<   2011年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

マデイラ・ホリデー9 最終日のお土産探しと路地裏歩き

c0132488_19265517.jpg
4泊5日のマデイラの旅最終日は、気持ちがよい快晴!
c0132488_19274625.jpg
朝食時には外のテラス席に座ってもちょうどよい気候で、またまた具を選んでオムレツを焼いてもらいました♪
c0132488_1931672.jpg
親子3人での写真をほとんど撮っていなかったので、スタッフに頼んで記念撮影も(笑)。
c0132488_19283834.jpg
そしてまたシャトルバスに乗ってフンシャルへ出かけました。
c0132488_19292129.jpg
マデイラは伝統の手刺繍で有名です。
c0132488_19333449.jpg
繊細で愛らしいものがたくさん!
c0132488_19335735.jpg
おみやげに手刺繍鑑定書つきのハンカチやテーブルマット、ティッシュカバーなどを買いました。
c0132488_19351022.jpg
おみやげ探しをしながらうろうろしたフンシャル旧市街はどこを撮っても絵になる場所。
c0132488_19362279.jpg
ランチは時間があまりなかったので路地裏の食堂のような場所で、まず海老コロッケ風なもの
c0132488_19364860.jpg
カラマリ・イカリング☆
c0132488_1937101.jpg
巨大サーモンのソテー。食堂なのでものすごく安かったですが、味はそれなり。地元の人であふれているお店に行けば、安くて美味しい場所がたくさんありそうです。
c0132488_1940370.jpg
フンシャルの路地裏の建物は風化したものも多いのだけど廃れたというよりはそれがまた味があって、ペンキの落ちたドアや窓枠がなんだかいい感じ。
c0132488_19424357.jpg
青い海と空、温暖な気候、ダイナミックな景色が楽しめる山と谷、魅力的なフンシャル旧市街、豊富な海の幸と美味しい菓子パン、子連れにも優しく温かいマデイラの人々。
4泊5日のミニ・ホリデーでしたが、マデイラは間違いなくまた訪れたい場所となりました♪

長々とマデイラ旅行記におつきあいいただき、ありがとうございました。
[PR]
by hammohammo | 2011-05-31 19:47 | マデイラ・ホリデー2011 | Comments(8)

マデイラ・ホリデー8 プロムナードを散歩

c0132488_18585214.jpg
マデイラ滞在中はホテルの敷地から海沿いプロムナードへ抜けられたので、朝夕問わずよく散歩しました。
c0132488_1902040.jpg
時間もルートも順番がバラバラなのですが、プロムナードからの眺めをご紹介します。
c0132488_1904851.jpg
c0132488_1911893.jpg
c0132488_1915071.jpg
c0132488_1921357.jpg
1419年にマデイラに初上陸したポルトガル人航海者ジョアン・ゴンサルヴェス・ザルコ(João Gonçalves Zarco)の像↑
c0132488_1973339.jpg
自然の火山岩でできたPoças do Gomesというプール(時間帯によってはここで泳げるみたいです)
c0132488_1991581.jpg
c0132488_1983661.jpg
Praia Formosaという砂利のビーチ
c0132488_19113729.jpg
遠くに見えるのがフンシャル市街
c0132488_19121965.jpg
c0132488_19145874.jpg
c0132488_1914018.jpg
c0132488_19142422.jpg
c0132488_19152942.jpg
c0132488_19155485.jpg
刻々とその表情を変える海、ごつごつ黒々とした岩とトロピカルな植物を眺めて、心穏やかなひとときを過ごしました。
c0132488_19162980.jpg
フンシャル市街のLidoからPraia Formosaのビーチまで(英語の写真つきルート案内)は徒歩一時間程度だそうですので、時間と体力のある方は挑戦してみてください(途中階段があったのでバギーつきの私たちは断念・・・^^;)

