カテゴリ:Lyme Regis初夏2012( 6 )

両親渡英10 世界自然遺産『Golden Cap』と海鮮ランチ

c0132488_5241143.jpg
ドーセット最終日、貸しコテージを後にして向かった先は世界自然遺産『ゴールデン・キャップ(Golden Cap)』。
c0132488_5284045.jpg
ナショナル・トラストが所有する、海抜191メートルの丘です。
Lも含めて駐車場から往復2キロ弱のウォーキング・コースに挑戦しました。
c0132488_5311345.jpg
5月下旬だったので森の中とはいえブルーベルはすっかりしおれ・・・最盛期にはそれはそれは見事でしょうね。
c0132488_533475.jpg
父がワラビを発見!
c0132488_5334685.jpg
20分ほどで見晴らしのよい場所に出ました。霞がかって写真だと見えにくいけれど、海や街が見渡せます♪
c0132488_535583.jpg
ちょうどベンチがあったのでLのおやつタイムをとりつつ、大人は交代でさらにゴールデン・キャップの近くへ・・・
c0132488_5401059.jpg
海を一望!
c0132488_5404250.jpg
ゴールデン・キャップまで大人の足だったら余裕で登頂できそうだったけれど、L連れなので断念(15キロの巨大児なので・・・^^;)。
帰りも最後の急坂のところで相棒に抱っこしてもらうまで(往復1.5キロほど)、Lも元気よく自分で歩きました^^
c0132488_5423674.jpg
ハイキングを楽しんだ後は、ウェスト・ベイ(West Bay)へ。
c0132488_548647.jpg
玉石+砂利のビーチは、サンダルだと小さい石が入って歩きづらかった・・・><
c0132488_55078.jpg
ビーチの一段下がったところにカフェ発見!
Lは爆睡中だったし、メニューがビーチ・カフェなのに非常に良さそうだったのでここでやや早めのランチをとることに。
c0132488_5515415.jpg
開放的な造り♪
c0132488_5524523.jpg
ローカルの蟹がどっさり乗ったサラダ★
c0132488_5554140.jpg
こちらも地物の舌平目★
c0132488_5562288.jpg
そして絶品だったこの湾岸でとれた海老★
この前のBBQのときも思ったけれど、本当に新鮮な海老はおおぶりでも甘くて風味があって、普段食べているスーパーものとは全然違う!
c0132488_5584541.jpg
海老にあまりに感動して追加した魚介たっぷりブイヤベース★(これは期待が高すぎたためかそれほど感動せず)
c0132488_5595628.jpg
せっかく海辺で最後の食事なのに、ハンバーガーを頼んだ人約一名!(誰だか言わなくてもおわかりかと思いますが、相棒です 笑)。ビーツも入ったヘルシー風で、ドーセットは酪農も盛んなためお肉もジューシーだったそう♪
c0132488_673066.jpg
Lもお昼寝から起きてサンドイッチを食べた後は、大好きな「巨大砂場」でまどろんでいました・・・
c0132488_5461440.jpg
食後はちょっとだけ、ハーバー周辺をぶらり。こじんまりしているけど、お店もちょこっとありました。
c0132488_5465183.jpg
珍しいローカル産のハーブやフルーツ入りワインをドーセット旅行のお土産にしました。
c0132488_549224.jpg
滞在中ずっと快晴で旅行中イギリスでずっとこれ以上は望めないというほどの好天に恵まれ、新鮮な海の幸も思う存分堪能し、両親にも楽しんでもらえたようです。
c0132488_641325.jpg
高速を使わずに自宅から二時間で来られるドーセットの海、子連れののんびりペースでまだまだ訪れてない見所がたくさんあるので、再訪リスト行き決定です^^

次回は、場所をバース(Bath)に戻し両親滞在記を締めくくる予定です。
[PR]
by hammohammo | 2012-06-14 06:16 | Lyme Regis初夏2012 | Comments(2)

