が強い時間帯は、室内プールで過ごしました(吹き抜けプールの上階はジムとスパ)。
c0132488_20214784.jpg
夕食は、前日行ったレストランの隣にあるもうひとつの個人経営のお店へ・・・
c0132488_20223931.jpg
突き出しのツナとアンチョビとパン☆
c0132488_2024027.jpg
前菜のタコのグリルは、大ぶりなのにものすごく柔らかくて至福の一品☆
c0132488_20303992.jpg
Lには、鶏胸肉のグリル(子ども用ポーションなのに、巨大なものが二枚も)☆
c0132488_20313827.jpg
相棒は、彩り野菜のリゾット☆
c0132488_20324029.jpg
私は、懐かしのイカ墨スパゲッティ・イカの身もごろごろ入り☆
c0132488_20335189.jpg
両日ともイギリスではなかなか食べられない新鮮な甲殻類中心の食事を堪能しました。

次回はボート・ツアーの様子をお届けします。
[PR]
by hammohammo | 2012-07-19 20:36 | クロアチアの休日2012 | Comments(6)

クロアチアの休日5 スクラディンスキの滝・クルカ国立公園

c0132488_22241076.jpg
シベニクの短い観光の後は、ミニバスは北東に向かいクルカ国立公園(Krka National Park)に到着しました。
c0132488_2374081.jpg
クロアチアの国立公園というと世界遺産であるプリトヴィッツェ湖群国立公園が有名ですが、スプリトからだととても遠いので今回は断念。
c0132488_22302997.jpg
ツアーの一行はハイキングに出発しましたが、ちびっこ連れの私たちは自分たちのペースでゆっくりまわらせてもらうことに。
c0132488_22341179.jpg
エメラルドグリーンの透き通った水
c0132488_22345488.jpg
気温35度の照りつける太陽と清流
c0132488_22354782.jpg
この橋の付近には、お土産物屋、レストランなどがあります。
c0132488_22363060.jpg
涼しいイギリスからの旅行客である私たちはぐったりであまり食欲もなかったのですが、とりあえず日陰のテラスでランチ・タイム(パプリカ・ペースト添えクロアチアのソーセージ、生ハムとチーズの盛り合わせ)★
c0132488_22403617.jpg
とても素朴なランチですが、このテラスからの眺めが素晴らしく、スクラディンスキの滝(Skradinski buk)を観ながら涼をとりました。
c0132488_224252100.jpg
ランチの後は、全長400メートル、幅100メートルのダイナミックなスケールの滝を眺めながらのウォーキング。
c0132488_22394962.jpg
17もの滝が連なり、迫力を感じました。
c0132488_22461860.jpg
階段を数十段降りたとこには、水車跡が・・・
c0132488_22471433.jpg
さらに階段は続き、その脇にはたくさんの地元名産品を売るスタンドが並んでいました。
どこのスタンドも置いてあるものは似たような感じで、オリーブオイル、いちじくやフルーツの干したもの、甘いお酒など。
c0132488_22483079.jpg
100段ほど階段を登りきったところに橋があります(Lは暑さにまいったのか歩いてくれず、16キロの塊を運んだ相棒はぐったり)。
c0132488_225111100.jpg
その疲れを癒してくれたのは、この滝壺の美しさ♪
c0132488_22521833.jpg
サンクチュアリ、といった雰囲気を醸し出していました。
c0132488_22531571.jpg
遊泳を楽しんでいる人たちもたくさん!
c0132488_22542662.jpg
すぐそばにある木陰のレストランも大賑わいでした。
c0132488_22553531.jpg
橋をはさんで反対側は逆にひっそり
c0132488_22564182.jpg
ここから数百メートル行った桟橋からは、修道院のある島まで行く遊覧船に乗ることも可能
c0132488_22573597.jpg
森の中の支流
c0132488_22587100.jpg
しばしの静寂に触れました。
c0132488_230955.jpg
Lが木陰でお昼寝に入ったところで、私も思い切ってここで泳いでみました(もちろん写真には写ってないですよ 笑)。
ところが滝壺付近まで泳いでいったところで、橋の上で写真を撮っている日本人団体ご一行様を発見!
c0132488_2313833.jpg

あわてて顔を背け岸まで全速力で泳いで逃げました(せっかくの記念写真に私の水着姿が写っては申し訳ないので^^;)。
余談ですが、今回どこにいっても日本人のツアーの方を見かけ、クロアチアの人気上昇度を改めて実感。
c0132488_2365422.jpg
今回はスクラディンスキ滝周辺を散策しただけですが、Lがもう少し大きくなったらいつか再訪して本格的なハイキングをしてみたいなと思いました。
c0132488_20293220.jpg
ミニバス・ツアーの最終ポイントは、帰り道に寄ったこの見晴らしスポット。
c0132488_20304043.jpg
左手奥↑が私たちが滞在したスプリトだと思います。
c0132488_20311953.jpg
真ん中にぽつんと浮かぶ小島はトロギール(Trogir)↑という古都(後日訪れたのでまた改めてご紹介します)。