次回のマデイラ・ホリデーはいよいよ最終回です!^^
[PR]
by hammohammo | 2011-05-31 19:21 | マデイラ・ホリデー2011

マデイラ・ホリデー7 天空の城と風の谷ツアー

c0132488_0102513.jpg
滞在4日目は、タクシーで個人ツアーに行きました♪
3箇所まわって60ユーロ(ミニバス・ツアーでも確か大人ひとり22~25ユーロ前後)、タクシー(チャイルドシートつき指定可能)に乗ってゆっくり移動できるので、ちびっこ連れや自分たちのペースでまわりたい方にお勧めです。
c0132488_0234920.jpg
まずはホテルから10分ほどの、Pico dos Barcelosという高台へ。
c0132488_0254360.jpg
あいにくの天気で厚い雲に覆われていました。
c0132488_029288.jpg
この高台の周囲が雲ですっぽり覆われその雲の下にフンシャル市街が広がっている風景は、まるで「天空の城ラピュタ」の世界に入り込んでしまったような・・・
c0132488_0303975.jpg
写真ではうまく伝わりにくいのですが、雲の上に自分がぽっかり浮かんでいるようなあの感覚は忘れがたい体験です。
c0132488_0365282.jpg
次に向かったのは、Eira do Serradoという山(←リンク先は同名のホテル&レストランですが、英語でのエリア説明があります)。
c0132488_041174.jpg
お茶休憩のお供は、巨大スコーンのように見えたマロン・ビスケット。思ったとおりシナモンのきいたマロン・スコーンのような食感+ほのかな甘みで、お~いしぃ~!
栗はこのエリアの名産だそうで、マロン・クッキーや、マロン・ケーキなどが販売されていました。
c0132488_0433568.jpg
さて、肝心の山のほうへ向かうものの当初深い霧に包まれていました。
c0132488_0444061.jpg
霧がだんだん晴れてきて谷あいの村が見えてきました・・・
c0132488_046199.jpg
谷あいの村は、Curral das Freirasといって、山々とその斜面に切り開かれた段々畑に囲まれています。
c0132488_0472567.jpg
駐車場から途中まではバギーで問題なく進めますが、半分くらい進むと階段に。
ちょうどLはお昼寝中だったので、相棒と交代で展望台まで交代で行って来ました♪
c0132488_049997.jpg
柵からカメラを出して真下を撮影、ちらっと川が写っています。
c0132488_0503223.jpg
ものすごい急カーブの車道・・・レンタカーにしなくてよかった(笑)。
c0132488_0513817.jpg
展望台を降りてくる頃にはかなり霧が晴れました。
c0132488_0542511.jpg
そしてツアー最後は、先ほど見下ろした「風の谷」ならぬ、Curral das Freirasに到着。
c0132488_0555813.jpg
目の前には先ほどまでいた山Eira do Serradoが。
c0132488_0572794.jpg
とくに何があるというわけでもないですが、小さな教会を見に行きました。
c0132488_0583384.jpg
こじんまりしているけれど温もりがあって、地元の人の生活に溶け込んだ教会なのでしょうね。
c0132488_104794.jpg
教会前からの眺め。
c0132488_112538.jpg
カフェには栗のお菓子や、ちょっとしたおみやげものも。
c0132488_12928.jpg
これは個人宅で毛布を干しているのかと思ったけれど、おみやげもの屋の商品みたいです。

3時間半程度の半日ツアーでしたが、この村は「風の谷のナウシカ」を連想させ、最初に訪れた高台は「天空の城ラピュタ」のようだったし、勝手に宮崎ワールドを堪能(そういえば先日のマデイラのケーブルカーからの風景は「魔女の宅急便」のようだと友人がコメントをしてくれました)♪
c0132488_132313.jpg
この日の夕食は、またまたホテルのすぐそばのReal Canoaというレストランへ、まずはレストラン特製ノンアルコール・カクテル☆
c0132488_191022.jpg
スターターには脂がのった新鮮いわしの炭火焼き♪(欲をいえば醤油プリーズ!笑)
c0132488_1111997.jpg
相棒のメインは、大胆なプレゼンテーションのチキン・グリル。
c0132488_1121089.jpg
私のメインは、イカとアサリの白ワインソース。
c0132488_1133514.jpg
デザートには、マデイラ酒がきいたティラミス☆
c0132488_1172186.jpg

