<   2008年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

イギリス在住者☆オフ会

土曜日朝、B-yumsちゃんと一緒に日帰りでロンドンへ・・・
この日のメイン・イヴェントは「イギリス在住者☆オフ会」♪
なんと大人だけで50名、お子さんも10名ほどいらっしゃいました!すご~い(パチパチパチ~)。

今回のオフ会は在英ブロガーの星☆いっちゃんが発起人。そもそもこの企画が持ち上がったのは実はいっちゃんのお誕生会でして、夜もふけた頃いっちゃんと語っていた元敏腕秘書のCちゃん、そしてその場にいた私までもなぜか(?)幹事に任命していただきました。
50人もの参加者が集まったのは、ひとえにいっちゃんの持ち前の行動力と人脈、そしてCちゃんの一流のコーディネート術と幅広い交友網!(私は本当に名ばかりの幹事で・・・汗)

c0132488_6314331.jpg


ほとんど初対面の方ばかりだったのですが、みなさんブログ上で交流がある、あるいはその方のお友達のため、なんだかとても和やかな雰囲気♪
初対面でもすぐに打ち解けて大いに盛り上がったオフ会となりました。
さすがに全員の方とはお話できなかったのがちょっと残念でした(人望が厚いCちゃんのお友達や同僚の方もたくさんいらしていたんですが・・・)。

しかしブログ上だけで交流させていただいている方とこうやってお会いできるのって、やはり不思議な感じ。
想像していたイメージとぴったりだったり、かなり違ったり・・・。

なかでもひとつ面白かったので暴露しちゃうのが、初対面の方が抱いていたいっちゃんのイメージ。
「つっかけをはいて前掛けをしている、優しそうな昭和風の(あれ、そこまで言ってなかったかな?)日本のお母さん」(笑)。
みなさん、実際のいっちゃんの美しさに騒然としていたようでした。いっちゃんの親しいお友達曰く「フ●テレビのアナウンサー系。でもN●Kのアナじゃない」だそうで。私はこれ以上多くは語りませんが、大いにナットク。

さて、会場となった夢源はシティーというロンドン金融街にあるスマートな日本食レストラン。
通常週末は定休日だそうですが、今回50名以上で貸切ということで特別に土曜日にオープンしてくださいました♪
てきぱきとしたサービスと特別プランで美味しい豪華メニューも出してくださって大感謝。

c0132488_6352671.jpg

c0132488_636351.jpg
Mugen
Address: 26 King William Street EC4R 9AW
Tel: 020 7929 7879
Opening Hours:Mon-Fri 12-3pm 6-10pm
メニューは、お寿司(特上)、てんぷら、牛のたたき、おでん、焼鳥、鯖の塩焼き、おでん、焼きそば、ポテトサラダ、(自分でチョコがけできるチョコレートファウンテンの)チョコレートバナナ、と在英者にはなんだか泣けてくるメニュー。

・・・なのに、あんまり写真がありませ~ん。。

実は前日まで風邪でダウン。この日は大分体調がよくなったとはいえ、まだまだ頭がぼーっとしておりました。。
さすがのカメラ小僧もこの日の写真の合計数はなんとたったの8枚!!

いっちゃんのところに沢山おいしそうな写真と、今回の参加者でブログをお持ちの方のリストとリンクがあるので、そちらを是非ご覧ください♪

Cちゃん、いっちゃん、幹事本当にお疲れ様でした~。
参加してくださったみなさん、楽しい時間をどうもありがとうございました!!

◆オフ会のあとは・・・◆
[PR]
by hammohammo | 2008-06-30 07:05 | 行事 | Comments(42)

More Presents・・・

c0132488_19475474.jpg


薔薇の枯れた花の部分を切っておくと、また秋にお花をつけるときいたので、先日ばっさりいきました。
でもやや思い切って切り過ぎた自分にちょっと反省(笑)、最盛期を超えたもののまだ綺麗な花はハート型バケツに入れて飾ってみました。。

