<   2008年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ひきわり納豆定食とミニ収穫祭

今日はハロウィーンですね。
ハロウィーンはアメリカでのほうが盛大に行われるのですが、イギリスでもお子さんがいる家庭ではかぼちゃでお化けランタンを作ったり仮装したりとにぎやかに過ごすようです。

二人暮しの我が家にはあまり関係のないイベントなのですが、夜になると仮装した子供たちが「Trick or treat?(お菓子をくれないといたずらするぞ)」と呼び鈴を鳴らすそうなので、ちょっとどきどきしています。
去年までフラット(マンション)の4階に住んでいたので、今まで襲撃、もとい訪問にあうこともなかったのですが、今年はついに可愛い魔法使いやお化けたちに遭遇するかもしれません。

c0132488_22541072.jpg


さて本題のひきわり納豆ですが、バースでは(私の知る限り)納豆を購入できる場所がありません。
ブリストルかロンドンで冷凍納豆を買うことになるわけですが、ブリストルにはそんなにしょっちゅう行かないし、ロンドンから冷凍品を持ち帰るのはとても不便ということで、愛しの納豆にはそうそうお目にかかれません。

そこで何でも作ってしまう達人Rちゃん(私信:バーミンガムでの新生活はどうかな~?)を見習って始めた手作り納豆-それが二年ほど前のことです。
納豆職人への道はなかなか険しいもので、結局3回ほど作って飽きてしまった私。断念の要因はヨーロッパの大豆はとても硬いのか7時間ルクレーゼで煮ても、歯ごたえがありすぎる納豆ができてしまったから(圧力釜なら20分程度でふっくらするらしいのですが収納場所もとるし、イギリスでは小さくていい圧力釜が見つからなかったのです)。

c0132488_2245413.jpg


今回スーパーで「Crashed soya beans」という砕いた状態の大豆を見かけたときに、これは「ひきわり納豆」に使える!と思いついたことでまた火がついた納豆職人への道(笑)。
これだと煮込み時間も短縮できるし一石二鳥。

●納豆の大まかな作り方
水につけておいた大豆をやわらかくなるまで煮て、塩、砂糖少々、納豆菌または元納豆(パック納豆半分ほど)を加えてまぜた後小瓶に移し、ふたは通気性のいい状態のものにしてヨーグルトメーカーで20時間ほど発酵させます(*写真上:水色のふたは保存時用のもので発酵時にはフォークで穴を開けたアルミホイルを使用しました)。

●煮沸消毒
使用容器や器具は煮沸消毒して(熱湯をかけて)ください。納豆菌はデリケートで細菌にとても弱いのです。

●大豆の煮込み時間
普通の大豆なら鍋で弱火で7時間以上・圧力釜20分程度、砕かれた大豆だと鍋で1時間以下だと思いますが、大豆の質や産地、季節にもよるみたいなのでその都度硬さチェックしてご自分の好みで判断してください。

●ヨーグルトメーカーの利点
納豆もヨーグルトも発酵させるのには38度程度が適温。オーブンで温度を調整したり、お湯の中やこたつの中で作るなどいろいろな方法があるみたいですが、ヨーグルトメーカーだとスイッチポン!であとは自動的に温度が38度に保たれるのでとっても楽です(実は納豆を作るために購入したので、ヨーグルトは一度も作ったことがありません^^;)。

本気で作ってみたい方はいろんな簡単レシピやコツがインターネットで探せるので、「納豆 作り方」等でググってみてくださいね♪

さて、仕上がりのほうは・・・

c0132488_22503856.jpg


見かけはなかなか上出来!?
でも実は妙に水分が多くて柔らかすぎ・・・今までは硬すぎが問題だったのになんとも皮肉(ーー;)

反省点1.通常の大豆と一緒の感覚で一晩水につけてしまった(パッケージにかかれているように砕かれた大豆なら1時間程度で十分でしょう)

反省点2.大豆を煮た後の水切りが足りなかった(通常の大豆のときは全然気にならないけれど、砕かれた大豆は水を吸収しているので水切りは非常に重要)

納豆職人への道はまだまだ険しいのでした・・・。

柔らかすぎる点が無念ですが、久々のひきわり納豆を定食にして(切干大根の卵とじ、キムチ、味噌汁、ご飯)、大いに堪能しました!