ここは魚介類の鮮度の良さはもちろんのこと、子どもも温かく迎え入れてくれるありがたいお店なので、またマデイラに行った際には是非訪れたいです。

この日も美しい夕日を見ながら、おやすみなさ~い(マデイラ・ホリデーはあと二回続く予定です)♪
[PR]
by hammohammo | 2011-05-31 01:19 | マデイラ・ホリデー2011

マデイラ・ホリデー6 Monte & Toboggan

c0132488_5164421.jpg
今回はマデイラ・ホリデー4の続きでケーブルカーに乗ってたどり着いたMonteの様子をお届けします。
c0132488_5193587.jpg
到着したらお昼時だったのでとりあえず休憩することに。
Monteのケーブルカー乗り場のすぐ下にはこんな見晴らしのよいカフェがありました♪(*ものすごい急坂か階段でのみアクセス可能だったので私がひとりで買出しに行きました^^;)
c0132488_523151.jpg
食事メニューもあったけれどこの頃にはすっかりポルトガル・スイーツ&パンの虜になっていた私の目に飛び込んでいたのはこちらの玉子ロールケーキ☆
c0132488_5242952.jpg
それからカステラを柔らかくしたようなスポンジにカスタードをはさんだものとエッグタルト☆
こんな観光地のカフェなのにロールケーキもスポンジも甘さが控えめ(英国比)でお~いすぃ~!(ちなみにハンバーガーは残念な味でした^^;)
c0132488_5292797.jpg
さて、食事を済ませて観光スタート♪ケーブルカー乗り場のすぐそばにはMonte Palace熱帯植物園がありました。
c0132488_538786.jpg
入口の時点で階段があったのでバギーのある私たちはスルーだったけれど、柵↑から覗いたらなんだか面白そうな場所でした。
c0132488_5433165.jpg
そのそばにあった建物↑は、イギリスのボーイスカウトの創始者(か功労者?)のお宅だとか。
c0132488_5453626.jpg
その先には正体不明の巨大な籠の数々!
c0132488_5472443.jpg
これが単なる籠ではなく、マデイラのもうひとつの名物の乗り物Toboggan(トボガンぞり)。
うちはちび連れなので初めから乗るつもりはありませんでしたが、シンプルでいて迫力がありそうなアトラクションです。
c0132488_5494483.jpg
このようにしてトボガン操縦士が脇を固め2キロもの坂を結構なスピードで下るそうで、あのヘミングウェイが「もっとも気分が高揚した体験だった」と言ったのだとか。
c0132488_553211.jpg
下ったトボガンはこうやってトラックで運ばれてきていました。
c0132488_5553725.jpg
一般道の壁にトボガン操縦士たちのユニフォームであろうジャケットと帽子が何気なしに引っ掛けてあるのがほほえましかったです(笑)。
c0132488_5571732.jpg
トボガン・ユニフォームがかかっている壁の上には敬虔なカソリックのMonte Churchがあります。
c0132488_5585431.jpg
ここからの眺めを見ると、何百年も前にどうして丘の上のこのような不便なところに教会を建てたのかわかるような気がします。
c0132488_672385.jpg
アーチから眺める青空はまた格別♪
c0132488_5403150.jpg
教会横の建物
c0132488_60812.jpg
教会正面にはまたバギー泣かせの階段があるのですが、脇道もあります(丸石の石畳でこれもバギーにはきつかったですが)。
c0132488_615645.jpg
滞在中気温は最高でも24度だったのでそれほど亜熱帯という感じがしなかったけれど、やはりトカゲを見かけました。
c0132488_633055.jpg
私たちは時間が足りませんでしたが、ケーブルカー乗り場から教会と反対側に進むともうひとつのケーブルカー乗り場があって、これに乗り継いで行くと有名な公園につくようです。
c0132488_694016.jpg
Monte観光を終えてホテルに戻ると神秘的な夕日が見られました。
c0132488_610543.jpg
次回はプライベート・ツアーに行ったときの様子をご紹介したいと思います。