さて、ここのところ仕事・プライベートともずっとばたばたしていたのですが、合間に友人ともおでかけしていました。
まずは両親が帰国してすぐ、バース中心部で映画「SATC」をH子さんと観に行ったときの話。

c0132488_19524211.jpg


バースの駅前に来年オープン予定のショッピングセンターも大分その形を成し始めています。
ショッピングセンターといっても世界遺産の街・バースなので、やはり周りの建物との調和を考えてハニーカラーのバースストーンが使用されています。
ダベナムズというデパートがメイン・テナントでその他にも、様々なレストランやお店が入居する予定。

c0132488_19565094.jpgc0132488_19573624.jpg
映画の前にはまず腹ごしらえ!(笑)

今回は比較的新しいパスタ屋さんに行きました。私はロケットと生ハムピザ、H子さんはアラビアータを。
他の友人数人から評判が良かったので期待していたんですが、ランチシェフの腕のせいか、ちょっと肩透かし・・・。
ピザはカリッとしていていて美味しかったですが、パスタはごくごく普通。夜にもう一度挑戦してみようかな?

さて肝心の映画のほうは・・・。
日本ではまだこれから公開ということでまだ観ていない「SATC」ファンの皆さんのために、ネタばらしは避けますが、ちょっとだけ感想を書くと(*感想も読みたくない方は3行ほど飛ばしてください)、、、、、。

私は「ちょっとその展開はどうなのよ、でも映画だからしょうがない」と自分をナットクさせて観たのでかなり満足、H子さんはモラル的な部分で不満あり、だったみたいです。
それでもファッション&友情&ユーモア盛りだくさんで「SATC」ファンが喜ぶ要素満載なので、私はお勧めします!!

c0132488_2062784.jpgH子さんからこのときちょっと早めのバースデーカード&プレゼントをいただきました♪
H子さんは私のクラフト・パートナー(彼女が作ったマフラーも所持)♪

以前私の家に来てもらったときに、好みの色などを聞いてしっかり採寸までしてくれて、キッチン・マットを作ってくれました。うちのキッチンにはシュガーブルーの小物が多いので水色をベースにした綺麗なグラデーション。大感激~☆
でもキッチンって水や油が飛ぶので使うのがもったいなくて、結局別の安全な場所に置いていますが(貧乏性 笑)。


◆More Presents◆
[PR]
by hammohammo | 2008-06-27 20:43 | おでかけ | Comments(22)

思い出の場所

更新予定だった旅行記ですが、写真の整理に時間がかかっているのでしばしお待ちを・・・。
c0132488_21332788.jpg先週ロンドンに発つ日はちょうど私の誕生日でした。
誕生日の話が続いて恐縮ですが、母と私は同じ「双子座のA型」なのです(→誰も聞いてない?^^;)。

相棒は以前から誕生日当日に有給休暇をとっていてくれたのですが、あいにく私の仕事の打ち合わせと重なってしまったため、前の晩からバースデー前夜祭開幕!

右の写真は、料理があまりできない相棒が買ってきてくれたタイ料理ディナー。定番のお持ち帰りもこの日はちょっとゼイタクして蟹のカレー風味、そして大好物のパッタイ(海老焼きそば)、ミニボトルのシャンパンも開けました♪

リネンは記念日に使おうと、先日旅先で奮発したもの(カレーが飛びそうなので、写真撮影後、普段のテーブルマットに戻しましたが 笑)。
c0132488_21495249.jpgc0132488_21503466.jpg
さて前夜祭の食事後、テーブルがすごいことになっていました(笑)。
相棒の家族は誕生日やクリスマスのプレゼント交換が盛んで、今年もたくさんいただきました。
(その分お返しも大変なわけだけど、やっぱり嬉しい私♪)

当日までにカード(上右)やテキスト&メールも家族や友人からたくさんいただきました♪みんな、どうもありがとう!!

義理兄夫妻1からは、映画「ラヴィアンローズ」のDVD、ジャックジョンソンのCD、ピアノの楽譜など。
義理兄夫妻2からは、「けちな夫を持った義妹へ。これで好きなものを買ってね♪」と小切手(笑)。
義理両親と義理祖母からは、私のウィッシュリスト(アマゾンなどで希望商品を登録しておけるシステム)に載せた商品の在庫がなかったそうでやはり小切手と入浴剤&ハンドクリーム。
うちの両親からは先日渡英中に行ったマルベリーでパスポートケースとキーリングを買ってもらいました♪

