<   2011年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

クリスマス・ショッピング開始&ワイン卸会社経営の新レストラン

c0132488_20594441.jpg
イギリスはクリスマス商戦本番に突入しています。

先々週H子さんの家まで車で行き、そこからH子さんの運転でアウトレットのClarks Villageに連れて行ってもらいました。
現地でPlodさんと落ち合って一緒にお買い物、ここでは相棒用カジュアルウェアや子供のものをGET。
c0132488_214282.jpg
H子さんが気を利かせてくれて、今年オープンしたばかりでマーガレット・ハウエルやCabbages &Roses、Beautrix Ongなど人気ブランドも入ったアウトレットKilver Court Designers Emporiumにもよってくれました。
こちらはだいぶ規模が小さくて、アウトレットというよりもシーズン落ち商品を集めたセレクトショップといった感じ。
c0132488_21103851.jpg
ちょうど前週にセールがあったためか値段も30%オフ程度のものが多くお得感がなかったので、今回は偵察のみ(笑)で、同じ敷地にあるカフェでお茶をして帰りました。
お隣には、Mulberryのアウトレットもあるので合わせて行くとよいと思います。
c0132488_21135722.jpg
次に話はかわって、バースにオープンしたTasting Roomへ先週日本人5人でランチに行きました。
まずは、前菜2品(ハムとサラミの盛り合わせ、ミックス・シーフードのにんにく炒め)☆
c0132488_21191961.jpg
私とNさんが注文したメインは、ホタテのパンチェッタ・ソース☆
c0132488_21211531.jpg
Mちゃんと初めましてだったAさんのハムのテリーヌ☆
c0132488_21222553.jpg
Y子さんの本日のキッシュ☆
c0132488_2125145.jpg
私とMちゃんでシェアしたいちじくのデザート☆

一品一品の完成度がとても高いのだけど、テリーヌ以外は日本人の胃袋でも少なすぎ・・・(^^;)
ワイン卸会社が経営しているレストランなので、ワインを楽しみながらちょっとおつまみというスタイルが正解なのかも。

次はワイングラス片手に、といきたいです♪
[PR]
by hammohammo | 2011-11-28 21:32 | 食の話題 | Comments(10)

クリスマス・ムードと光に包まれるBath

c0132488_756223.jpg
11月も終盤に入り、バースもすっかりクリスマスの装いになりました。
c0132488_7513573.jpg
駐車した場所に戻る途中に煌々と浮かび上がっていた、光のインスタレーションは、Bruce Munro’s Field of Light
c0132488_758525.jpg
ホルボーン美術館のウェブサイトを見たところ公式オープンは26日(土)の午後4時とあるので、試験運転かプレビューだったようです。
c0132488_852734.jpg
そして、昨日から開催中のすっかり恒例となったBath Chrismas Marketは、12月11日(日)まで。
営業時間はこちらをどうぞ
c0132488_894531.jpg
バース寺院の正面にはシンプルなクリスマス・ツリー
c0132488_8131097.jpg
ローマンバース博物館のギフトショップのディスプレイ(昨年までここのディスプレイを手がけていた私の友人作ではないのでやや物足りないような)
c0132488_818618.jpg
ローマン・バース博物館前に設置されたメリーゴーランド
c0132488_8202323.jpg
今年こそ、と思いつつまだ乗ったことがないのですが・・・
c0132488_8223498.jpg
世界遺産の街だけにこの時期のバースの混み具合は尋常じゃないのですが、それでもやっぱり光に浮かび上がるこの街に見惚れてしまい、毎年ふと足をとめてシャッターを切る私がいます。
[PR]
by hammohammo | 2011-11-26 08:28 | 写真 | Comments(2)