◆「赤い糸」明日からスタート◆
[PR]
by hammohammo | 2011-05-25 06:12 | マデイラ・ホリデー2011 | Comments(10)

マデイラ・ホリデー5 ホテルのガーデンとプール

c0132488_16475049.jpg
マデイラの乗り物パート2をお送りする予定でしたが、その前に大量にある写真をさばくためちょっと休憩してホテルのガーデンとプールの写真をアップします。
c0132488_16511543.jpg
インドアプールとアウトドアがガラスの仕切り下でつながっているナイス・レイアウト☆
c0132488_16525799.jpg
c0132488_16533720.jpg
c0132488_165431.jpg
プールサイド・バー
c0132488_16543551.jpg
c0132488_16552535.jpg
c0132488_16561759.jpg
c0132488_16563891.jpg
c0132488_1657199.jpg
c0132488_16573071.jpg
c0132488_1658461.jpg
メインのアウトドア・プール
c0132488_16583010.jpg
c0132488_16585229.jpg
c0132488_16591936.jpg
こんなにいい感じのプールなのに結局一度も入らず仕舞いでした(滞在中いわゆる個人的に入れない期間だったので><)。
いずれにしてもゲスト(主にシニア)のみなさん壁の花ならぬプールサイドの花になっており、プールの水温が低かったようなので、眺めるだけで満足ということにしておきます(笑)。


次回こそマデイラの乗り物パート2の予定です(*今回コメント欄閉じさせていただきますので、何かあれば前後の記事にお願いします。)
[PR]
by hammohammo | 2011-05-24 17:08 | マデイラ・ホリデー2011

マデイラ・ホリデー4 ホテル朝食とケーブルカー

c0132488_21533318.jpg
今回泊まったホテルの朝食はかなり充実していました。
c0132488_2221663.jpg
ポルトガルの美味しいパン、コールドミートやチーズ、ミニコロッケ、マッシュルームやトマトのソテー、英国式朝食、フルーツ、シリアルやヨーグルトなど種類が豊富♪
それにちゃんとオムレツ担当シェフがいて好きな具を選べてその場で作ってくれるのが嬉しい!
ポルトガル語でおはよう「Bom dia」と言うように強要されましたがというフレーズを教えてもらったりしながら(現地語で挨拶くらい旅行前に覚えておくべきですね^^;)、ついつい毎日注文してしまいました。
c0132488_2252990.jpg
リゾートホリデーならではの朝からスパークリング・ワインのサービス☆(ピーチジュースとミックスすれば気温が高いしすぐに酔いが覚めちゃうので朝からでもOK^^)
c0132488_22103519.jpg
朝食後は送迎バスに乗り、再びフンシャルへ
c0132488_2218447.jpg
この日は気持ちのよい快晴!目的地までは古びた路地を抜けながら・・・
c0132488_22201358.jpg
ヴィヴィッドな色がこの土地にはよく似合う。
c0132488_22232278.jpg
上を見上げると目的である乗り物が♪
c0132488_22221920.jpg
ケーブルカー乗り場の前で民族舞踊がちょうど行われていました。
c0132488_22245563.jpg
Madeira Cablecarは大人片道10ユーロ・往復15ユーロ(子ども料金あり、3歳以下は無料)。思ったよりも全然近代的でバギーごと乗り込み可能、子連れでも安心して乗れました。
c0132488_22284779.jpg
オレンジ色の屋根の上をすいすい通ります。
c0132488_22295217.jpg
乗り込んで5分もすると、フンシャル市街と海の風景がパノラマで飛び込んできました!
c0132488_22312750.jpg
山側の眺め。
c0132488_2232521.jpg
揺れはあまり感じなかったものの、下までガラス張りになっていて高さを直に感じるので、高所恐怖症の方には不向きかも(^ー^;)。
c0132488_22342961.jpg
素晴らしい眺めに心を奪われていると、あっという間に15分ほどで丘の上のMonteに到着♪

