<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Bath Reclamation Yard + Sushi Lunch

c0132488_6465362.jpg
先日PlodぽんとH子さんがBathに遊びに来てくれました♪
そのときにPlodぽんが暖炉関係で探し物があったので、BathのWalcot Reclamationという教会や古い家屋から取り外されたパーツや古道具を売っている倉庫のようなお店に行きました。

一口にパーツや古道具といっても通常のアンティーク店とは趣が大分違い、教会の椅子やステンドグラスから、暖炉から煙突、庭におく彫刻、ドアノブや取っ手にいたるまで、ピリオド・ハウス(百年以上前に立てられた古い家)の住人や古道具通好みの一点ものが雑然と並んでいます。

c0132488_6521170.jpgc0132488_6534451.jpg
c0132488_6541061.jpgc0132488_6543382.jpg
c0132488_6545785.jpgc0132488_6551979.jpg
c0132488_6555682.jpgc0132488_6561760.jpg


見方やひとによってはガラクタのようなものでも、年月を重ねることででしか出ない味わいがある品々は、どこか落ち着くというか温もりを感じるし、お値段もピンからキリまでとはいえ目の保養になります。

こういうお店が成り立つのは、数百年前の家が何度も補修を重ねできる限り建築当時のまま大事に保存される習慣があり、古いものを愛する国イギリスならでは。

さて、その前後にはクリスマス関係のショップもめぐりつつ、ランチに訪れたのはYEN SUEHI
c0132488_705262.jpg
H子さんとPlodぽんはにぎりセット。
c0132488_72536.jpg
私は温かいものを・・・ということでおすし屋さんなのに、弁当BOX。
イカリングフライ、エビフライ、揚げ豆腐、揚げ茄子のセットです。

ランチ後も少しウィンドウ・ショッピングしてその後もお茶タイムで、ガールズ・トーク☆炸裂でとっても楽しかった♪♪
また遊びにきてね~!

◆おまけ・カフェ二軒紹介◆
[PR]
by hammohammo | 2009-11-28 07:24 | アンティーク&インテリア | Comments(18)

Potluck Lunch & Bath Mozartfest

c0132488_048565.jpg

金曜日はCちゃんのお宅でのPotluck Lunch(持ち寄りランチ)にお邪魔しました。
メンバーは、主催のCちゃん親子、とてもお久しぶりだったHよさん親子、A子さん親子、Kちゃん親子、Y子ちゃん親子、私で、私以外はベビー・キッズ連れ、A子さんの息子くん以外は全員ガールズとにぎやかなランチになりました。
c0132488_0515885.jpg
メインのメニューは、私は海老入りパッタイ(タイ風焼きそば)、Cちゃんはカレードリア、Y子ちゃんがポテト&ペパロニのマヨ炒め、A子さんが和風ハンバーグ、Hよさんはパスタとお豆のサラダ、Kちゃんが4種チーズのキッシュなど、それぞれ手作り・差し入れしたので、とてもバラエティ豊かな食卓に☆
c0132488_0553338.jpg
デザートは、Cちゃんお手製のチョコチップ・バナナケーキと、誰かが買ってきてくれたチョコマフィン、それから私が初挑戦したホームメイド・ガトーショコラ。

いろいろ美味しいものが食べられて、おしゃべりにも花が咲いて楽しいランチになりました♪

c0132488_0573035.jpgガトーショコラはクックパッドのレシピなのですが、評判がよかったので載せておきます。
『定番☆ガトーショコラ♪by けゆあさん』
「つくれぽ」(作りましたレポート)が500件以上を越えるガトーショコラ部門一位の大人気レシピです。

丸いケーキ型がうちにはないので、長方形の型で作って小さく切ったのでブラウニーのようですが、作った当日は外はサクッと中はしっとり、一晩おくと生地がなじんで一層美味しくなったような。
(←これは自宅で試食したときの写真。)