Grand Designs風友人新居での週末

c0132488_06830.jpg
先週末のことになりますが、ブリストル(Bristol)郊外に新居が完成した相棒友人宅へ泊まりで遊びに行ってきました。
c0132488_074918.jpg
新築祝いに持っていったブーケ♪
c0132488_0245620.jpg
一般人がデザインにこだわった家を建てる工程を紹介する、イギリスの人気番組Grand Designsから抜け出たようなコンテンポラリーなガラス張りのお宅にひたすらうっとり^^。
c0132488_0203837.jpg
玄関横にあるライブラリー(スライド式ドアで個室にすることも可能)★
c0132488_0274422.jpg
使い勝手のよさそうなピカピカのキッチン★
c0132488_0282915.jpg
ダイニング・エリア★
c0132488_0292375.jpg
リビング・ルーム★
c0132488_031116.jpg
TVルーム(ここもスライド式ドアで個室として使用可)★
c0132488_0321855.jpg
プレイ・ルーム(同じくスライド式ドアで個室として使用可)★
c0132488_0332625.jpg
二階のオフィス(仕事部屋)の大きなガラス窓からの眺め★
c0132488_0482483.jpg
写真はないですが、このほかに一階に3寝室、二階に3寝室(うち一部屋は仕事部屋↑として使用中)あって、スライド式ドアで仕切れる部屋も入れると一体何ベッドルームあるんだ!?というほど大きなお宅でした(ここに友人夫妻と5歳の娘さんの3人と猫2匹で住むのだからスケールが違う 笑)。
c0132488_0391183.jpg
お庭は大きな芝生エリアと花壇兼家庭菜園コーナーがあって、まだ工事中の部分がありこれから春にかけて完成させるそう。
c0132488_042384.jpg
お庭のゲートの向こう側にある傾斜のきつい森の一部も所有しているそうで、そこからはこんな素晴らしい眺め。
c0132488_0432996.jpg
友人の一人娘のCちゃんは、Lのことをいつも可愛がってくれます♪
c0132488_049371.jpg
仲良く遊ぶ二人を見て相棒がニヤッと「将来二人がゴールインすればここもLのものになるね」と悪魔のささやきをしておりましたが、そんな子本願の妄想はともかく友人としてたまに泊まらせてもらうだけで充分(笑)。
c0132488_0474015.jpg
今回4人のお子さんがいる友人、2人の男の子がいる友人、独身貴族の友人、私たち3人、家主ファミリーの3人と、とてもにぎやかな夕ご飯だったので、キッズの大好きなラザニア2種類(茄子と野菜のもの、ミートソースのもの)を用意してくれました。
c0132488_0541334.jpg
夕食後子供たちは隠れがいのある家でかくれんぼをして仲良く遊んでいました(*ちなみに左上の写真に写っているの、モンチッチ↑ですよね?Cちゃんの中国人のお友達がくれたそうで、懐かしくなっちゃいました^^)
4人姉弟のお姉ちゃんがLの面倒をよく見てくれたので、私はワイングラスを片手にみんなとおしゃべりしながらTV鑑賞できました♪

独身貴族の友人と私たち以外は翌日予定があるということで夜には岐路につきました。
c0132488_0585121.jpg
この週末は快晴で気温が高かったのですが、翌朝も気持ちのよいお天気!
c0132488_111899.jpg
ブリストルのBroad Quayにみんなでランチに行きました。
c0132488_131219.jpg
友人のお勧めのBORDEAUX QUAYというレストランへ(HPを見たところ、オーガニック協会認定、Red AA Rosettes二個獲得など、いろんな賞を受賞しているようです)。
c0132488_173961.jpg
店内にはデリも併設、帰りにここで買ったパンが美味しかったです。
c0132488_185875.jpg
私はポーク・グリルを注文。
ほとんどのメニューはキッズサイズでも注文でき、Lはキッシュを堪能、オムツ替えルームもハイチェアもあるので是非再訪したいです♪
c0132488_1103236.jpg
久々にゆっくり相棒友人と会う機会がもて、素敵なお宅拝見もでき、充実した週末になりました。
[PR]
by hammohammo | 2011-11-21 01:16 | おでかけ | Comments(12)