◆ミニ収穫祭◆
[PR]
by hammohammo | 2008-10-31 23:08 | 料理奮闘記 | Comments(25)

リクエストQJ11月号「世界のビューティームーブメント」

すでに発売されているヘア・ビューティー雑誌『リクエストQJ』11月号で
「世界のビューティームーブメント」の英国分取材コーディネートをさせていただきました。

リクエストQJは美容師・ヘアメイクアーティスト専門誌なので
一般の方は普段なかなかお手にする機会がないかもしれませんが
今月号は来年の美容トレンド情報が満載になっています。

書店やサロンで見かけた際には是非ご覧になってみてください。
[PR]
by hammohammo | 2008-10-31 22:00 | 掲載/執筆/告知

懲りずにNew Farm Shop開拓

c0132488_19503023.jpg


日曜日からイギリスでは「冬時間」に切り替わり、日本との時差は9時間。冬の夜長を感じる時期に突入です。

ホリデーから戻ったらなんだか疲れがどっとでてしまい、コラム掲載のお知らせ以外はブログを更新できずにいました。
本来リラックス&休養しにいくのがホリデーの目的なのになんだか本末転倒ですね(^ー^;)

上の写真はホリデー先の海と空。水平線がぼやーっとして境がわかりづらいのがミソ(?)です。
写真を徐々に整理して、また改めてじっくりレポートしたいと思います。

さて何気に凝り性の私、新しいファームショップを発掘したので今回はそちらをご紹介します♪

c0132488_19561878.jpg


Hartley Farmは、Bradford-on-Avon近郊ヴィレッジWinsleyの農村地帯に5代続く昔ながらの農家。時代のニーズに合わせ新しい可能性を求めて近頃イギリスで話題のファームショップをオープン。

c0132488_2014862.jpg


小さめだけれど開放的な店内には、精肉コーナー、野菜や果物、デリ、卵や乳製品などがゆったりと配置され、(私にとって)肝心なカフェスペースも併設!
野菜・果物・卵・お肉はファミリー経営のファームのもの、その他の食材も極力地のものを中心に扱い、パンはこのブログで何度もご紹介しているコッツウォルズの名店Hobbs Houseから取り寄せているそうです。

c0132488_2054254.jpgc0132488_207296.jpg
カフェスペースでは、地元ハンドメイドのスコーン、キャロットケーキ、ウォルナットケーキなどの焼き菓子、キッシュやスープなどの軽食がいただけます。

c0132488_2092385.jpg


私はクリームティー(£3.10)を注文。スコーン一個と好きなお茶が選べるセットです。
スコーンはしっとり+しっかりクロテッドクリームつき、お茶はウィンタースパイスというハーブティーを選択しましたが、スパイスが効いていてとっても好みの味でした♪

オープンしたばかり+平日にもかかわらず、地元の人々でカフェスペースが満席だったのも納得!うちからかなり近いのでお気に入りのNeston Parkファームショップと交互にヘビーローテになりそうな予感。

欲を言えばスープやキッシュのみでなくもう少しランチメニューも増やしてくれると嬉しいなー。

c0132488_20162234.jpg


敷地内にはこんな鹿のオブジェ↑も!

11月3日から9日はブリティッシュ・ソーセージ週間にちなんで種類豊富なソーセージが店頭に並び、11月29日にはプチ・クリスマスフェアが開催されミンスパイやターキーサンドイッチなどが用意され、生産者と直接やりとりできるチャンス。

小さめのファームショップなので遠方から駆けつけるほどのものじゃないかもしれないけれど、近隣在住の方・B-o-A方面にお出かけ予定がある方・ファームショップファン(笑)の方は、ちょこっと足を運んでみてはいかがでしょう。
[PR]
by hammohammo | 2008-10-27 20:22 | 日常 | Comments(20)

「初秋の英国湖水地方(3)ウィンダミア湖とミニ・クルーズ」

c0132488_18422121.jpg


語ろ具@niftyにて、今週の月曜日に「初秋の英国湖水地方(3)ウィンダミア湖とミニ・クルーズ」が更新されました。

こちらの記事へのコメントは巻末ページの一番下の欄に入れていただけるととても嬉しいです♪(ブログのコメント欄は閉じさせていただきます)