両親渡英9 海辺でタイ料理とフィッシュ&チップス

c0132488_6453431.jpg
ドーセット滞在4日目午前中ブランズクーム(Branscombe)を訪れた後は、ライム・リージス(Lyme Regis)に戻ることに。
c0132488_6463723.jpg
上の写真二枚は戻る途中に通った場所。ホワイトクリフと呼ばれる石灰層がむき出しの崖(一番上)や、川沿いを走るミニ列車が見えました♪
c0132488_6482367.jpg
そしてライム・リージスに到着。
c0132488_6491289.jpg
ランチタイムに選んだ場所は、数日前に目をつけておいたタイ料理店♪
c0132488_650724.jpg
プロムナード沿いにあってテラス席からは海が眺められます。

c0132488_6505487.jpgシーサイドだけあって新鮮な魚介をふんだんにつかった炒め物とかを狙っていたのに、残念なことにランチタイムのメニューはどこにでもある平凡なタイ料理・・・

その中でも蟹チャーハンを選択!
蟹肉がいっぱい、ボリュームたっぷりで満足♪

奥は相棒の鶏肉の炒め物。
c0132488_6525588.jpg父が選んだチャーシュー麺。

食紅の色が恐ろしいけど、一口もらったスープはおいしかったです。

でもランチタイムは全体的にイギリス向けに辛さが控えめ・甘めの味付けになっているらしくパンチが足りないメニューが多かったかな。

いつか再訪することがあったら絶対ディナーにしようと決めました(笑)。
c0132488_656203.jpg
食後はまだ訪れていなかった旧市街のほうを散策することに
c0132488_6553183.jpg
海に立つ塔
c0132488_6565244.jpg
河口に群れる水鳥
c0132488_6572733.jpg
ライム・リージス美術館の海側
c0132488_6575516.jpg
美術館の正面入口
c0132488_6582718.jpg
美術館内ショップ
展示は見ませんでしたがレイム・リージスはジェーン・オースティンの小説『説得』の舞台になったそうで、ジェーンはバースにも住んでいたことがあるのでちょっとしたご縁^^
c0132488_705266.jpg
美術館前の歩道はアンモナイト柄^^
c0132488_743656.jpg
Lがぐずったのであまりウロウロできませんでしたが、この辺りは古い建物が多くチェーン店ではない小売店がたくさん。
c0132488_755129.jpg
帰りがけに、イギリスの海辺に来たら一度は食べたいものを購入♪
c0132488_764688.jpg
それは、もちろんフィッシュ&チップス★
c0132488_771884.jpg
貸しコテージのオーナーお勧めのお店と間違えてここで買ってしまったのですが、揚げたてを一口ほおばったらポテトもお魚もフレッシュで久々においしいフィッシュ&チップスを食べた!と思いました。
c0132488_784392.jpg
街灯までアンモナイト^^

次回はいよいよ貸しコテージ編最終日です。
[PR]
by hammohammo | 2012-06-12 07:09 | Lyme Regis初夏2012 | Comments(2)

両親渡英8 Branscombe 丘の上のティールーム

c0132488_6354345.jpg
ドーセット滞在4日目は、少し内陸部にあるBranscombe(ブランズクーム)のナショナル・トラスト施設に向かいました。

c0132488_6373343.jpgc0132488_638399.jpg
海沿いの街とはまた違う雰囲気で、緑に囲まれたのどかな場所でした。

c0132488_6382183.jpgc0132488_6383845.jpg
素朴なコテージのおうちも可愛い♪
c0132488_6401873.jpg
この村にあるナショナル・トラストに指定された施設は、200年もの歴史のある鍛冶場、ベーカリー、粉引き小屋の3軒ですが、この時期(5月)はまだ粉引き小屋はしまっていました。
c0132488_6434585.jpg
まず見学した藁葺き屋根の小さな建物は、鍛冶場。
c0132488_6444047.jpg
鉄職人さんが作業している様子が見られるとのことだったのですが、残念ながら訪れたときは見られませんでした。
c0132488_6454584.jpg
ドアの部品からコートフック、キャンドルホルダー、ワインラックやテーブルなど、デザイン的にややがっしりした雰囲気でうちのインテリアにはあわないので見てるだけだったけれど、手作り感が素敵でした♪
c0132488_6482635.jpg
次は昔ベーカリーだった建物へ♪(この記事の一番上の写真も元ベーカリーです)
c0132488_6553911.jpg
ベーカリーだった建物は今はティールームになっていて、店内にはその当時の道具も。
c0132488_6564490.jpg
この日も25度前後の晴天だったのと、うちのちびっこが落ち着きがないので、外のテラスでクリーム・ティーを♪
c0132488_649186.jpg
お茶が運ばれてくる前後、この周辺を少し散歩したのですが、駐車場横の風景はなぜだか懐かしいような・・・