次回はMonte散策の様子とマデイラ名物のもう一つの乗り物をご紹介します。
[PR]
by hammohammo | 2011-05-23 22:38 | マデイラ・ホリデー2011 | Comments(8)

マデイラ・ホリデー3 フンシャルの市場

c0132488_649433.jpg
今回はマデイラの見所のひとつであるフンシャルの市場の様子をお届けします。
c0132488_7255810.jpg
地元民と観光客で大賑わいでした。
c0132488_6513280.jpg
民族衣装を着たお花の売り子さん
c0132488_652849.jpg
ゴクラクチョウカなど・・・
c0132488_6523633.jpg
エキゾチックなお花たち
c0132488_657889.jpg
南国フルーツ☆
c0132488_6574596.jpg
バナナもたわわ!
c0132488_6591580.jpg
いろんな形の籠♪
c0132488_714248.jpg
ココナツのほんのり甘いパンやカステラっぽいお菓子などが揃ったベーカリー(気に入って後日再び買いに行ったほど^^)。
c0132488_741366.jpg
売り場面積は広くないものの、なかなかの品揃えのフィッシュマーケット。
c0132488_755085.jpg
(多分)塩鱈?
c0132488_763847.jpg
立派な鮪
c0132488_771495.jpg
マデイラの名物魚Scabbard Fish(黒太刀魚)
c0132488_71143.jpg
アップにすると怖い顔(汗)
c0132488_70345.jpg
フィッシュマーケットの昔の様子が伺えるタイル。
c0132488_7114931.jpg
これだけ魚を見たあとはやはりシーフードを食べなくては・・・ということで、その晩は地元の海の幸料理を出すレストランへ行きました。
c0132488_7125094.jpg
つきだしは、塩鱈の酢漬け、そら豆とオリーブ、よくわからなかった揚げ物、ガーリックバターをはさんだBolo do Cacoというパン(このイングリッシュマフィンを大きくしたようなもちもちしたパンもマデイラ名物)
c0132488_71636100.jpg
Limpet(カサガイ)のグリルは、サザエのようなあわびのような食感。
c0132488_720788.jpg
相棒のメインは、黒太刀魚のグリル。
c0132488_7205814.jpg
私はここのレストランの特製クリームソースがかかった黒太刀魚。
大魚だけあってやっぱり大味だけど、名物はやっぱりおさえときたい性質なので満足♪
c0132488_7222231.jpg
次回はマデイラならではの乗り物が登場予定です。

