<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「アルル・ゴッホゆかりの場所」 南仏紀行9

c0132488_0375786.jpg
イギリス南西部は23度くらいまで気温があがって気持ちの良い気候♪
ロンドンでは27度くらいまであがったらしい・・・。
お昼には運河沿いのパブまで30分歩いていってサンデーローストを堪能しました。
お天気がいいだけでなんだか幸せな気分になれるのってある意味すごくラッキーなのかも?(笑)

さて5日目の「南仏紀行9」ですが、一日静養した義兄の体調が少し持ち直したので、楽しみにしていたプロヴァンス地方のアルル(Arles)へドライブして行きました(トップ写真↑もアルル市内)。義兄夫妻ホリデーハウスから50分くらいかかったかな?

c0132488_0442053.jpg
アルルはゴッホが晩年を過ごした町として有名です。南仏の強烈な太陽に恋焦がれ、 1888年2月にアルルを訪れたゴッホは翌年の5月まで滞在、彼の代表作である「アルルの跳ね橋」、「夜のカフェ・テラス」を含む200点以上もの作品をこの地で描いたそうです。
c0132488_0483634.jpg
この川沿い↑を数キロ歩いていくと、「アルルの跳ね橋」がかかっていた場所にたどり着きます。
・・・が病み上がりの義兄にそこまで歩こうとはとても言い出せず・・・。いずれにしても現在かかっている跳ね橋はオリジナルのものではなく、その時代の似たような跳ね橋をどこかから移してきたものだそうなので、わがままを言うのは控えました。なんてたってまた来年以降も泊めていただきたいですから・・・(^ー^;)。

次にやってきたのは「夜のカフェテラス」に登場するカフェ。
c0132488_051381.jpg
c0132488_0531659.jpg
さすがに修学旅行生や観光客がたくさんいました。

そしてその近くのレピュブリック広場へ・・・
c0132488_0543541.jpg
c0132488_0551874.jpg
中世に建てられたロマネスク様式のサン・トロフィーム教会

c0132488_0555595.jpgc0132488_0562561.jpg
c0132488_0572546.jpgc0132488_1254988.jpg
この辺はいわばアルルの目抜き通りでお店が立ち並んでいます。

c0132488_1274444.jpgc0132488_1291812.jpg
このチョコレート屋さん↑でプラリネを買ってみたけど、美味しかったですよ♪

c0132488_1271792.jpgc0132488_1304142.jpg

ロクシタンやラクロワ↑なんかのショップもありました。

そしてゴッホが入院していた病院があった場所へ。ここで「アルルの病院の中庭」が描かれました。
c0132488_1332145.jpg
c0132488_1344926.jpg
ゴッホといえば、印象派を代表する画家としてあまりにも有名ですが、高校生のときに観た絵画展以来その力強いタッチと独特の画風に魅了されたひとりとして、そのゆかりの場所を訪れることができて満足☆

c0132488_1403277.jpgc0132488_141155.jpg
c0132488_1414521.jpgc0132488_1421034.jpg

アルルはゴッホ関連だけにとどまらず、ラスティックな感じの雰囲気、中世の建物、そしてローマ時代の遺跡が程よく調和された街。

次回の「南仏紀行10」では、アルルにあるローマ遺跡を中心にお届けします。
これまでの南仏紀行をまとめてご覧になりたい方はこちらからどうぞ♪南仏紀行、ホリデー前に完結できるかな・・・?
[PR]
by hammohammo | 2009-08-24 01:21 | 南仏2009 | Comments(6)

「世界遺産 ポン・デュ・ガール」 南仏紀行8

c0132488_19354616.jpg
すっかり忘れつつあった「南仏紀行」ですが、実はまだ完結しておりません(汗
もうすぐホリデー(国内ですが)に行くので、それまでに終わらせなくては・・・ということで、二ヶ月ぶりの南仏紀行、行ってみます(^ー^;)。南仏紀行をまとめてご覧になりたい方はこちらからどうぞ♪