c0132488_651286.jpgc0132488_6515434.jpg
藁葺き屋根の建物や、リンゴの木々、小さな小川のある風景は、小学生のある夏休みに母方の祖父にりんごの収穫のため連れて行ってもらった長野の山を思い出させました。
c0132488_7311775.jpg
母にその話をしたら「よく覚えているね」と感心されたのですが(笑)、やっぱり母の実家の近くの山の風景に似ていると同意してました^^
c0132488_6575120.jpg
思いがけず自分の原風景のひとつがよみがえった場所でした。
c0132488_6595997.jpg
丘の上のティールームを後にして向かったのは、Branscombeのビーチ。
c0132488_705269.jpg
上の写真でもおわかりになると思いますが、なんと道路に水が・・・
c0132488_715355.jpg
歩行者用に少し高くなっている歩道があるのですが、車もこの水の中を進んでおり、ワンコはここで遊んじゃってました(笑)。
大雨でもなかったので、いつもこの状態なのか?不思議な道でした。
c0132488_74193.jpg
ちょっとややこしいですが、これはその道路の下を流れる川(水が澄んでる~^^)。
c0132488_753187.jpg
海沿いのカフェとお店
c0132488_761238.jpg
このビーチもナショナル・トラストに所有・管理されています。
c0132488_77167.jpg
玉石のビーチ
c0132488_7104343.jpg
ビーチ沿いには急な崖
c0132488_7111794.jpg
このEast Cliffもナショナルトラストのもので、散策コースとしても人気だそう。
c0132488_71252.jpg
崖の急斜面で牧草を食べる牛たち
c0132488_7125599.jpg
丘・小川・崖・海がひとつの村で楽しめるBranscombe、のんびりするにとてもいいところでした。
[PR]
by hammohammo | 2012-06-10 07:16 | Lyme Regis初夏2012 | Comments(2)

両親渡英7 Axminster & Charmonth + 海鮮BBQ

c0132488_20522468.jpg
ドーセット滞在3日目、まずはAxminster(アックスミンスター)というデヴォン州の街に出かけました。
デヴォン州境のドーセット州にある貸しコテージからは最寄り駅にあたり車で15分程度。
c0132488_20534582.jpg
英民放局チャンネル4で番組を持つ、料理ライター・タレントのHugh Fearnley-Whittingstallの経営するRiver Cottageのファーム兼本店に行こうと思ったのに間違ってカーナビを設定し、同市内中心部にあるHughさん経営のキャンティーン・デリの方にたどり着きました(^^;)。
c0132488_20595992.jpg

Lの午前のおやつタイムだったので珍しい小麦粉(名称失念^^;)のホットケーキを一個注文、あとはお茶のみ。
あまり見栄えのしないホットケーキだったので写真はないけれど、体に良さそうな優しい味でした。
c0132488_2102386.jpg
そして同店内デリで買った食材を持って向かった先は・・・
c0132488_2151464.jpg
チャーマス(Charmouth)という海辺の街♪
c0132488_2184057.jpg
ライム・リージス(Lyme Regis)よりこじんまりと落ち着いていて、さらにゆっくりできそうなエリア♪
c0132488_2172296.jpg
海に流れ込む川には水鳥たち
c0132488_216266.jpg
まずは海を見渡す河口のピクニック・エリアでランチタイム★
c0132488_2110969.jpg
ピクニック用皿を用意していかなかったのでやや見苦しいですが、先ほどのお店で買ったハムやチーズ、お惣菜系パイ、パンなど。
c0132488_21114816.jpg
デザートは、チャーマスの駐車場そばにあったカフェで見つけたこの地方名物のシナモン風味のドーセット・アップルケーキ♪(なかなかだったけど3年前Warehamで食べたドーセット・アップルケーキにはかなわず・・・)
c0132488_2125422.jpg
食後はビーチへ繰り出しました!
c0132488_21254728.jpg
玉石と砂利と砂のミックスされたビーチ
c0132488_21305476.jpg
ちょうど引き潮で遠浅になっていました。
c0132488_2130772.jpg
母がLと浅瀬で遊んでくれている間私は・・・
c0132488_21315686.jpg
化石探し!!
チャーマスをはじめとするジュラシック・コーストは、中生代にあたる三畳紀、ジュラ紀、白亜紀の断崖で構成されており、恐竜が生きていた2億5000万年もの前の地層が露出している所で、海岸の岩場にもアンモナイトの化石がびっしりあるそうです。
c0132488_21335042.jpg
私は原始的な方法で石を大きな石にたたきつけて割ったけれど、本気で探したい方はビーチにある飲み物スタンドでピックとかなづちセットを貸し出してもらえます(笑)。
石をたたきつけること30分、キラキラした粒子が入った石を発見♪
c0132488_21355387.jpg
相棒も虫か植物かもしれないね~というのでそう思い込むことにして(笑)、チャーマス土産に持ち帰りましたが、お時間がない方は駐車場横の化石ショップをご利用ください。
c0132488_2137171.jpg
小銭大のアンモナイト化石は1ポンド、手のひらサイズでも5ポンドとお安く、手を痛くすることも汚すこともなく太古の歴史を手に入れることができます。
c0132488_21385478.jpg
ビーチ横の崖から風に乗るのに何度も失敗、3度目の挑戦で成功したパラグライダーを見届けた後、チャーマスを後にしました。
c0132488_21404058.jpg
前日手に入らなかったとあるものを買うためにライム・リージスの魚屋によって貸しコテージに戻りました。
c0132488_21413660.jpg
とあるものとはもちろん甲羅つきの蟹!!レモンと醤油であっさりいただきました♪
左はニシンの燻製。
c0132488_21433227.jpg
あとホタテや野菜もBBQしましたが、この日の大ヒットは殻つき海老★甘くて風味高い海老は、スーパーのものとは全く別物!ひとりで10尾くらいいただいたかも(笑)。