*よろしかったらコメントは前後の記事にお願いします♪
[PR]
by hammohammo | 2011-05-23 07:23 | マデイラ・ホリデー2011

マデイラ・ホリデー2 フンシャルの街歩き

c0132488_548695.jpg
マデイラ滞在2日目はホテルのシャトルバス・サービスを利用してマデイラ最大の都市フンシャル(Funchal)へ出かけることに。
c0132488_549341.jpg
でもその前にまず午前中は前夜の寝不足のためホテルでダラダラ過ごし、その後必需品の買い忘れもあったのでまたホテル近くのショッピングモールへ出かけそのまま軽くランチ。
他のお客さんが食べていた鍋に入った塩鱈ごはんが食べたくて「同じのをください」といったのに、なぜかマデイラ版パエリアがきました(笑)。
c0132488_5531395.jpg
そんなこんなで出発が遅くなりましたが、シャトルバスに乗っていざフンシャルへ。
車窓から見た公共バスは鮮やかな黄色。
c0132488_5544372.jpg
これも↑シャトルバスから撮影しましたが、車窓から写真撮る行動って日本人的なのでしょうか?他の皆さんはやってなかったような(笑)。
c0132488_55791.jpg
バスはPalácio de São Lourenço Military Museumの前に停車。
c0132488_652371.jpg
フンシャルの旧市街の灰色の路地は、今までどこの欧州でも見たことがないのに、なぜか懐かしさを覚えるような雰囲気でした
c0132488_672717.jpg
この紫の花の木が街並みに映えて・・・
c0132488_68547.jpg
通りかかった広場の見事なツタ。
c0132488_610551.jpg
ビタミンカラーの黄色の建物。
c0132488_611144.jpg
ピンクやパステルの建物も。
c0132488_6122134.jpg
ラスティックな一角。
c0132488_613335.jpg
ケーキまでカラフル♪
c0132488_6141727.jpg
TVの撮影をしていました。キャスターらしき方が目線をくれたので(笑)載せておきますが、マデイラの有名人?^^
c0132488_616444.jpg
ツアーガイドさんたち?
c0132488_6174849.jpg
カラフルな建物とグレーの路地がいいコントラスト。
c0132488_619957.jpg
15世紀後半に建てられたCathedral of Funchal(フンシャル大聖堂)
c0132488_6213981.jpg
タクシーも黄色。
c0132488_6222099.jpg
独特の建築様式のポルトガル銀行の建物
c0132488_626422.jpg
亜熱帯の植物は色が鮮やか!
c0132488_6273468.jpg
どこを見ても新鮮だったので、写真を撮りすぎました(これでも吟味したつもり・・・笑)。
フンシャル名物のマーケットにも行ったのですが、長くなったのでそちらは次回に。
[PR]
by hammohammo | 2011-05-21 06:30 | マデイラ・ホリデー2011 | Comments(12)

'Red Thread' Charity Exhibition & Auction

c0132488_2245259.jpg
赤い糸 エキシビション
日程:5月25日(水)から28日(土)
会場: Michael Tippett Centre, Bath Spa University, Newton St Loe, BA2 9BN

バーススパ大学のMichael Tippett Centreにて、東北地方太平洋沖地震被災者のための支援イベント「赤い糸 エキシビション」が5月25日(水)から28日(土)まで開催されます。

28日(土)の午後5時から8時にはイベントを開催、匿名で出展された作品のオークション(購入者には購入作品のアーティスト情報が後ほど渡されるスタイル)、ミュージック、Yo!Sushiによるケータリング・レセプションなどが行われます。
オークション・イベントのチケットは10ポンドでBath Box Officeにてご購入いただけます(*通常のエキシビションは入場無料)。

私はあいにくイベントには出席できませんが、私のオリジナル・シルバーと友人のH子さんに編んでいただいた赤い組紐をあわせた作品を提供させていただきました。

バースの中心部からは離れていますが、近郊の方はお時間があれば是非おでかけください。

Red Thread Exhibition: Wednesday May 25th – Saturday May 28th 2011
Address: Michael Tippett Centre, Bath Spa University, Newton St Loe, BA2 9BN

I'm delighted to say my work is there too.
Please come and find my original silver piece convined with my friend's handmade Japanese ’Kumihimo’ braids if you are interested.

Main event evening: Saturday May 28th, 5-8pm
Tickets for the final auction of works on Saturday 28th May (5-8pm) through Bath Box Office.

Event evening to include a special ‘silent auction’ of the exhibition works, a Japanese lucky dip activity with lots of unique prizes, and many other associated activities.
YO! Sushi in Bath will be catering this auction.