ホリデー4日目に訪れたのは、世界遺産に指定されているポン・デュ・ガール(Pont du Gard)
実はこの日義兄は風邪がひどくなりダウン・・・。
バスかタクシーで行くと申し出たのですが、近郊の町ユゼスまで行ったとしてもバスは相当不便だそうで、義兄が気合の運転で連れて行ってくれました。ホリデーハウスから車で20分の距離だったのでまだよかったですが、さらにこの日実は結婚記念日だった義兄夫妻には本当に頭が上がりません・・・。


c0132488_19411876.jpgc0132488_2042269.jpg
左はヴィジターセンター、右はポン・デュ・ガール施設内の地図。翻訳がちょっと怪しい日本語版パンフレットもありました。

ポン・デュ・ガールはフランス南部・ガール県のガルドン川に架かる水道橋で、ユゼスからニームへ水を運ぶための水路の途中にあり、古代ローマ時代・紀元前19年頃にアウグストゥス帝の腹心アグリッパの命令で架けられたと考えられているそうです。
詳しくはこちらWikiの日本語版をご覧くださいませ。

運転後義兄夫妻には家でゆっくりしてもらうことにして、相棒と二人でいざ世界遺産へ!
c0132488_19455144.jpg
この日は太陽が燦燦と照りつけとっても暑かったのでまずヴィジターセンターにあったアイスを購入。
c0132488_19474327.jpg

そして今度こそいざ世界遺産!
c0132488_19482299.jpg
c0132488_1949958.jpg
橋の上からの風景。
この日は日本で買った一眼レフのダブルズームレンズをもって行ったのではりきって↓望遠レンズ使用!(笑)
でも後で気づいたのですが、レンズが汚れていて青空の写真にはしみのようなものがしっかり・・・(><)。
c0132488_19494551.jpg
橋の反対側に渡ると水路に続く階段があって、上っていくとちょうど運良く水路見学ツアーが始まるところでした。
当然参加することに♪
c0132488_19514465.jpg
2000年以上前に、ここに水が通っていたとは・・・!ごくわずかな傾斜をつけることでゆるやかに水が流れるようになっていたんですよね。恐るべし、古代ローマ人の技術と知恵。
c0132488_19571100.jpg
これは建設時につけられた落書き↑だったかな?
c0132488_19582795.jpg
水路からの見晴らし↑、橋の上からの眺めよりもさらに高さがあります。

c0132488_2016283.jpgc0132488_20163241.jpg
水路見学ツアーの後は、川原に座ってポン・デュ・ガールとカヌーを楽しむ人たちを眺めながら、持参したバゲットサンドを食べました。
c0132488_2042974.jpg
c0132488_2012656.jpg
さてランチの後は、ポン・デュ・ガールも見収め。
c0132488_2091598.jpg
ユゼスまでの水路跡が残る小道を通って、義理兄夫妻との待ち合わせだった大通りまで約30分ほどウォーキング。
c0132488_2072448.jpg
お天気にも恵まれ、義兄夫妻から散策コースのアドバイスももらっていたおかげで、世界遺産を堪能できました♪

この日の夕食は屋上テラスでBBQ。
c0132488_2021267.jpg
お肉と野菜のBBQ、海老のガーリック・グリル、うずらのゆで卵(殻の内側が綺麗なブルー↑)、それから私が提供した大根サラダと焼きおにぎり(日本のおコメと違って粘り気がないので網の上で崩れていましたが^^;)。

フランスの素材はマルシェはもちろん普通のスーパーで買ったものでもなんでも美味しかったです。
これも南仏マジックでしょうか?(笑)

次回の「南仏紀行9」ではゴッホゆかりの地を訪れます。
[PR]
by hammohammo | 2009-08-21 20:26 | 南仏2009

南コッツウォルズとバース観光案内

c0132488_19192953.jpg
またまたロンドンからゲストが遊びに来てくれました。
今回はちょうど有給消化中だったRちゃん♪
Bath Spa駅にお迎えに行った後、まずは隠れ家的デリで軽くランチを・・・
c0132488_19211227.jpg
私が注文したのはトマト&モツァレラのホットサンド。見かけはイマイチだけど、素材がいいものなのでとっても美味しい♪