化石探しと海鮮BBQと、自然の恵みをたっぷり楽しんだ一日でした。
次回は内陸部の様子をお届けする予定です♪
[PR]
by hammohammo | 2012-06-08 21:53 | Lyme Regis初夏2012 | Comments(4)

両親渡英6 Lyme Regisの街と魚屋

c0132488_61537.jpg
海辺の貸しコテージ滞在2日目気温は24度くらいまであがりカラっと快晴♪
c0132488_621961.jpg
まずは新鮮なシーフードが食べたいという両親の願いをかなえるため、魚屋さんへ♪
c0132488_63257.jpg
親孝行のはずが、その日漁港からあがった魚が並ぶカウンターを見て眼を輝かせたのは私でした(笑)。
c0132488_643022.jpg
お目当ての蟹がまだ入ってきていなかったので帰りがけによることにして散策することに・・・
c0132488_653169.jpg
海沿いにカフェやお店が立ち並んでいました。
c0132488_663869.jpg
ライム・リージズ(Lyme Regis)は基本的に小さな丸い石のビーチだけれど、ハーバーそばにはサラサラの砂浜がありました♪
c0132488_681774.jpg
海を眺めると癒されます~。イギリス国内旅行をするたびに書いていますが、イギリスの海は水温が低いので日本人には泳ぐにはつらいですが、眺める分には申し分なく美しい場所が沢山。
c0132488_685293.jpg
たたずむカモメ、奥にはイギリス版海の家Beach hut
c0132488_695563.jpg
ちょっとだけ海を眺めるつもりが、Lは砂遊びが大好きなので夢中で遊び始め、結局ここに一時間以上はいるはめに・・・(笑)
c0132488_6112897.jpg
やっとのことLを砂浜から引き剥がし(たぶん食べ物でつった^^;)、プロムナードへ♪
c0132488_6124469.jpg
レストランやカフェがたくさんある中、アンティークショップも発見♪
掘り出し物にはあえなかったけど、中に入ると意外と広かったです。
c0132488_6134230.jpgc0132488_6262114.jpg
海辺らしいパステルの家♪
c0132488_6142691.jpg
そして街の中心部メイン通りへ・・・かわいい雑貨屋さん♪