You can book tickets (£10 each – including refreshments, music and a Japanese-style lucky dip with special prizes/fortunes for every ticket-holder) by post, phone, email or website:

Bath Box Office: 2 Church Street, Abbey Green, Bath BA1 1NL
Tel: 01225 463362
Fax: 01225 310377
Email: boxoffice@bathfestivals.org.uk

The phrase ‘akai ito’ (赤い糸) is used in Japanese culture to refer to an invisible bond that ties two individuals together. Represented as a thread that stretches from one to the other, then wound round each partner’s little finger, it signifies a fateful, but not unbreakable, bond. The symbolism of the colour red undoubtedly speaks of the romantic connotations of akai ito, but understood more expansively it also connects the idea of a ‘red thread’ – as the bond between peoples, institutions and nations – to both the red disc of the Japanese national flag and the (similarly proportioned) red cross of the eponymous aid organization. In this way, we feel that it can be used to convey a sense of friendship and support across great distances – an idea to be celebrated and remembered in times of crisis.
[PR]
by hammohammo | 2011-05-20 23:17 | ジュエリー製作・展示

マデイラ・ホリデー1 北大西洋に臨むホテル

c0132488_20402246.jpg
4泊5日でさくっとポルトガル領のマデイラ(Madeira)島に行って来ました。

ポルトガル領といっても緯度としてはモロッコのカサブランカとほぼ同じ、年間平均気温が20度前後という温暖な気候、コバルト・ブルーの海と燦燦した太陽、年間を通して楽しめる花木や果物など、南国情緒溢れることから、別名「大西洋の真珠」と呼ばれているそうです。
c0132488_2047663.jpg
ブリストル空港から3時間半の直行便フライト、Lにとっては日本行き以外では初の海外旅行!
c0132488_20485962.jpg
飛行機の窓から火山群島特有の玄武岩が見えました。
c0132488_20525569.jpg
マデイラの最大都市フンシャル(Funchal)郊外にあるホテルまでは予約しておいたチャイルドシートつきのタクシーに乗って約20分。
c0132488_2055063.jpg
フレンドリーなスタッフとマデイラ・ワインのお出迎えを受け、チェックイン。
c0132488_2059567.jpg
お得ツアーだったので山側のお部屋指定だったものの、その場でサイド・シービュー(一部海が見える)のお部屋に一泊20ユーロでアップグレードできました☆(一番トップの写真がバルコニーからの眺め)
c0132488_2104722.jpg
Lのランチタイムになったので、ホテル内のカフェ・レストランに行ってみました。
c0132488_2122916.jpg
ウェイトレスのおばさまにあやしてもらって嬉しそうなL(英語のガイドブックにマデイラの人々は子どもに優しいと書いてあったのですが、本当でした)!
c0132488_2143191.jpg
早朝起床(7時半発フライトのため4時半起き)だったからか私はあまり食欲がなかったのもあって、薦められるままにサラダ・バーを。
c0132488_217755.jpg
マデイラ特産の塩鱈や鮪が入ったメニューもあり、ボリュームがあるのにサラダなのでさっぱりといただけました。
c0132488_21184868.jpg
カフェ・レストラン横にはバー。
c0132488_21194869.jpg
その横には、ライブラリーも。
c0132488_21204236.jpg
北大西洋が見渡せるアウトドア・プール(外はあいにくのスコール><)
c0132488_6352024.jpg
雨がやんだ隙にLの牛乳などを買出しに、ホテル近くのショッピングモールForumへ。大きなスーパーやフードコートのレストランがあって子連れにとっては便利。
c0132488_21272987.jpg
この日はフードコートで買ったタコのグリルとプリンが夕食。
全く期待せずに食べたのですが、タコがとーーっても柔らかく、プリンも甘さ加減がほどよく、思いのほか満喫♪
c0132488_2130725.jpg
夕飯を済ませた頃には雨はあがり快晴になり、バルコニーから景色を眺めてまったり。
c0132488_2132385.jpg
右手には山も見えます。
c0132488_2133440.jpg
ガーデンのトロピカルな花々。
c0132488_21334881.jpg
銀色に輝く海を見ながらリラックスして就寝Zzzz・・・
といいたいところですが、この晩は奥歯が生えかけてきているせいかLの夜鳴きがマックスに達し、この日の早起きに加えてさらに寝不足になったのでした(><)。

次回はフンシャル観光に出かけたときの様子をお届けします。
[PR]
by hammohammo | 2011-05-18 21:45 | マデイラ・ホリデー2011 | Comments(6)