相棒からは、花植物図鑑(これでガーデニング初心者も花の名称通に!?)、英テレビ番組「グランドデザインズ」のDVD、地中海のとある島のガイドブック(リゾート嫌いの相棒が私のぼやきについに観念して秋ごろホリデーに行く覚悟を固めたらしい♪)。
そしてメインのプレゼントは・・・TomTom=衛星カーナビ(苦笑)。
スピード違反のこともあるし、安全運転しろってこと。。嬉しいような、そうでもないような微妙な心境(^ー^;)。

◆誕生日当日は「思い出の場所」へ◆
[PR]
by hammohammo | 2008-06-23 22:10 | 行事 | Comments(22)

Pump Room in Bath - Mum's Birthday

c0132488_22192670.jpg
パンプルーム前の大道芸人。この日は一輪車に乗りながら火がついたスティックでジャグリングするおじさん。

両親が渡英中、母が?回目の誕生日を迎えました。
あまり肩肘張らないところで・・・という母のリクエストだったので、ローマンバースに併設されているパンプルーム・レストランでランチをしました。

c0132488_22224195.jpgc0132488_2223383.jpg
18世紀に社交場として栄えた時代の余韻を味わえる高い天井と優雅なインテリア。

c0132488_22271384.jpgc0132488_22274162.jpg
c0132488_22284753.jpgc0132488_22291658.jpg
レストランを利用しなくてもここで↑温泉の試飲ができます(50-60ペンス)。↑ピアノの生演奏も。
結構ポッシュな(Posh=高級な、気取った)感じがしますけど、ローマンバースを見学した後による観光客も多いので、店内の雰囲気とサービスはかなりカジュアル。

c0132488_22324945.jpgc0132488_22341671.jpg

c0132488_22331289.jpgc0132488_22394065.jpg

c0132488_22333864.jpgc0132488_22345437.jpg
メインは左上からビーフ・エールパイ、白身魚のグリル、かりかりポークのアップルソース、デザートは右上からアップル&ハニームース、アップルクランブル、クレームブリュレ(アップルばっかり?)。

メインはそれなりに美味しかったです♪
でもびっくりしたのがデザートの甘さ!!激甘中の激甘で、イギリスの甘いデザートになれている私ですら頭が痛くなるほど。
あとから両親と笑い話になった程の強烈なインパクトで、主役の母にいたってはメインを美味しいと自分で言っていた記憶すらすっかりなくなっていたようですね。。それも含めて英国のいい思い出かな、たぶん(→ヘンなポジティブさ^^;)。

散々激甘デザートについて書いてしまったけど、建物やインテリアなど、充分英国らしい雰囲気が味わえます。
実はランチより、美味しいスコーンつきのアフタヌーンティーがお勧め!3段トレー式アフタヌーンティーはロンドンに比べるとかなりお得価格♪♪
(*アフタヌーンティーで供されるデザートは別注なのか、上品な甘さだったと記憶しております^^;)
場所柄いつも込んでいるので予約したほうが無難。


◆記念写真とBDディナー◆
[PR]
by hammohammo | 2008-06-16 23:12 | ファミリー | Comments(31)

3つの豪邸巡り

c0132488_23133355.jpg
私の両親が渡英して3日後に、相棒両親が二泊三日で遊びに来ました。
私たちの結婚披露宴以来二度目のご両家大集合。

さすがにセミダブルのソファベッドで寝てもらうわけにはいかないので、写真上の近所のゲストハウスに滞在してもらいました。なかなか豪華な外観でしょう?

c0132488_23152722.jpg
お部屋からはお庭が眺められ、遠くにバース中心部も見えました。
さすがに時間がなかったけど(というか時間があっても誰も相手してくれないけど^^;)、テニスコートもありました。

さて両ファミリー揃った翌日は、ホテル兼レストランになっているバース郊外のマナーハウスにランチに出かけました。

c0132488_23241013.jpgc0132488_23194155.jpg
シェフが変わってレストランの評判が良くなったと聞いていたのですが、この日はあいにく軽食メニュー(パスタ、サンドイッチ、サラダなど)しか注文できませんでした。

c0132488_23214710.jpgc0132488_2320330.jpg
軽食は味も見かけも非常にふつーー。。(なのでめずらしく写真なし!)