c0132488_6153080.jpgc0132488_6155268.jpg
中には入らなかったけれど、カントリー風の小物がいっぱい★
c0132488_6164223.jpg
メイン通りにベーカリーやデリが4.5軒、そこそこの規模のスーパーも2軒あって、イギリスの地方としてはかなり便利な街でした。
c0132488_6182476.jpg
ライム・リージスのあるドーセットは恐竜が生きていた2億5000万年もの前の地層が露出しているジュラシック・コーストとして知られ、東デヴォンとともに自然遺産として世界遺産に登録されていますが、このエリアをまわるのに便利な観光バスも出ていました。
c0132488_6243493.jpg
古い建物が立ち並ぶエリア(こちらの紹介はまた後日)
c0132488_6253425.jpg
また来た道を戻って、砂浜を通ったらどんどん人が増えていました。
帰り道魚屋さんに寄るも、まだ蟹はあがっておらず結局この日は小さなパックのものと牡蠣などを買っていきました。
c0132488_6273610.jpg
早速夕飯にお醤油とレモンで牡蠣を堪能♪過去に殻を割った経験がなく、袋に入れて地面にたたきつけたのでちょっと殻の破片がじゃりじゃりしましたが(^^;)、鮮度は抜群!
c0132488_631221.jpg
夕方になっても心地よい気温だったので外のテラスでいただきました。
庭から眺める海がこの日はさらに青かった♪それだけで幸せな滞在2日目でした。

次回はいよいよ化石を探しに(?)出かけます。
[PR]
by hammohammo | 2012-06-08 06:38 | Lyme Regis初夏2012

両親渡英5 海辺町の古き良き英国風貸しコテージ

c0132488_538350.jpg
南サマセットの素敵なパブでランチを済ませたあとは、ドーセットの海辺町ライム・リージス(Lyme Regis)の貸しコテージに向かいました。
c0132488_5401896.jpg
母屋の裏手の2階部分が貸しコテージになっていて、駐車場裏口から外階段をあがると貸しコテージ専用の庭を通って玄関にいける造り。
庭から真っ青な海が見えて、それだけでここが気に入りました!

c0132488_544595.jpgc0132488_544404.jpg
17世紀に建てられたという建物内部はモダンに改装されていて、広々としたL字型リビング・ダイニングには窓が3面あって太陽が燦燦と差込み、ダイニングからも海が見えます♪

c0132488_5463397.jpgc0132488_5465520.jpg
ゆったりとした主賓室♪

c0132488_5473835.jpgc0132488_5475376.jpg
客室も十分な広さ★
貸しコテージにしては珍しくアメニティまで充実していて、大家さんが旅行したときにホテルから持ち帰ったと思われるもの(笑)だったけど、高級ブランドが主流である意味太っ腹!

今年から貸しコテージとして使われているそうで何から何までピカピカで清潔、リビング・ダイニング、主賓室、客室全てにTV+DVD+Sky完備でした。

唯一の難点はキッチンが異様に小さいこと(バスルームより小さい^^;)だけど、たったの4泊滞在で料理をしたのは夕飯時くらいだったので私たちには十分でした。
c0132488_554439.jpg
庭も広くて、ブランコがありました♪
c0132488_5543971.jpg
トランポリンまで♪
c0132488_5551389.jpg
パティオには、ガーデンテーブルとチェアも♪
今まで英国で泊まった貸しコテージの中でもまた是非再訪したいと思える場所でした。
c0132488_5565024.jpg
貸しコテージをひととおりチェックして一息入れた後は、食材買出しがてらビーチへ向かいました。
c0132488_694595.jpg
イギリスというよりはヨーロッパ大陸風な外観の教会
c0132488_6122176.jpg
パウダーピンクの建物もこんな海辺の町ならしっくり♪

c0132488_6104290.jpgc0132488_611289.jpg
凝った装飾のドア・ノッカーと、背の高い松の木

c0132488_5593174.jpgc0132488_5595894.jpg
中には入ってないですが、センスが良さそうなヴィンテージ・ショップや雑貨店
c0132488_622345.jpg
ベーカリーの看板
c0132488_654325.jpg
ティールームとギャラリー
c0132488_63756.jpg
古い建物が立ち並んだ海沿いの道
c0132488_643781.jpg
高台でしばらく写真を撮っていたら、Lがこんなところによじ登ってました(^ー^;)
c0132488_664937.jpg
ライム・リージスは石のビーチがメイン。
c0132488_674471.jpg
石といっても大きめの丸いものが主流なので、Lは問題なく歩いていました♪
c0132488_68513.jpg
日が暮れてきたので、食材を買いながら戻ることに・・・
c0132488_6132613.jpg
街の目抜き通りまではゆっくり歩いて10分~15分くらい、ビーチまでは15分~20分くらいでしたが、帰りは上り坂なのでバギーだとちょっと辛かったかな(もちろん押したのは相棒ですが 爆)。

長くなったので、続きはまた次回にします♪
[PR]
by hammohammo | 2012-05-30 06:18 | Lyme Regis初夏2012