カテゴリ:二度目のゴゾ島2011( 6 )

二度目のゴゾ島2011⑥ 「ゴゾNo.1レストラン&塩田などドライブ」

c0132488_6214487.jpg
すっかり滞っていたゴゾ旅行記の最終回です。
数週間程前Lにラップトップを壊されて写真にアクセスできずにいた関係ですっかりお蔵入りになるところでした(^ー^;)。
c0132488_6241997.jpg
滞在7日目の朝食は、鯖の塩漬け、半生タイプのアンチョビ、イングリッシュ・ブレックファストのメニューをちょこっと。
c0132488_6261463.jpg
二日間レンタカーを借りたので、この日もドライブに出かけました(この教会↑は通りがかったどこかの街で撮影)。
c0132488_6274997.jpg
観光スポットして知られる場所ではないけれど二度目のゴゾということで冒険して、まずはゴゾ北部にある塩田(Salt Pans)に向かいました。
c0132488_6302428.jpg
あいにくのお天気だったにもかかわらず突如現れる塩田は一見の価値あり。
c0132488_6332413.jpg
古くはローマ時代よりここで大粒で荒削りのゴゾ産の塩が作られているそうで、現地スーパーなどでもゴゾ産のお塩が購入できます。
c0132488_639934.jpg
塩田のある湾にはこんな不思議なものも・・・。
c0132488_6412024.jpg
塩田を後にし、近くの街Marsalformへ。
c0132488_645245.jpg
ゴゾ・マルタらしいカラフルなボート。
c0132488_644292.jpg
少しお土産物などを見てまわった後は、ランチの予約をしていたレストランへ。
c0132488_6474465.jpg
ゴゾ屈指の、マルタ全島でもベスト3には入ると言われるレストランTa' Frencです。
c0132488_6494293.jpg
石造りのファームハウスを改造したレストランで、内装はモダンでありつつもゴゾのガラス小物やクラフトも取り入れてあって落ち着ける空間。
c0132488_652338.jpg
ゴゾのベスト・レストランということでお値段もそれなりにするレストランなのですが、私たちは手の届きやすいMarket Menuという日替わりの4ランチ・コースを注文。
スターターは二人ともパンプキン・スープ、パスタも二人ともきのこのクリームフィットチーネ、私はメインに地魚のグリル、相棒はメインにチキンのワインソースを選択、どれも奇をてらってないのに驚くほど味のバランスと素材の良さがわかり、感動。

パンプキンスープなんて絶対食べない相棒もおいしいと言って完食、パスタもここ数年で一番おいしいパスタだったし(イギリス在住のせいもあるかと思いますが^^;)、魚料理もいつもは醤油をかけたい!とか書いてしまうのだけど(笑)、このトマトベースのケイパーソースが脂ののった魚とよく合っていました。
c0132488_71343.jpg
デザートは、私はチョコレート・フォンダン、相棒は写真がないですがシャーベットの盛り合わせ。

ゴゾはどこに行っても子供に優しくこちらも例外ではなく、昼間のせいか家族連れや団体客も多く、子連れでもリラックスしてお食事できました。
c0132488_74197.jpg
大満足のランチの後は、車をまた走らせました(写真は途中で通った世界遺産のĠgantijaの近くの村Xaghraにある教会)。
c0132488_78096.jpg
またまたちょっと穴場を開拓精神で向かったのは、San Blas Bay
c0132488_7105849.jpg
ビーチまでは車でアクセス不可で、あまりの急坂なのでバギーも恐ろしくて押せない雰囲気。
c0132488_7163571.jpg
Lもお昼寝に入ったし天気もよくなかったのでひとりで坂の途中まで降りて行って写真だけ撮って帰ってきました。
c0132488_712523.jpg
夏場に足の踏み場もないほど混むという人気のRamla Bayを避けて、地元の人が通うビーチといった感じなのかな。
c0132488_7174456.jpg
そしてこの日の、この旅の最終目的地となったのはAzure Window(陽も暮れかけていたので車中から窓をあけて撮ったこんな写真ですが・・・^ー^;)。
昼間の写真を見たい方は、3年前の記事をどうぞ。
c0132488_722202.jpg
ゴゾの穏やかな夕日を見ながら、楽しかった旅は幕を閉じました。
真っ青の海と空、のんびりした風土、おいしいシーフード・・・いつか再々訪もありそうな予感のするゴゾ島ホリデーでした。

今回の旅行記をまとめてみたい方はこちらからどうぞ「二度目のゴゾ2011
3年前のマルタ・ゴゾ旅行記はこちらから「地中海ホリデー2008
[PR]
by hammohammo | 2011-12-05 07:30 | 二度目のゴゾ島2011 | Comments(2)