そして次に向かった先は、私の定番観光案内スポット南コッツウォルズ。まずはLacock(レイコック)へ。
c0132488_19233511.jpg
この日はお天気もよく、日本人ツアー客の方も大勢見かけました。

次に訪れたのはまたまたこのブログではお馴染みのCastle Combe(カッスルクーム)
c0132488_192551100.jpg
本当に凝りもせずいろんな人を連れて訪れていますが、両村とも女性にウケがよいので・・・(^ー^;)。
Rちゃんはカッスルクームのかわいらしさがとくに気に入ったようでした。

この日の夜はポークリブとローストポテトの簡単ディナー(写真なし)。
結構暖かな晩だったのでコートヤードで帰宅した相棒と3人で食べました。
相棒は端っこに追いやって(?)ガールズトークに花を咲かせた後は、私もRちゃんも早起きで疲れていたので早々に就寝Zzz・・・。

翌朝は最近和モードの私につきあってもらって和定食♪
c0132488_19313014.jpg
メニューはアジの開き(日系食材店からおとりよせ)、納豆(Rちゃんが大量におみやげに持ってきてくれました☆)、ひじきの煮物、味付けのり、インスタントの減塩味噌汁(爆)。
民宿のような朝ごはんですが、イギリスでは滅多に食べられるものではないので、二人して食欲がわいてしまってご飯のおかわりまでしちゃいました(笑)。

その後美容師であるRちゃんが親切にも私のやまんばヘアーを出張カットしてくれました♪どうもありがとう~!
そしてバース観光に繰り出しました。
c0132488_19362247.jpg
私たちの結婚式のときには翌朝お仕事だったRちゃんはロンドン直帰で時間がなかったため今回初のバース観光。
あいにくの小雨だったのですが、ローマンバース、パルトニーブリッジ、バース寺院などの王道コースをご案内。
c0132488_19383862.jpg
ランチは中心部のちょっと外れのイタリアンBottelino’sに初挑戦。なんとランチタイムはピザ、パスタが全て4.95ポンド!残念ながらパスタはアルデンテじゃなかったけれど、ピザは釜焼きみたいでなかなかでした。
冷凍ピザを買って食べるのとあまり変わらない値段なので、英国人おばあちゃんがソロで食べにきているほど(笑)。安くてボリュームがあるので、ファミリーにもぴったりなのでは。

その後はちょっとウィンドウ・ショッピングをして、新しく開店した落ち着いた感じのコーヒーショップで休憩したところでタイムアップ。
楽しい二日間でした。Rちゃん、また遊びにきてね~♪
[PR]
by hammohammo | 2009-08-17 19:49 | おでかけ | Comments(12)

BBQ日和 & Parade Gardens

c0132488_19582011.jpg
この夏雨続きで肌寒いくらいだったイギリス南西部ですが、金曜日から週末にかけては日中は半袖OK&サングラス着用必須なほど良いお天気でした。
そして土曜日はまさにBBQ日和!(↑トップの写真はBBQの材料を調達したいつものファームショップ)
c0132488_2012990.jpg
Y子&Mファミリー、K&Nファミリー、R子&M夫妻、yums&C夫妻を招いて念願のバーベキューをしました♪

私たちが提供したメニューは、ソーセージ、リブアイのカットステーキ(日本の焼肉のたれ味)、ハンバーガー、スパイシー手羽先、カット野菜(なす、ズッキーニ、パプリカ)、ローズマリー風味のローストポテト。
すでに味付けされたもの・そのまま焼けばいいだけのものがほとんどですが(爆)、今回はちょっと奮発して(?)Waitroseとファームショップから食材を調達♪
c0132488_6451214.jpg
          ☆火起こし準備中ーこの写真↑はY子&M夫妻提供・撮影です☆