締めくくりにふさわしい眺めで、充実したツアーを終えました♪
[PR]
by hammohammo | 2012-07-16 23:24 | クロアチアの休日2012 | Comments(2)

ストリートファッション・スナップ・ロンドン 7月の更新

c0132488_63258.jpgc0132488_654988.jpg
Marylebone High Street周辺で私が撮影したストリートファッション・スナップが下記の二つのサイトで更新されました。
中心部でありながら住人たちが週末の買い物や食事を楽しむ感があるこのエリアでは、さらっとした着こなしや、スポーティーなスタイルが目立ちました。

アパレルウェブ スナップ・ロンドン「パンツスタイル(1)」、スナップ・ロンドン「パンツ・スタイル(2)
AM(アム) Couple Photoのロンドン分

お時間があればどうぞご覧になってください。
[PR]
by hammohammo | 2012-07-16 06:13 | 掲載/執筆/告知 | Comments(0)

クロアチアの休日4 世界遺産・シベニクの聖ヤコブ大聖堂

c0132488_6495177.jpg
4日目はミニバス・ツアーに参加しました。
c0132488_648598.jpg
移動の半分程度は海岸沿いの道を走り、車窓からの眺めを楽しみました(上:車窓から見えたムール貝の養殖場、トップ写真も車窓から撮影)。
c0132488_653230.jpg
途中風光明媚なプリモシュテン(Primošten)の写真撮影のために10分停車。
c0132488_655256.jpg
まさにマリンブルー!
c0132488_6562849.jpg
そして、スプリトから二時間ほどで歴史のあるシベニク(Šibenik)という街に到着しました。
c0132488_6573638.jpg
ツアーガイド兼運転手さんの後をついて、早速世界遺産に登録されているシベニクの聖ヤコブ大聖堂へ向かいます。
c0132488_659270.jpg
小さな塔門をくぐって・・・
c0132488_7321795.jpg
入ったところすぐの壁にかけてある古びた緑のドア。
ドアとしての機能を果たしていないのですが、どこかの建物を取り壊したときに捨てるのはもったいないのでここに取り付けられたそう。
c0132488_7315998.jpg
旧市街は車両通行禁止ということもあって、中世の世界にタイムスリップしたような気分になりました。

そして、聖ヤコブ大聖堂へ。
c0132488_6594920.jpg
1402年にオリジナルの教会の建造、1431年には現存する教会の工事が始まり、数多くのヴェネツィアとクロアチアの職人たちがゴシック様式のものを建立。
c0132488_732896.jpg
1441年、巨匠ジョルジョ・オルシーニによって、大聖堂を拡大、丸天井を載せる準備、外側と洗礼堂に置かれた71の小さな人間の頭(写真上)などの石造彫刻による装飾が付け加えられたそうです。
c0132488_761732.jpg
1475年から1536年の間に、トスカーナの巨匠ニッコロ・ディ・ジョヴァンニ・フィオレンティーノが造営作業の指揮を取り、ルネサンス様式で建築を継続し、丸天井、外部の彫刻、さらに屋根とファサード上部を完成。
c0132488_793224.jpg
大聖堂のあるレブプリカ広場には市庁舎も
c0132488_7104371.jpg
テラコッタ色やくすんだピンクがラスティック
c0132488_7114984.jpg
レブプリカ広場の一本裏手にある聖バルバラ教会は、15世紀に建てられたゴシック様式の教会(鐘楼2つはバロック様式)。
c0132488_7181618.jpg
大聖堂正面入口からの眺め
c0132488_7192774.jpg
ここにはオルシーニの像も(左上)
c0132488_7255970.jpg
百年以上に渡って何人もの建築家の手がかかり3つの建築様式を織り成す聖ヤコブ大聖堂は、レンガや木の補助を全く用いない石造建築の教会としては世界で一番大きいのだそうです。
c0132488_726285.jpg
教会本堂内部
c0132488_7271582.jpg
小さな洗礼室も一見の価値あり。洗礼台の装飾もさることながら、天井の彫刻の見事なこと!
c0132488_729640.jpg
Lをなだめたり追いかけたりするのに忙しくてツアー中ガイドさんの説明はほとんど聞けなかったのですが(^^;)、柔らかな光が差し込んだ乳白色の天井の美しさはしっかり目に焼きついています。
c0132488_7361359.jpg
大聖堂見学後は、車で展望台へ移動しました。
c0132488_7365777.jpg
シベニク市街を一望
c0132488_7373699.jpg
ツアーなので仕方ないですが、駆け足観光のシベニクでした。