二度目のゴゾ島2011⑤「魚介ランチと首都Victoria」

c0132488_7241470.jpg
ゴゾ6日目は、レンタカーを借りて、XLENDI BAYに行きました。
c0132488_7265229.jpg
リゾート・マンションと思われる建物が多く、他のエリアに比べるとかなり開発が進んだ場所でした。
c0132488_7292136.jpg
湾の片側に急な階段が見え見晴らしスポットに続いているようだけどバギーでは無理ということで、相棒のみ偵察に・・・。
c0132488_7324899.jpg
相棒撮影1
c0132488_7335910.jpg
相棒撮影2
c0132488_7345036.jpg
私とLはレストランに先に入って、ダディーの帰りを待ちました^^
このレストランはPlodさんにお勧めしてもらったイタリア料理店The Boat House
c0132488_7372846.jpg
私は前菜にタコのオリーブ焼きを注文、タコがものすごく新鮮で柔らかかった♡
c0132488_740835.jpg
私のメインはボンゴレ(タコが量があったのでパスタもスターターサイズにしてもらって正解)、偵察から戻った相棒はピザを。
海辺の魚介イタリアンを堪能しました♪
c0132488_7435571.jpg
食後は、急な階段があるのとは反対側のプロムナードを歩いてみました。
c0132488_7451068.jpg
岩場が階段になっていて海に入れるようになっています。
c0132488_7461998.jpg
気温も水温も24度なのに、(主に)シニアの皆さんが日光浴と海水浴をしていました(笑)。
c0132488_748464.jpg
プロムナードをさらに進むと・・・
c0132488_7493234.jpg
途中ちょこちょこ階段があったのですが、こんな絶景が見られたので歩いた甲斐がありました♪
c0132488_7501823.jpg
ランチに寄っただけのつもりが思いがけずこんな景色に出会えて、棚ボタでした。
c0132488_7521237.jpg
XLENDI BAYを後にし、車で首都Victoria(ヴィクトリア、現地ではラバトと呼ばれます)に移動。
c0132488_7534599.jpg
まずは大要塞チタデルへ
c0132488_755812.jpg
3年前にじっくり観光をした(←リンク先に当時の写真がたくさんあり)ことがあったのと、内部は階段だらけなのを知っていたので入口付近をちょこっとだけ歩きました。
c0132488_7581285.jpg
入口ゲートの日陰にいた猫たち
c0132488_759865.jpg
チタデルの駐車場からの眺めも見事。
c0132488_80743.jpg
カフェで休憩して、路地裏を通って駐車場まで戻りました。
ヴィクトリアの路地裏はとても味があるので、時間がある方は路地歩きもお勧め♪(3年前に撮った写真はこちら
c0132488_843166.jpg
次回のゴゾ旅行記では、ファームハウスでのランチと周遊ドライブの様子をお届けします。
[PR]
by hammohammo | 2011-11-16 08:05 | 二度目のゴゾ島2011 | Comments(5)

やっぱり食欲の秋

c0132488_651299.jpg
先週Mちゃんが自宅に遊びに来てくれました。
メニューは、スーパーMで見つけたタコ入り(笑)海鮮お好み焼き、栗ご飯、煮物。
c0132488_674898.jpg
デザートはお菓子作りが得意なMちゃんの絶品甘さ控えめ抹茶ロール、私が何度かリピして作っているブラウニー。
関西出身のMちゃんにお好み焼きを出すというのもどうかと思ったけど関東風ということで許してもらい、Lもホットプレートの湯気に興奮して嬉しそうでした♪

そしてお次は日本人9人でHon Fusionへ(大人数だったので憧れの回転台つき円卓に座れました)★
c0132488_6103183.jpg
c0132488_617380.jpgc0132488_617451.jpg
酸辣湯、トマトと卵のスープ、蟹玉スープ、回鍋肉、広東炒飯、スズキのピリ辛あんかけ、イカフライ、海老米粉、貝のチリ炒め、豚肉の山椒炒めなどなど、美味しい中華を食べながらの会話も盛り上がり、爆笑の夜でした。

それからちょっと前のことになりますが、スーパーWの魚カウンターで見るからに新鮮そうなマグロを発見!
c0132488_6271856.jpg
在英の方がスーパーWのマグロは鮮度がいいから生でもいけると言っているのを何度か聞いたことがあったし自分の目と鼻を信じて、思い切って生のままマグロ丼と納豆マグロにしてひとりで至福のひとときを味わいました(お腹も壊しませんでした 笑)。