スパイシー手羽先が意外と好評で自分で味付けしたって言っておけばよかったかも・・・(笑)
さらにアジア風味焼き鳥と中華風スペアリブ、さらにファームショップから調達したソーセージとポークロインも用意したあったのですが、みんなが持ち寄りで美味しいものを1-2品用意してくれたので結局大量のBBQ食材が冷蔵庫で待機したまま日の目を見ず・・・(^^;)。
c0132488_20101346.jpg
見て下さい!この豪華なサラダとおかずの数々!!
みんなにちゃっかりドリンクにも貢献してもらった上、小さいお子さんがいる友人には無理しないでパック入りのサラダとかオリーブ、スナック菓子で充分だよーと言ったにも関わらず、みんなホームメイドのメニューを用意してくれました☆
c0132488_2094363.jpg
yumsちゃんいっちゃんレシピの鶏のからあげ甘酢ソースと自家製ポテトサラダ、そしてその場でバーテンダーになって特製Pimm's(イギリスの夏の風物詩的カクテル)まで用意。

R子ちゃんはBBQにはかかせない焼きそばと自家製ポテトサラダ(yumsちゃんとまたメニューが被ってツイン状態?笑)、それに貴重な日本のお菓子まで持参。

Kちゃんは見た目にも華やかな赤紫色ライス・サラダ、(残念ながらメインでお腹いっぱいになってしまいデザートまでたどり着かなかったのですが)生イチゴ&メレンゲを持ってきてくれました。

Y子ちゃん夫妻は子育てで大変なY子ちゃんの代わりに旦那様Mが市販ルーを使用せずソースまでお手製の欧州風日本式(?)チキンカレーを大鍋いっぱい作ってきてくれました(Mごめーん、なぜか写真がないよー)!

どれもこれも絶品揃いでお腹もココロも満たされました♪みんな、ご協力どうもありがとう!
c0132488_2024451.jpg
さてみんなが用意してくれたものもがっつり系が多かったので、数時間後には大量の食材が冷蔵庫に眠ったまますっかりお腹いっぱいな一同、、。
でもどうしてももっと食べてもらいたくて、半ば無理やりハンバーガーを薦めた私(笑)。その甲斐あってか、炭火焼の匂いを嗅いだためか、最初はじゃあ半分ずつ・・・なんて言っていた女子たちも含めて結局全員ひとつずつ(以上)食べてくれて満足♪
c0132488_2217322.jpg
最高のBBQ日和のもと、おしゃべりも弾み楽しい一日になりました!

◆翌日も快晴!◆
[PR]
by hammohammo | 2009-08-10 20:45 | 日常 | Comments(16)

ナショナルトラスト巡りと食べすぎの週末

c0132488_18184995.jpg
先々週の週末にロンドンから友達が遊びに来てくれました♪
相棒は逆にロンドン近郊の大学時代の友人のところに遊びに・・・。
その日はずっと雨続きのイギリス南西部では珍しく快晴!

まずはせっかくのお天気なのでランチ前にバース郊外にあるナショナルトラストのランドスケープガーデン・Prior Parkへ♪
c0132488_18222388.jpg
c0132488_18225239.jpg
急坂をあがった場所に立つお屋敷↑からバース中心部とランドスケープガーデンを見渡すために最適の設計。
残念ながら立派なお屋敷は今は私立高校になっているので、内部には入れません(「こんなすばらしい環境で学べる高校生は幸せだねー」とはAちゃん談)。
c0132488_18261866.jpg
施設内でもらえるマップの歩道に沿って歩いていくと、さらに↑高い場所に出るのでバース中心部がもっとよく見える場所に行くことができます(前に来たときにはここで野生の鹿を見たような?)。
c0132488_18282273.jpg
下のほうに降りていくと、Palladian様式の美しい橋があります。
c0132488_18335567.jpg

c0132488_18323636.jpgc0132488_18325780.jpg
c0132488_18343279.jpg
坂を下って、池の周りを歩いて橋を渡って、さらにまた坂を上るコースになっているので、途中お茶休憩しながらゆっくりまわって2時間くらいかかりました。
景色を楽しみながらなのであまり気にならないけど、勾配がきついのでなかなかいい運動です!(笑)