建物とお庭は見事でした。

c0132488_23232640.jpg
c0132488_2324434.jpg
c0132488_23251237.jpg
c0132488_23254776.jpg
野うさぎも見れたし・・・(笑)

また機会があったら、食事はディナー時にリベンジしたいです!

◆もうひとつのマナーハウス◆
[PR]
by hammohammo | 2008-06-13 23:47 | おでかけ | Comments(12)

ブリストル近郊コンフェランスセンターにて

イギリスはここしばらく初夏のような気持ちのいい天候が続きましたが、明日からまた肌寒くなるみたいです。
さて両親滞在記はひとまず置いておいて、昨日ちょっと思いがけないことが思いがけない場所であったので、タイムリーなそちらの話題を。

ある用事でブリストル近郊のコンフェランスセンター(会議場)に朝から向かった私。なかなか立派なゲート。

c0132488_418983.jpgc0132488_4213998.jpg
車を駐車場に停め、時間があったので敷地内をしばし散策したのですが、まずお庭に入ってびっくり!

c0132488_4525379.jpg
広大できちんと手入れが行き届いています。会議場と聞いて近代的で無機質な場所を想像していた私ですが、その美しさに眠気もすっかり吹き飛びました(笑)。

こんな小さな塔があったり・・・

c0132488_4242499.jpg
敷地を流れる川には石造りの橋

c0132488_425406.jpg
コロネードの横では薔薇が満開

c0132488_4273790.jpg
建物はジョージアン王朝様式

c0132488_4295531.jpgc0132488_429165.jpg
ラウンジはこんな感じでクラシカル

c0132488_4313133.jpgc0132488_4331089.jpg
と、私の予想に反してなかなか素敵な場所でした。

◆実はここになにをしに行ったかというと・・・◆
[PR]
by hammohammo | 2008-06-11 05:01 | おでかけ | Comments(24)

Glastonbury Abbey

欧州旅行からは水曜日に戻り、その後金曜日には両親が日本へ向けて発ちました。

3週間弱にぎやかに過ごしていたのに、急に静かな二人の生活に戻ってちょっと気が抜けちゃった感じ・・・。
とはいえ、週末のイギリスはすっかり夏の陽気・快晴で、ガーデニング&BBQを楽しみました!

c0132488_5275545.jpg


これからしばらくは両親滞在記をお届けする予定ですが、今回はその第一弾で「グラストンベリー寺院」を訪れた時の話。

c0132488_5403156.jpgc0132488_5411248.jpg
グラストンベリーというと、あの有名な音楽フェスを思い浮かべる方が多いと思いますが、意外と観光地としての見所もあるのです。
Glastonbury Torという塔がたつ丘に行こうとしたら、曲がるべき道を見逃してしまったので、今回はAbbeyのみ見学(→あっさりあきらめすぎ!?^^;)

c0132488_5414842.jpgc0132488_5423340.jpg
グラストンベリー寺院はもともと7世紀に建てられたそうですが、11世紀のノルマンコンクエストの時代に占拠され、その後ノルマン人によって増築されさらなる繁栄を極めます。

c0132488_69312.jpg
c0132488_632164.jpgc0132488_641132.jpg


しかし1184年の大火災によって大きなダメージを受けます。再構築の経費を信仰者からの寄付で捻出するため、この寺院に埋められていると信じられていた伝説のアーサー王の骨を掘り起こしたりしたそう。

c0132488_5343215.jpgc0132488_535449.jpg
c0132488_545921.jpgc0132488_546778.jpg
その後も修復・改築などで手を加えられましたが、16世紀にヘンリ8世が失墜するとともに寺院も急激に衰えていき、現在はこの廃墟跡が残るのみとなっています。

c0132488_5471117.jpg


とにかく遺跡や廃墟好きにはたまらないところ。
ウンチクぬきにしても、そのスケールの大きさに圧倒される、ちょっとどこか神秘的な場所でした。

*こちらの寺院は映画『ダヴィンチ・コード』でキーワードだったホーリー・グレイルなんかにまつわるエピソードもあるそうなので、興味がある方はウィキペディア等でチェックしてみてください。

◆最後の締めは・・・◆
[PR]
by hammohammo | 2008-06-09 05:58 | おでかけ | Comments(16)