そして先日ティールームへ一緒に行くはずだったHさんが、当日Lが微熱を出したため予定を変更して家に遊びに来てくれました。
c0132488_6234333.jpg
Hさんが作ってきてくれた、つやつやもちもちのお団子・きな粉と餡子添え★
久々にHさんとゆっくりおしゃべりできました(ティールームは後日リベンジの予定)♪

イギリスでは日本に比べると旬にこだわった食べ物は断然少ないのですが、私の食欲の秋は健在です(とはいえイギリス料理がひとつも出てきてませんが・・・^^;)。
[PR]
by hammohammo | 2011-11-14 06:35 | 食の話題 | Comments(6)

「未来の主役 地球の子どもたち『歴史のとりこになった少年』」

c0132488_4485128.jpg
先月に引き続き、私が撮影コーディネート・リサーチ・通訳同行させていただいた、TVQ九州放送のミニ・ドキュメンタリー番組「未来の主役 地球の子どもたち 『歴史のとりこになった少年』」の放送日のお知らせです。

11月12日(土) 17:15-17:20 TV東京
11月16日(水) 19:55-20:00 TVQ九州放送、テレビ北海道、テレビせとうち、テレビ愛知、テレビ大阪
c0132488_450954.jpg
【内容】(公式HPより)
イギリス南部の小さな町ウィンカントンは中世の偉大な権力者、アルフレッド大王が侵略者から祖国を守るために挙兵をした場所。この町に住むジャック君(11)は歴史が大好きな少年です。そのきっかけとなったのは父親にもらったイギリス中世の戦いを再現したジオラマ作りでした。長い歴史の中でもアルフレッド大王の時代が大好きです。今はまだイギリスの歴史が中心ですが、将来は父親といっしょに世界の史跡を巡るのが夢です。
c0132488_4512954.jpg
アルフレッド大王ゆかりの地における撮影風景
*もうひとつのロケ地となったウィンカントンの様子は以前の取材日記でご紹介しました。
c0132488_4535289.jpg
前回の英国編『お母さんは日本人』ではブログやメール等を通じて皆さんからの感想を寄せていただき、とても嬉しく拝見しました。
本年の英国シリーズ最終編をより多くの方にご覧いただきたいです。
今回もご覧になった方からのご感想ぜひお待ちしています♪
c0132488_4554711.jpg
最後に、今回私が担当させていただいた英国分3番組に登場してくれた「未来の主役」である子供たち(オリバー君ベニオちゃん&カリナちゃん、ジャック君)、その親御さんや関係者の方々、出演者をふたりも紹介してくださったPlodさん(番組最後の次回予告テロップで息子のF君もちらっと映る予定♪)には、ここで改めて御礼を申し上げます。
[PR]
by hammohammo | 2011-11-10 05:24 | 掲載/執筆/告知 | Comments(4)

イギリスの紅葉

c0132488_7155383.jpg
ゴゾ旅行記の合間に少しイギリスの話題を・・・
c0132488_7183828.jpg
今年は紅葉の季節が少し遅れてやってきました。
c0132488_7274890.jpg
週末に小さな秋を見つけつつ、久々にご近所パブへ繰り出しました。
c0132488_7195716.jpg
ミディアムの焼き加減のホームメイド・ハンバーガーにチェダーチーズをトッピングして・・・★
c0132488_7211830.jpg
ハンバーガーのボリュームがすごかったのでデザートを頼むつもりはなかったのですが、相棒が本日のデザートを確認したところ私の大好物のブラウニーだったので拒否できるはずもなく(^-^;)。
口の中で表面がほろほろと崩れ中心部はとろーりの絶妙ブラウニー、やっぱり頼んでよかった!
c0132488_7252458.jpg
この人は、パブのガーデンで二匹のラブラドールを発見して満面の笑み♬
c0132488_7302814.jpg
紅葉のシーズンももう終わりかけ。
朝晩は大分冷え込むようになり、冬の足音がもうそこまで近づいているようです。
[PR]
by hammohammo | 2011-11-08 07:33 | スローな暮らし