さて運動のあとお腹ペコのふたりはバース中心部に戻って(当然)ランチ・タイム♪
c0132488_18384589.jpg
Jamie's Italianに行きました。
この日はお天気がよかったので、なかなか見晴らしのよいテラス席に通されてラッキー☆

ロンドン中心部にないお店で・・・と私が提案したのがRiver Cottage Canteenか、Jamie's Italianだったのですが、Jamie'sは最近ロンドンにもCanary Wharf店がオープンしたそうです。

c0132488_1845530.jpgc0132488_18452371.jpg
c0132488_184645.jpgc0132488_1846233.jpg
c0132488_18464939.jpgc0132488_18471312.jpg
グリル野菜とチーズのアンティパスト、4種類から好きな具を自分でのせるブルスケッタ、カニ肉のパスタ、海老のピリ辛パスタ、ティラミス(ひとつをシェア)、紅茶・・・と昼間から結構たっぷり堪能♪(笑)

その後は、Aちゃんはバースには何度も遊びに来ているのでとくに観光もせず、軽くウィンドウ・ショッピングして帰宅。
夜はお好み焼き(昼にあんなに食べたのにまたどっしりメニュー 笑)を作って食べ、「スマスマ・スペシャル」と「のだめカンタービレ新春スペシャル」のDVDを鑑賞後、就寝ZZZ・・・。

翌日はあいにくの雨だったので、お屋敷が見学できるところにでも・・・ということでまたまたナショナルトラストのDyrham Parkへ♪
c0132488_18575433.jpg

c0132488_1858194.jpgc0132488_18583840.jpg
c0132488_18592213.jpgc0132488_1913714.jpg
c0132488_192433.jpgc0132488_1922567.jpg
お屋敷内は撮影禁止でしたが、ここはお庭↑もなかなか綺麗です♪

それから敷地内のナショナルトラストのカフェで軽く(?)ランチ。ちょうど日曜日だったのでサンデーローストがありました。前日から食べ続けていたのでここではふたりとも子供用ポーションのローストポークとソーセージのトマトソース煮込みをそれぞれオーダー。

実はまったく期待しないで食べたのですが(ゆえに写真もなし^^;)、これがすごく美味しかった!
見た目はコテコテ・イギリス料理でとても素朴な味なのですが、きっと地元のいい素材を使っているのでしょう。
私はナショナルトラストの年間会員で入場料がかからないので、これだけのためにまた日曜日に来たいかも、と思いました♪

お次に向かったのはBradford-on-Avon♪
c0132488_1981618.jpg
そしてここにゲストと来ると必ず訪れるBridge Tea Roomsへ。
The Tea Guild’s Top UK Tea Place 2009受賞ということでAちゃんも楽しみにしていたようです。
c0132488_19113999.jpg
    (Aちゃんの座っていた角度からのほうがよくお店が見えたのでこれは↑Aちゃんの写真を使わせてもらっています)

ここはヴィクトリア時代のメイドさんの格好をしたウェイトレスが名物のひとつでもあるのですが(*日本のメイド・カフェとは趣旨が違いますよ!)、最近行くといつも見かける「ハリポタ」のハーマイオイニー↑みたいな店員さんがとってもキュート☆

子供用ポーションのランチとはいえやっぱりまだお腹がすいていなかったので(→当たり前 笑)、クリームティーというスコーンと紅茶のセットをひとつだけシェア、それに紅茶をもうひとつ追加。
ダージリンとアッサム(ティーバッグではなく茶葉です!)を頼んだのですが、両方とても美味しかった♪楽しみにしていたスコーンは温かくなかったので、今回はちょっと残念賞でした。

c0132488_19181137.jpgc0132488_19183343.jpg
食べ過ぎの重たい胃を消化するため、小雨まじりの街をしばし散策後(日曜のB-o-Aのお店はほとんど閉まってる)、AちゃんをBath Spa駅まで送っていって楽しい週末は終了。

久々にナショナルトラスト巡りもでき、ガールズで気兼ねなく日本語でのおしゃべり&食道楽に興じた(笑)週末になりました。
[PR]
by hammohammo | 2009-08-07 18:52 | National Trust | Comments(12)