二度目のゴゾ島2011⑤「魚介ランチと首都Victoria」

c0132488_7241470.jpg
ゴゾ6日目は、レンタカーを借りて、XLENDI BAYに行きました。
c0132488_7265229.jpg
リゾート・マンションと思われる建物が多く、他のエリアに比べるとかなり開発が進んだ場所でした。
c0132488_7292136.jpg
湾の片側に急な階段が見え見晴らしスポットに続いているようだけどバギーでは無理ということで、相棒のみ偵察に・・・。
c0132488_7324899.jpg
相棒撮影1
c0132488_7335910.jpg
相棒撮影2
c0132488_7345036.jpg
私とLはレストランに先に入って、ダディーの帰りを待ちました^^
このレストランはPlodさんにお勧めしてもらったイタリア料理店The Boat House
c0132488_7372846.jpg
私は前菜にタコのオリーブ焼きを注文、タコがものすごく新鮮で柔らかかった♡
c0132488_740835.jpg
私のメインはボンゴレ(タコが量があったのでパスタもスターターサイズにしてもらって正解)、偵察から戻った相棒はピザを。
海辺の魚介イタリアンを堪能しました♪
c0132488_7435571.jpg
食後は、急な階段があるのとは反対側のプロムナードを歩いてみました。
c0132488_7451068.jpg
岩場が階段になっていて海に入れるようになっています。
c0132488_7461998.jpg
気温も水温も24度なのに、(主に)シニアの皆さんが日光浴と海水浴をしていました(笑)。
c0132488_748464.jpg
プロムナードをさらに進むと・・・
c0132488_7493234.jpg
途中ちょこちょこ階段があったのですが、こんな絶景が見られたので歩いた甲斐がありました♪
c0132488_7501823.jpg
ランチに寄っただけのつもりが思いがけずこんな景色に出会えて、棚ボタでした。
c0132488_7521237.jpg
XLENDI BAYを後にし、車で首都Victoria(ヴィクトリア、現地ではラバトと呼ばれます)に移動。
c0132488_7534599.jpg
まずは大要塞チタデルへ
c0132488_755812.jpg
3年前にじっくり観光をした(←リンク先に当時の写真がたくさんあり)ことがあったのと、内部は階段だらけなのを知っていたので入口付近をちょこっとだけ歩きました。
c0132488_7581285.jpg
入口ゲートの日陰にいた猫たち
c0132488_759865.jpg
チタデルの駐車場からの眺めも見事。
c0132488_80743.jpg
カフェで休憩して、路地裏を通って駐車場まで戻りました。
ヴィクトリアの路地裏はとても味があるので、時間がある方は路地歩きもお勧め♪(3年前に撮った写真はこちら
c0132488_843166.jpg
次回のゴゾ旅行記では、ファームハウスでのランチと周遊ドライブの様子をお届けします。
[PR]
by hammohammo | 2011-11-16 08:05 | 二度目のゴゾ島2011 | Comments(5)