さて翌日の土曜日は、相棒とめずらしくファームショップでブランチをとりました。
c0132488_123769.jpg
久々の(実際1、2年ぶりだったかも^^;)正統派イングリッシュ・ブレックファーストをオーダー。
ソーセージ、ベーコン、目玉焼き、フラットマッシュルーム・ソテー、フライド・トマト、トーストのセットでボリューム満点♪
これを毎朝食べると体重が大変なことになるけれど、全てオーガニック素材で美味しかったです。
朝食・昼食兼用のつもりで食べましたが、夕方までお腹がいっぱいで夜は軽くサラダで十分でした(笑)。
c0132488_182584.jpg
それからこの夜は、クラシック・コンサートに出かけました。
Bath Mozartfest(バース・モーツァルト音楽祭)のメインイベントで、時代楽器を用いた古典・ロマン派・バロック音楽の演奏でその名を馳せる英国人指揮者Sir Roger NorringtonがCity of London Sinfoniaとともに登場したコンサート。会場はThe Forum

●演目(全てモーツァルト作品)
Overture to Il re pastore K208(歌劇「羊飼いの王様」 K. 208 - 序曲)
Concerto in C major for flute and harp K299(フルートとハープのための協奏曲ハ長調K.299)
Requiem in D minor K626(レクイエム ニ短調K. 626)
c0132488_1153959.jpg
明るく軽快な序曲と協奏曲で心地よくなったところでインターバルをはさみ、レクイエムの演奏がはじまると会場のムードが一転、力強い声と弦楽器のハーモニーにただ圧倒されました。
トレードマークのチャイナ服(おそらくシルクの)を身にまとったノリントン氏の指揮は、肩に力が入っていないのに、自然に曲調にあわせて抑揚をつけイメージを膨らませていて、さすがの貫禄といった感じでした。

レクイエムはモーツァルトが最後に作曲した未完の「死者のためのミサ曲」。
クラシック音楽は好きだけどよく聴くのは弦楽器の協奏曲や交響曲が中心で、通常コーラスが入ったクラシック音楽やオペラを好まず、クリスチャンでもない私なのですが、レクイエムはなにかこう別格というか。
全体的に重々しいので畏怖の念のようなものを感じる瞬間もあるけれど、人間の声という「楽器」に秘められた可能性と美しさを表現した類まれなる名曲だと思います。

私たちが現在聴くことができるのは、モーツァルトの弟子だったフランツ・クサーヴァー・ジュースマイヤーにより補筆完成されたレクイエムなわけですが、モーツァルト自身が完成させていたらどんなものになっていたのでしょうか・・・

久々に芸術に触れる時間を持てて、ロンドンに住んでいたときのようにもっと頻繁にコンサートやエキシビジョン、お芝居鑑賞などに行きたいなと感じた夜でした。
[PR]
by hammohammo | 2009-11-23 01:38 | おでかけ | Comments(8)

アフタヌーンティー@Pump Room

c0132488_1854788.jpg
先週末のリベンジ(?)で、R子ちゃんとともにローマンバース(The Roman Baths)に併設されているパンプルーム(The Pump Room)にアフタヌーンティーにでかけました。
c0132488_1911573.jpg
こちらは18世紀にはバースの貴族たちの社交場だった場所で、現在はエレガントなネオクラシカル・スタイルのサロンでピアノの生演奏を聴きながら優雅な気分でお茶がいただけます。

今回私たちはトラディショナル・アフタヌーンティーとジェーンオースティン・アフタヌーンティー(HPのウェブサイトのメニューには載っていないので期間限定かも?)をひとつずつ頼んでシェア。

c0132488_1921429.jpgこちらはジェーンオースティンATのローストビーフ&ホースラディッシュ・オープンサンド。とっても美味でした♪

トラディショナルATのほうは、サーモン、クリームチーズ、ハム&チーズの3種のミニ・サンドイッチ(上の↑3段スタンドの写真にちらっと写っています)でした。
c0132488_195851.jpgスコーンはそれぞれ、プレーンとサルタナレーズン・スコーン。

クロテッドクリームとローカルで作られたジャム(今回はイチゴではなく黒すぐりっぽいジャムでした)がついてきます。
外はさくさく・中はしっとりのバターたっぷりのタイプのスコーンは私とR子ちゃんのストライクゾーン!
c0132488_1912055.jpgパティスリーは、チョコレート・カップケーキ、プロフィタロール(チョコエクレアみたいなもの)、ココナツがけフルーツタルト。