次回はツアーの続き、国立公園をご案内します。
[PR]
by hammohammo | 2012-07-05 07:39 | クロアチアの休日2012

クロアチアの休日3 滞在3日目ホテルでまったり

c0132488_5535871.jpg
ホリデー三日目も、この抜けるような青空でした。
c0132488_5543960.jpg
普段朝ごはんは軽く済ませるのに、ホリデーに来るとシェフが好みの具で焼いてくれるオムレツをついつい頼んでしまいます・・・(笑)。
c0132488_556917.jpg
この日はホテルの施設を存分に使おうということで、ホテル敷地内でまったり。
c0132488_5575231.jpg
Lは水遊びができれば、どこにいても幸せ♥
c0132488_5591992.jpg
ホテル前のビーチ★
c0132488_60284.jpg
この日の夕食は、ビーチ沿いにあるカジュアル・ダイナーへ・・・
c0132488_604736.jpg
ノンアルコール・カクテル(=呼び方を変えたミックス・ジュース?)
c0132488_613451.jpg
私は気持ち軽めに、カラマリ・フライ(イカリング)と、シーザー・サラダ★(大量の揚げ物だから全然軽くなかったですが ^^;)
c0132488_625255.jpg
相棒は、地魚グリルと、スイスチャードとポテトの炒め物(クロアチア名物の付け合せ)★

残念ながらどれもこれも塩味が強すぎて、この旅唯一のNGディナー(><)。L君のボロネーゼ・パスタ(写真なし)が一番美味しかったという(笑)。
c0132488_655232.jpg
気を取り直して、近くのアイスクリーム屋でフローズン・ヨーグルトを(これが気に入って滞在中何度も食べました)♪
c0132488_65949.jpg
次回は、世界遺産の大聖堂のある古都を訪れた様子をお届けします。
[PR]
by hammohammo | 2012-07-05 06:09 | クロアチアの休日2012

クロアチアの休日2 スプリト史跡群とディオクレティアヌス宮殿

c0132488_22335721.jpg
クロアチアの休日2日目、まずはホテルで朝ごはんからスタート♪
滅茶苦茶な組み合わせですが(笑)、クロアチア風フレンチ・トースト(クリームチーズ入り)、ホットケーキ、ワイルドライス、クロアチア特産チーズなど。

c0132488_2312995.jpg
この日は、ホテルのシャトルバスに乗って、スプリト市街観光に行きました。
c0132488_231105.jpg
まずはスプリト一番の名所であるディオクレティアヌス宮殿へ(銀の門↑)
c0132488_23131425.jpg
保存状態が大変よい宮殿で、3世紀末から4世紀初頭にかけてディオクレティアヌス帝によって建てられました。
c0132488_23145589.jpg
旧宮殿の階と通廊の中に折り込まれている、スプリト聖堂の鐘楼
c0132488_2326132.jpg
ペリスティル(Paristil)という宮殿中庭
c0132488_23175327.jpg
ここに老舗カフェ・ルクソール(Luxor)があります(上の写真の左側)。
c0132488_23142773.jpg
『ディオクレティアヌス宮殿のあるスプリトの歴史的建造物群』は、世界遺産に登録されています。
c0132488_2361536.jpg
ディオクレティアヌス宮殿の地下は倉庫や衛兵控え室だったところですが、現在はお土産物が軒を連ねていました。
c0132488_23283268.jpg
宮殿敷地内は、袋小路のような路地と建物が入り組んでいました。
c0132488_2331839.jpg
史跡群に圧倒された後は、お茶休憩♪
c0132488_23321389.jpg
ゴシック様式の市庁舎があるナロドニィ広場
c0132488_23405879.jpg
時計台
c0132488_23421212.jpg
鮮やかで優雅な建物
c0132488_23412899.jpg
ルネッサンス様式の邸宅が並ぶ広場でした。
c0132488_23454243.jpg

そして魚市場へ
c0132488_23462455.jpg
その日あがったばかりの魚
c0132488_2347762.jpg
貝類
c0132488_23473031.jpg
タコ
c0132488_2348528.jpg
赤い建物が印象的なレプブリカ広場
c0132488_2348838.jpg
お店やレストランが立ち並ぶマルモントヴァ通りと、レプリカ広場のルネッサンス風の回廊とレストラン
c0132488_23523563.jpg
海岸沿いのプロムナード(リヴァ)
c0132488_23544288.jpg
フェリーが行き交うのが眺められるカフェやレストランがたくさん。
c0132488_23512767.jpg
スプリト郊外は、近代風な建物も多いのだけど、スプリト市街は歴史を感じる魅力的な建物であふれていました。

ちび連れだったので数時間観光してホテルに戻りましたが、一日中いてもよさそうな見所満載なスプリト市街でした。
c0132488_23553216.jpg
この日は、ホテルのピッツェリアでピザとタコサラダのディナーでした♪

次回はミニバスに乗ってツアーに出かけたときの様子をお届けします。
[PR]
by hammohammo | 2012-07-02 00:01 | クロアチアの休日2012 | Comments(6)