二度目のゴゾ島2011④「ボートでCominoブルー・ラグーンへ」

c0132488_64692.jpg
5日目は快晴のもと、ボートツアーでコミノ(Comino)島に向いました。
c0132488_6484944.jpg
ゴゾ・マルタからいろいろなツアーが出ているようですが、私たちは軽いランチつきでひとり25ユーロの4時間コースに参加(3歳以下は無料)。
c0132488_650230.jpg
ゴゾの港より出発!
c0132488_6511435.jpg
ほんの15分ほどでコミノ島のブルー・ラグーンに到着♪
c0132488_6565676.jpg
コミノ島はかつて島に自生していたクミンにちなんで名付けられたそうで、面積3.5平方キロメートルの小さな島
c0132488_6524810.jpg
夢に思い描くようなアクアマリンの海・・・★
c0132488_6585857.jpg
私たちが乗ってきたボートは沖合いに停泊、ボートに残ってシュノーケリングをするか、ビーチで過ごすか選べる自由時間が二時間弱ありました。
c0132488_704186.jpg
ブルー・ラグーンの浜辺の上部には飲み物や軽食の販売カーあり(*公共トイレも徒歩圏内にあったけど覚悟して入る必要あり><)
c0132488_72163.jpg
ビーチで少しLを遊ばせた後は、島内を少しだけ散策♪
c0132488_731274.jpg
コミノ島がしばしば映画のロケ地になるのも大いに納得できる自然美!
c0132488_73433.jpg
『トロイ』、『モンテ・クリスト伯』、『スウェプト・アウェイ』などがコミノで撮影されたそう
c0132488_741830.jpg
遠方にマルタ島を望む
c0132488_761398.jpg
道路は舗装されていないので、バギーはホテルにおいてきて正解
c0132488_77314.jpg
ゴゾからマルタへ向う大型フェリー
c0132488_773350.jpg
右遠方にちらっと写っているのがゴゾ島
c0132488_783173.jpg
対岸に見えるのは面積がわずか0.25平方キロメートルしかないさらに小さなミニ・アイランドのコミノット島
c0132488_7101833.jpg
自由行動の後は、再びボートに乗って島周遊!
まず向ったのは、ブルー・ラグーンの上を行く(?)その名もクリスタル・ラグーン★
c0132488_7113387.jpg
1416年にまで遡る歴史のある聖マリア塔
c0132488_7173568.jpg
岩だらけの海岸線に険しい石灰岩の断崖の地形のコミノ島は長い間見捨てられ、観光地として人気のある現在も定住者はわずか4人だとか・・・
c0132488_7194564.jpg
様々な形の奇岩も多く見られ、まず目に付いたのはとんがりコーン(笑)
c0132488_721930.jpg
こちらはゾウの形の岩↑だそうだけど、私にはどこにあるのかさっぱり・・・^^;
c0132488_72283.jpg
洞窟風の岩場にも侵入・・・
c0132488_7231378.jpg
これが天然の色なんて信じられないほどの見事なターコイズ・ブルー!(*今回の旅行記では色彩・明暗調整一切していません)
c0132488_7263928.jpg
岩が侵食してできたウィンドウ
c0132488_7272459.jpg
よく見るとアーチ状の大きなウィンドウの横にミニ窓つき^^
c0132488_7292093.jpg
最後はComino Hotel↑前のSan Niklaw Bayに停泊して、船上でサラダ、ハム、ツナ、バゲットなどの軽めランチ(こういうロケーションでいただくとシンプルなもので充分^^)
c0132488_7284344.jpg
Lは初めてのボートも怖がらず、この旅のハイライトになったボートツアーでした。
c0132488_7322234.jpg
6日目の旅行記では、海辺ランチと断崖絶壁ウォークの様子をお届けする予定です。
[PR]
by hammohammo | 2011-11-06 07:34 | 二度目のゴゾ島2011 | Comments(4)