カップケーキは合格点+、プロフィタロールはかかっているチョコが激甘だったけど、フルーツタルトは中のカスタードとフルーツのバランスがよく上品な甘さでとても美味しかったです。
上記のものに、それぞれ好みの紅茶かコーヒー、ジェーンオースティンATにはジンジャーフィズ(ピンク色の生姜炭酸飲料)がついてきます。
お値段はそれぞれ£17.50(トラディショナルAT)、£18.50(ジェーンオースティンAT)とロンドンの5つ星ホテルのアフタヌーンティーの約半額でお得感あり(その代わりサンドイッチやケーキのおかわりはできませんが)。

なかなか豪華な内装なのに観光スポットなためか、サービスはかなりカジュアルな感じなのでかしこまらず気軽に楽しめるのもポイント(この日は補充スタッフが多かったのか、正直ちょっと雑な感じがしたくらい^^;)。
以前私の両親とランチをしたこともあるけど、ここではやはりアフタヌーンティーがお勧め♪

そしてその後日も翌週日本に帰国してしまうR子ちゃんとの別れを惜しんで、もう一度ランチへ。
c0132488_1918698.jpg
R子ちゃんのリクエストでJamie's Italianへ。私は何度もしつこく来ていますが、R子ちゃんは一年ぶりだったそう。

c0132488_1921588.jpgスターターは、本日のスペシャルよりホームメイド・サーディンとポテトとパンの盛り合わせ。

缶詰のサーディンと違って、塩分控えめでお酢がきいているので大ぶりのサーディンの旨みが楽しめる一品♪美味しいサバの押し寿司を思い起こさせる味でした。

パンの中ではハーブ・ガーリックのフォカッチャが美味しかったです。
c0132488_19232873.jpg私のメインは、スズキと貝類(ムール貝&ハマグリ→アサリだったかも?)の包み焼き。

シーフードの鮮度がよかったです。でもやや白ワインの量が多すぎかな?
c0132488_19263799.jpgR子ちゃんのメインは、本日のスペシャルよりポークベリーのグリルとローストベジタブル。

通常のメインの二人前はありそうなすごいボリューム!(笑)
一口もらったところ、ポークベリーがテンダーで味わい深くとっても美味なので、ぜひぜひレギュラー・メニューに加えて欲しい一品!

ランチの後は、もう少しだけ時間があったのでクリスマス用のアイテムを中心にウィンドウ・ショッピング♪

c0132488_19293593.jpgc0132488_19295488.jpg
イギリスはすっかりクリスマス・モードに包まれています。

◆また会う日まで・・・◆
[PR]
by hammohammo | 2009-11-16 19:40 | 食の話題 | Comments(10)

Indianでガールズ・ランチ

c0132488_20165130.jpg
先日の土曜日はR子ちゃんの壮行会&Kちゃんのちょっと早いバースデーということで、ガールズ6人(主役の二人に加え、butterfly-bouquetちゃんyumsちゃん、Y子ちゃん、私)がインド料理店Rajpoot に集結!
上の写真はバーエリアにて。
c0132488_20485462.jpg
暗がりだと何気に怖い「ナマステ」マネキンがお出迎え~(笑)。

ロンドン在住時代にはBrick Lane(バングラディッシュのカレー店がずらっと並ぶことで有名な東ロンドンの通り)には結構行っていたのに、いままでなぜかバースでは東アジア系カレーを食べに行ったことがなかったのですが、R子ちゃん情報によるとインド人も太鼓判を押す本格カレーが食べられるということで期待大☆

c0132488_20495683.jpgc0132488_20502050.jpg
c0132488_2050469.jpgc0132488_2051683.jpg

色合いがあまり美味しくなさそうですが、私たちは個室っぽい一角に通され、かなり暗い店内でフラッシュ撮影したせい・・・。
ポパドム(前菜用巨大スナック)に4種類のチャツネとヨーグルト・ディップ、海老トマトカレー、チキンサグ(ほうれん草カレー)、チキンコーマ(クリーミーなカレー)、スパイシーラムカレー、チーズ&野菜カレー、3種のライス、ナンなどを頼んでシェア♪
油分控えめのものを頼んだつもりでもインド料理はやはり濃厚なのでみんなこれでお腹がパンパン。
c0132488_2114985.jpg
お会計のほうは、上記のメニューにそれぞれ飲み物をビール・ラッシーなどを頼んで、ひとり約20ポンド。ランチセットがないせいもあってバースのインド料理店では高級系。
残念だったのは、お会計が済んだ後店員が私たちの後ろにこれみよがしにピターっと張りつき真顔で凝視、席を立つようにプレッシャーをかけられたこと。こ、怖すぎるんですけど・・・(汗)
でもいろんな種類のカレーが食べられて、おしゃべりも盛り上がって、楽しかったです♪♪