お時間がある方は是非ご覧くださいませ。

◆ホリデーから戻りました◆
[PR]
by hammohammo | 2008-10-23 19:02 | 初秋の英国湖水地方2008

「初秋の英国湖水地方(2)ケズウィックとナショナルトラスト」

c0132488_18441349.jpg


明日15日(水)、語ろ具@niftyにて「初秋の英国湖水地方(2)ケズウィックとナショナルトラスト」が掲載予定です。

語ろ具コメント欄は記事巻末ページ(今回は5ページ目)の一番下にありますので、そちらに感想をお寄せいただけると幸いです♪(ブログのコメント欄は閉めさせて頂きます)

お時間のある方は是非ご覧くださいませ。

●お知らせ
[PR]
by hammohammo | 2008-10-14 18:41 | 初秋の英国湖水地方2008

冬が来る前に・・・

c0132488_445099.jpg


今週末のバースは快晴♪今日のバースは17度、ロンドンでは20度まで気温があがったそうです。
明日はさらに暖かくなってバースでも19度になるそう♪

c0132488_4463186.jpg


お天気につられてランチを購入してヴィクトリアパークのベンチに座って食べました。

c0132488_45029.jpg

私は大奮発して円寿司の「うなぎ弁当」。うなぎが8切れ、お花をかたどったゴマご飯、海草サラダ、なすの炒め物がついて8ポンド。ランチとしてはやっぱり高いけど、かなり久々のうなぎだったのでおいしゅうございました♡
一方相棒はM&Sのサンドイッチ+ポテチ(爆)。

c0132488_451269.jpg

          本文と関係ないけれど、Great Pulteney Street (映画やドラマのロケ地になったことがある通り)

c0132488_4523789.jpg

          同じくなんとなく撮ったHolburne Museum

さて先週末は以前からyumsちゃんがお勧めしていたAllington Farm Shopに行って来ました。

c0132488_4585244.jpgc0132488_4592374.jpg
先日訪れたhiroexさんも大絶賛だったので、その存在を思い出して早速・・・(笑)。

c0132488_50188.jpgc0132488_50238.jpg
c0132488_504347.jpgc0132488_51742.jpg
店内は私がよくいくもうひとつのNeston Park Farm Shopと比べるとかなり大規模。野菜と果物、生肉、ソースや瓶詰め、お菓子やブレッドと、それぞれのコーナーに商品がずらり☆

c0132488_53302.jpgc0132488_535120.jpg
カフェも大きい!ソファ席とテーブル席があってyumsちゃん言っていた通り、ゆっくりできそうでした♪

c0132488_545838.jpg残念ながらのろのろ出かけていったためランチタイムは終了していたので、軽食のチキンサルサ・ラップを食べました。ラップにはこれでもかっていうくらいオーガニック・チキンが入っていて、サラダつき、歯ごたえのあるTyrells(ポテチ)も大盛り☆

c0132488_5105585.jpgc0132488_5112657.jpg
隣には別棟ガーデニングショップもあります。

さて勝手に二つのファームショップの採点をすると、品揃えではAllington、食事ではNeston Parkといった感じかな。
そうはいってもAllingtonではランチメニューを試してないので、今度はランチタイムに出かけてみたいなと思いました。

◆お買い上げ品◆
[PR]
by hammohammo | 2008-10-12 04:56 | 日常 | Comments(28)

初秋の英国湖水地方(1)アルズウォーター湖と湖畔ホテル

c0132488_1962987.jpg


語ろ具@niftyにて『初秋の英国湖水地方(1)アルズウォーター湖と湖畔ホテル』が掲載されました。

語ろ具記事コメント欄は記事巻末ページ(今回は4ページ目)の一番下にありますので、そちらにご感想をお寄せいただけると非常に嬉しいです(今回ブログのコメント欄はとじさせていただきます)。

お時間があるときに是非ご覧くださいませ♪
[PR]
by hammohammo | 2008-10-09 19:24 | 初秋の英国湖水地方2008

Jamie's Italian in Bath

c0132488_3341779.jpg

              二週間前のオープン前トレーニング-後で知ったのですが実はこのとき店内にジェイミーもいたそう!!