二度目のゴゾ島2011③「San LawrenzとRamla Bay」

c0132488_19392511.jpg
ゴゾ滞在3日目もこの快晴!
c0132488_19415760.jpg
この日はホテルのあるSan Lawrenzの村をうろうろしてみました。
c0132488_19433652.jpg
ヴィレッジ・ホール(だったかな?)
c0132488_19444182.jpg
前日のGharbよりもさらに何もないところで、バーとレストランとショップが一軒ずつあって、修復工事された教会があるだけの場所でした。
なかなか素敵そうなレストランはこの日に限って休業日だったし(笑)。
c0132488_19481028.jpg
途中道路からはこんな丘も見渡せました。
c0132488_19493991.jpg
この日のランチは前日買い物に行ったクラフトビレッジにあるこじゃれていないカフェで軽めに・・・。
ゴゾ特製ソーセージのパニーニとチキングリルを頼んだけれど、とっても安いのに両方ジューシーでした♪
この後はホテルでプールに入って、夕飯は部屋でサンドイッチで済ませました。
c0132488_19531658.jpg
翌日4日目もからっとピーカン!
この日はホテルのシャトルバスに乗ってRamla Bayというゴゾのベストビーチに行きました。
c0132488_19543546.jpg
ファミリーに大人気で最盛期は足の踏み場もないほど混むそうですが、私たちが行った10月はすいていて快適でした。
c0132488_19555035.jpg
砂浜というと真っ白いイメージがありますが、黄土色と青のコントラストもなかなかオツ
c0132488_19593459.jpg
抜けるように透き通った海と・・・
c0132488_201776.jpg
空の青のグラデーションにはっと目が覚めるような気分^^
c0132488_202363.jpg
ビーチから西方を見上げると、ギリシア神話「オデュッセイア」に登場するカプリソの洞窟(←2008年に訪れたときの記事)が見えます。
c0132488_207033.jpg
ビーチには、カフェが3軒とトイレも併設されています。
c0132488_2081063.jpg
カフェで買ってビーチで食べたシーフードピザはチーズが全く乗っていないし(乗せ忘れた?そういうもの?)、ソースとシーフードが絡まっていないしNGでした。
(相棒いわく数年前にここで食事をしたときにも私は「おいしくない!」と言っていたらしい←買う前に言ってよ><)
c0132488_20132788.jpg
パラソルとデッキチェアは有料で何時間借りても一台3ユーロ(だったはず)。
2008年は50セントだったから6倍に値上がり!
c0132488_20124833.jpg
Lも波打ち際でこわごわ水に浸かったり、砂遊びを楽しんでいました。
c0132488_20182040.jpg
その後はホテルに一旦戻ってシャワーを浴びて夕食に出かけました。
c0132488_20194823.jpg
Gharbにあるレストランまではバギーを押しても15分かからないくらいかな?
c0132488_20205313.jpg
ホテルから徒歩圏内のレストランということでPlodさんにお勧めしてもらったJeffrey'sへ(上の写真は前日昼間撮影)
c0132488_20252318.jpg
こじんまりした家庭的なレストランで、ホテルで知り合ったスイス・ドイツ夫妻と娘ちゃんもちょうど食事中でした^^(右上はつきだしのブルスケッタとゴゾ産ロゼワイン)
c0132488_20272524.jpg
新鮮な魚介類たっぷりブイヤベース★
c0132488_20284749.jpg
私のメインはゴゾ風パンケーキ(アラブ風スパイスの効いた牛ひき肉にチーズとたまねぎなどを入れて焼いたもの)。
相棒はこの時期旬のLampuki(シイラ、マヒマヒ)という白身魚のグリル(画質が悪いので写真なし)。
c0132488_2033392.jpg
ハイチェアもあって子どもも歓迎ムードの中、気取らないゴゾの郷土料理をおいしくいただきました。
お腹も心も満たされた、エキゾチックな雰囲気たっぷりの帰り道でした。

次回の旅行記ではボートツアーに行ったときの様子をお届けします。
[PR]
by hammohammo | 2011-11-03 20:37 | 二度目のゴゾ島2011 | Comments(8)