その後はみんなでぞろぞろとウィンドウ・ショッピング♪
Rajpootの隣(Argyle Street)には今年できたビンテージショップがあります。

c0132488_20584596.jpgc0132488_2059972.jpg
c0132488_20593736.jpg
このお店は品揃えは素敵だけど、お値段が高い・・・。このビンテージ風の大型壁掛け時計↑とっても気に入ったのですが、155ポンド!(大型壁掛け時計の相場ってこんなものでしょうか?^^;)

その後は11月4日に一部オープンした新ショッピングセンターSouthgate Bathを偵察に・・・。
c0132488_2173217.jpg
来年の秋まで3段階に分けて開店するそうで(不況のせいもあってか?)、まだ16店舗(巨大H&M、巨大Boots、Armani、Calvin Kleinのアンダーウェア・ショップ、All Saintsなど)ほどしかオープンしていません(汗
でもここは駅前&バースターミナル前で、バースに到着するとまず目についていた70年代の廃れた物悲しい建物群が一掃され、この一角も整った街並みになったのは世界遺産の都市としてはかなりイメージアップにつながるのでは。

この後はPump Roomでアフタヌーンティーの予定だったのですが、土曜日だったので満席で予約していなかった私たちは入れず、近くのBrowns(カフェバーエリアが広いので週末でもたいがい入れる)でお茶をしながらまたまたガールズ・トークを炸裂。

R子ちゃんは来週はじめには日本へ帰国(旦那様とともに移住)するのですが、今週もまた会う約束をしていたので夕方には解散。
Pump RoomでのATリベンジ編(?)はまた次回にでも♪
[PR]
by hammohammo | 2009-11-12 21:26 | 食の話題 | Comments(16)

秋の日の名残

c0132488_19463974.jpg
先週のバースは10月も終わりだというのに20度近くまで気温があがる日もあり、とても過ごしやすかったです。
エイボン川沿いの紅葉が見事♪

この写真を撮った日はbutterfly-bouquetちゃんと久々に会ってランチをしたのですが、先日気に入ったタイバルコニーにまた懲りずに行ったので写真は撮らずにおしゃべりに集中。
ランチ後、Y子ちゃん&ベイビーEも加わってカフェでまたひたすらガールズ・トーク(笑)。
c0132488_1950149.jpg
帰りは6時ごろだったのですが、もうすっかりどっぷり陽が暮れて、↑ウィンドウのクリスマスディスプレイが煌々と照らされていました。
c0132488_19524786.jpg
そして、数日前にはちょっと受け取るものがあってR子ちゃんのところに突然寄ったときに、二人ともちょうど時間があったのでR子ちゃんの家の近くで私も以前住んでいた通りにあるデリ↑でランチ&お茶をしました。
ハロウィンがちょうど終わったところだったので、ランチがまだだった私は季節もののかぼちゃキッシュ+サラダ、R子ちゃんはオレンジケーキを。秋らしいメニューで美味しかったです。

自宅のガーデンも秋色ですが、今週に入ってからはすっかり気温が下がりました。
c0132488_19572753.jpg
本格的な冬突入の前に、荒れかけの庭をなんとはしなくては・・・ということで相棒がガーデニング&掃き掃除。
c0132488_19565383.jpg
私はその横で「秋の日の名残」をシャッターに収める役目・・・(笑)。
c0132488_19592830.jpg
フクシャ↓
c0132488_200159.jpg
ローズヒップ↓
c0132488_200304.jpg
それから、ちょっと前のお天気の良い日に今年最後のBBQをしました。
c0132488_2012090.jpg