イギリス人セレブシェフの草分けで、日本でもBSで料理番組が放送されたジェイミー・オリバーのレストランが6日にバースにオープンするとのニュースを聞きつけ、ミーハー・グルメ部隊(*勝手に命名 笑)としてはほっておくわけにもいかず、本日早速潜入してきました。

今回のメンバーは、先々週オープン前の同店を一緒に視察して盛り上がっていたRちゃん、お休みが重なったY子ちゃん、Y子ちゃんの同僚で初めまして♪のTちゃん。

c0132488_39881.jpg

              イタリアから直送のサラミやハムがずらりと吊るされています

Jamie's Italianはジェイミーのレストランの中でも、本場イタリアから取り寄せたチーズ&サラミ、魚や鶏肉はイギリス地のものと素材にこだわりつつ、気軽な雰囲気のなかでイタリア田舎料理をコンセプトにしたお店。

予約は基本的に取らず多くの人が楽しめるようにがモットーのようですが、8名以上の団体だと事前予約も受け付けてくれるとのこと。私たちは25分待ちだったけれど、バーエリアがあるので待ち時間もあまり気になりませんでした。オープンと同時に行けば比較的席を確保しやすそう。

c0132488_3103055.jpgc0132488_310565.jpg
デコレーションはイタリアの田舎風をイメージしたそう。思ったよりも大きい店内は、私たちが通された写真の一階奥のエリアはラスティック・ペールグリーンで統一、一階正面は赤いレザー・チェアが印象的、二階はどんな感じが観察できなかったけれど、それぞれデコが違い工夫がなされているようです。

c0132488_3182253.jpgc0132488_3185748.jpg
オーダーを済ませたあと、まず運ばれてきたとってもレトロで可愛いトマト缶。一体これはなに!?と思っていたら、前菜ボードを載せるための柱として使用していました。一見素敵なアイデアだけど、ぐらぐらしてあんまり実用的じゃない、かも・・・(^ー^;)

前菜はお腹ペコ☆だった私とRちゃんだけ、野菜のグリル&モツァレラ&オリーブの盛り合わせ↑のアンティパストをシェア。モツァレラはこんなにクリーミーなのは初めて!というほどやわらかく、他には黄色いコジェット(ズッキーニ)、オリーブが特に美味でした。さすが本場イタリア素材にこだわっているという感じ。

c0132488_327204.jpg左は私とY子ちゃんがオーダーしたボロネーゼ。
私が以前ボローニャで食べた本場ボロネーゼは、日本やイギリスではたっぷりのトマトが少なく最初はびっくりしたものの一口食べたら衝撃的に美味しかったので、ここでも本場風を期待して注文。
手打ちパスタがもちもちして、やはりトマトが少なめ、キャンティーワインの風味が効いた一品で大満足☆

c0132488_332837.jpg右はTちゃんのチョイスでペンネ・アラビアータ。
パスタがしっかりと食べ応えがあり本物のチリが効いた一品。
スパイシー好きな方にお勧め♪

c0132488_3365242.jpgRちゃんが注文したのは、えびのリングイネ(写真左)。
えびがぷりぷりでちょいスパイシー。
えび好きの私としては次回はこれを注文したいかも♪

とにかくメインはポーションが大きいので、日本人女性だったら前菜をシェアするなら、パスタはスターターサイズで十分かもしれません。
隣のおばあちゃんが食べていたメイン用ビーフ・カルパッチョはパーティーサイズほど大きくてびっくり!しかも彼女はその前にスターターもしっかり丸ごと食べていたらしい。私も相当食べるほうだと思うけれど、恐るべし、イギリス人の胃袋(^ー^;)。他のテーブルに運ばれていったメインのマグログリル・サラダもそれはそれはそれは巨大でした。

女4人集まれば・・・でガールズ・トークに花が咲きすぎて気がついたら、2時間半もレストランにいた私たちでした。
おかげですいてきた店内を写真に収めることができたので、カメラ小僧としてはランチ代のもとはとったかな(笑)。

ポーションが寛大で、サービスもフレンドリーで気が利いていたので、リピート決定で~す!