二人だったので残り物オンパレードで、ソーセージ、ニシンの燻製、ファラフェル、シイタケなどを焼き、バジルペストのパスタ、おにぎり、ピタパン、ローストポテトの付け合せに、締めはボンママンのアップルパイと派茶目茶な組み合わせ(笑)。

最後に、「秋といえばリンゴ」ということで先日ブラムリー↓というイギリスで代表的な調理用青リンゴ(*食用としては生のままでは酸っぱかったり苦すぎるもの)を使って、懐かしのリンゴロールパン(アイシング抜き)を焼きました。
c0132488_204428.jpg
チラッと見たブロガーさんのところでお勧めしてあって(すいません、どなただったか忘れてしまいました^^;)そのタイトルに惹かれて作ったのですが、リンゴの酸味とフワフワのパン生地が絶妙で美味しかったです。クックパッドで「つくれぽ(作りましたレポート)」が700件を超える人気レシピ⇒『~秘密にしたい★我が家のりんごパン~』
c0132488_2043788.jpg
また結局「食欲の秋」で締めくくりになってしまいましたが、ブレッドメーカー(ホームベーカリー)があればわりと簡単なので是非どうぞ♪
[PR]
by hammohammo | 2009-11-05 20:18 | スローな暮らし | Comments(10)

Happy Halloween!!

c0132488_20275585.jpg
土曜日はハロウィンでした。

イギリスのハロウィンはアメリカよりもかなり盛り上がりにかけるのですが、やはりお子さんがいる家庭ではかぼちゃをくりぬいてお化けランタンを作ったり、夜になると子どもたちがお化けの仮装をして「Trick or treat! (お菓子をくれないといたずらするぞ)」と言って近所をめぐったりします。
c0132488_20374330.jpg
うちは通常ハロウィンとはほぼ無縁の生活なのですが、今年はKちゃんの新居祝い兼ハロウィンパーティーにお呼ばれしたので、ハロウィン気分を味わうことができました♪

c0132488_20323938.jpgc0132488_2036747.jpg

Kちゃんの新居は築100年のエドワード調のコテージで、前庭と裏庭があり、目抜き通りから一本入っただけなのに静かな環境でファミリーにぴったりの可愛らしいお宅でした。

今回は風邪やインフルエンザ・急用で欠席が5組ほどあったのにも関わらず、主催したKちゃん一家、A子さん一家、Y子ちゃん一家、yumsちゃん夫妻、ものすごくお久しぶりだったbelletamaちゃん夫妻、初めましてだったY子さん一家、私たち夫妻の大人14人、子ども・赤ちゃんが7人と、にぎやかな集いとなりました。

さてさて、日本人が集まってパーティーといえば持ち寄りフード☆
c0132488_204123.jpg
(紹介順序がばらばらな上、後から来た方の品の写真はないのですが)メインは、巻き寿司、手まり寿司、ひじきの混ぜご飯、スペイン風オムレツ、フライドチキン、スパイシー豆の煮込みなど、豪華なものが揃っていました。
私はキッズでも食べやすいようにと思い、簡単なものだけど焼きそばパン、チキン&ヒヨコマメペースト・サンドを持参。
c0132488_20443358.jpg
デザートも、パンプキンパイ、ブラウニー、りんごの焼き菓子、バナナ&ナッツの焼き菓子と、美味しいもの勢ぞろい!

特筆すべきはY子ちゃんとbelletamaちゃんの旦那様手作りのお菓子たち。
今イギリス人男性の間でひそかにお菓子作りブームがきているのか!?^^
うちの相棒にも「ぜひこの『旦那パティシエ化』のトレンドの波にのるように!」と念を押しておきました(笑)。
まぁ彼も今回30個と大量だったのでサンド作りを手伝ってくれたんですけどね。

そしてかわいいお化けも登場~!
c0132488_2052333.jpg
c0132488_2057429.jpg
子どもたちは夕方にハロウィンの飾り付けがあるご近所さんを巡って、沢山お菓子をもらって帰ってきましたよ♪
c0132488_20585011.jpg
2時ごろから夕方まで話も盛り上がって楽しいパーティーとなりました!

◆おまけ◆
[PR]
by hammohammo | 2009-11-02 21:07 | 行事 | Comments(20)