◆今年最後の・・・◆
[PR]
by hammohammo | 2008-10-08 03:54 | 食の話題 | Comments(32)

Corsham Court & Farm shop 両親英国滞在回想記

c0132488_0204252.jpg


写真の整理をしていたら6月に私の両親が英国滞在したときに、父の一眼レフを借りてバシバシ撮っていた秘蔵写真(?)を発見。お蔵入りさせるのももったいないし、私の両親がこのブログを楽しみに見てくれているので、かなり今更ですがアップします♪

コーシャムコート(Corsham Court)

c0132488_0241585.jpg


コーシャムコートはサクソン時代から代々王室(ヘンリ8世の妃キャサリン・オブ・アラゴンとキャサリンパーなど)の所有物だったそうですが、後に王室の手中から離れ、現在は男爵の血筋の政治家が所有しているそうです。
現存するお屋敷は16世紀に建てられ、18世紀にかの有名な建築家John Nashなどによって増築されたとのこと。

c0132488_0461064.jpg


お屋敷も見学できますが、私たちはガーデンのみのチケットを購入しました(お屋敷+ガーデン6.50ポンド、ガーデンのみ2.50ポンド)。
下の写真↓はコーシャムコートのマスコット(?)孔雀。

c0132488_0474747.jpg
c0132488_0444163.jpg
          

お庭がとても綺麗に整備されていました。結構な広さです。

c0132488_0483153.jpg
c0132488_0491072.jpg
c0132488_049431.jpg
c0132488_0502096.jpg
c0132488_0505031.jpg

c0132488_0514792.jpgc0132488_0521824.jpg
        昔のバース・ハウス(お風呂)↑

c0132488_0533814.jpg

          これは↑なんだかとっても気になったきのこ


●父撮影によるコーシャム写真集

c0132488_0554542.jpg

c0132488_0562248.jpg

          コーシャムコートの横にある素敵な教会↑

c0132488_0571515.jpg

c0132488_0574239.jpg

          コーシャムの街並み↑

●お気に入りのファームショップへ両親を案内
[PR]
by hammohammo | 2008-10-04 01:10 | ファミリー | Comments(32)

週末ガストロ・パブ・ランチ

c0132488_1441812.jpg


週末といっても先々週義兄夫妻滞在中の日曜日の話。
前日に予約でいっぱいだった近所のガストロパブへリベンジ、もとい(笑)、改めてランチに行きました♪

うちから1マイル(1.6km)離れており車なら5分程度ですが、徒歩でも30分くらい。食事前のちょっとしたウォーミングアップにちょうどよい距離です。

c0132488_1572652.jpgc0132488_152318.jpg
パブの正面口にはすでに紅葉が。

c0132488_21655.jpg


レストラン内も、ちょいスマートだけどコージー(温かみのある)といった感じで雰囲気がよいですが、幸いこの週末も快晴だったのでガーデンで食事をいただくことに。

c0132488_232011.jpg私と義姉が注文したのは、蟹のリングイネ。
ガーリックが効いて美味しかったですが、メインサイズなのに上品なポーションなのが玉に瑕(笑)。

c0132488_255512.jpg相棒の、オーガニックチキンのシーザーサラダ(ドレッシングをかける前の状態)
サラダとはいえ、モモ肉がどーんとのったボリュームのある一品。
c0132488_28154.jpg私がお勧めして義兄が注文した10オンス・ビーフバーガー
10オンス=約280グラムの巨大さ!
この大きさと厚みをお伝えしたいのでこの画像載せちゃいます、切り口がなんだか汚いのですが(汗)。
大人のげんこつサイズで3-4つといえばわかりやすいでしょうか。焼き加減が選べるお肉がジューシーでガニッシュのサルサもホームメイドらしくとても美味。
c0132488_29468.jpgたっぷりサイズのメインを食した男性陣はここでギブアップでしたが、上品サイズのメインでお腹にゆとりのあった女性陣はデザートを♪
私が注文したのはクレームブリュレとショートブレッド(バターたっぷりのビスケット)

c0132488_2151989.jpg義姉はチョコレートブラウニー&バニラアイスを選択。
ブラウニーは焼き菓子なので、ちょっとぽそぽそしていることがあるのですが、この一品にはナッツが混ぜてあり、外はさくさく☆中はとろーり♪
義姉が大絶賛しておりました。



こちらのガストロパブは、以前に何度かご紹介しているファームショップからお肉を仕入れ、お魚も毎日デボンの漁港から取り寄せている本格派。

前夜は予約ミスという基本的な大失敗をしてしまいましたが、二人とも大満足だったみたいでよかった!

◆食後はウォーキング&意外なペットに遭遇!?◆
[PR]
by hammohammo | 2008-10-02 02:42 | スローな暮らし | Comments(22)