二度目のゴゾ島2011④「ボートでCominoブルー・ラグーンへ」

c0132488_64692.jpg
5日目は快晴のもと、ボートツアーでコミノ(Comino)島に向いました。
c0132488_6484944.jpg
ゴゾ・マルタからいろいろなツアーが出ているようですが、私たちは軽いランチつきでひとり25ユーロの4時間コースに参加(3歳以下は無料)。
c0132488_650230.jpg
ゴゾの港より出発!
c0132488_6511435.jpg
ほんの15分ほどでコミノ島のブルー・ラグーンに到着♪
c0132488_6565676.jpg
コミノ島はかつて島に自生していたクミンにちなんで名付けられたそうで、面積3.5平方キロメートルの小さな島
c0132488_6524810.jpg
夢に思い描くようなアクアマリンの海・・・★
c0132488_6585857.jpg
私たちが乗ってきたボートは沖合いに停泊、ボートに残ってシュノーケリングをするか、ビーチで過ごすか選べる自由時間が二時間弱ありました。
c0132488_704186.jpg
ブルー・ラグーンの浜辺の上部には飲み物や軽食の販売カーあり(*公共トイレも徒歩圏内にあったけど覚悟して入る必要あり><)
c0132488_72163.jpg
ビーチで少しLを遊ばせた後は、島内を少しだけ散策♪
c0132488_731274.jpg
コミノ島がしばしば映画のロケ地になるのも大いに納得できる自然美!
c0132488_73433.jpg
『トロイ』、『モンテ・クリスト伯』、『スウェプト・アウェイ』などがコミノで撮影されたそう
c0132488_741830.jpg
遠方にマルタ島を望む
c0132488_761398.jpg
道路は舗装されていないので、バギーはホテルにおいてきて正解
c0132488_77314.jpg
ゴゾからマルタへ向う大型フェリー
c0132488_773350.jpg
右遠方にちらっと写っているのがゴゾ島
c0132488_783173.jpg
対岸に見えるのは面積がわずか0.25平方キロメートルしかないさらに小さなミニ・アイランドのコミノット島
c0132488_7101833.jpg
自由行動の後は、再びボートに乗って島周遊!
まず向ったのは、ブルー・ラグーンの上を行く(?)その名もクリスタル・ラグーン★
c0132488_7113387.jpg
1416年にまで遡る歴史のある聖マリア塔
c0132488_7173568.jpg
岩だらけの海岸線に険しい石灰岩の断崖の地形のコミノ島は長い間見捨てられ、観光地として人気のある現在も定住者はわずか4人だとか・・・
c0132488_7194564.jpg
様々な形の奇岩も多く見られ、まず目に付いたのはとんがりコーン(笑)
c0132488_721930.jpg
こちらはゾウの形の岩↑だそうだけど、私にはどこにあるのかさっぱり・・・^^;
c0132488_72283.jpg
洞窟風の岩場にも侵入・・・
c0132488_7231378.jpg
これが天然の色なんて信じられないほどの見事なターコイズ・ブルー!(*今回の旅行記では色彩・明暗調整一切していません)
c0132488_7263928.jpg
岩が侵食してできたウィンドウ
c0132488_7272459.jpg
よく見るとアーチ状の大きなウィンドウの横にミニ窓つき^^
c0132488_7292093.jpg
最後はComino Hotel↑前のSan Niklaw Bayに停泊して、船上でサラダ、ハム、ツナ、バゲットなどの軽めランチ(こういうロケーションでいただくとシンプルなもので充分^^)
c0132488_7284344.jpg
Lは初めてのボートも怖がらず、この旅のハイライトになったボートツアーでした。
c0132488_7322234.jpg
6日目の旅行記では、海辺ランチと断崖絶壁ウォークの様子をお届けする予定です。
[PR]
by hammohammo | 2011-11-06 07:34 | 二度目のゴゾ島2011 | Comments(4)

二度目のゴゾ島2011③「San LawrenzとRamla Bay」

c0132488_19392511.jpg
ゴゾ滞在3日目もこの快晴!
c0132488_19415760.jpg
この日はホテルのあるSan Lawrenzの村をうろうろしてみました。
c0132488_19433652.jpg
ヴィレッジ・ホール(だったかな?)
c0132488_19444182.jpg
前日のGharbよりもさらに何もないところで、バーとレストランとショップが一軒ずつあって、修復工事された教会があるだけの場所でした。
なかなか素敵そうなレストランはこの日に限って休業日だったし(笑)。
c0132488_19481028.jpg
途中道路からはこんな丘も見渡せました。
c0132488_19493991.jpg
この日のランチは前日買い物に行ったクラフトビレッジにあるこじゃれていないカフェで軽めに・・・。
ゴゾ特製ソーセージのパニーニとチキングリルを頼んだけれど、とっても安いのに両方ジューシーでした♪
この後はホテルでプールに入って、夕飯は部屋でサンドイッチで済ませました。
c0132488_19531658.jpg
翌日4日目もからっとピーカン!
この日はホテルのシャトルバスに乗ってRamla Bayというゴゾのベストビーチに行きました。
c0132488_19543546.jpg
ファミリーに大人気で最盛期は足の踏み場もないほど混むそうですが、私たちが行った10月はすいていて快適でした。
c0132488_19555035.jpg
砂浜というと真っ白いイメージがありますが、黄土色と青のコントラストもなかなかオツ
c0132488_19593459.jpg
抜けるように透き通った海と・・・
c0132488_201776.jpg
空の青のグラデーションにはっと目が覚めるような気分^^
c0132488_202363.jpg
ビーチから西方を見上げると、ギリシア神話「オデュッセイア」に登場するカプリソの洞窟(←2008年に訪れたときの記事)が見えます。
c0132488_207033.jpg
ビーチには、カフェが3軒とトイレも併設されています。
c0132488_2081063.jpg
カフェで買ってビーチで食べたシーフードピザはチーズが全く乗っていないし(乗せ忘れた?そういうもの?)、ソースとシーフードが絡まっていないしNGでした。
(相棒いわく数年前にここで食事をしたときにも私は「おいしくない!」と言っていたらしい←買う前に言ってよ><)
c0132488_20132788.jpg
パラソルとデッキチェアは有料で何時間借りても一台3ユーロ(だったはず)。
2008年は50セントだったから6倍に値上がり!
c0132488_20124833.jpg
Lも波打ち際でこわごわ水に浸かったり、砂遊びを楽しんでいました。
c0132488_20182040.jpg
その後はホテルに一旦戻ってシャワーを浴びて夕食に出かけました。
c0132488_20194823.jpg
Gharbにあるレストランまではバギーを押しても15分かからないくらいかな?
c0132488_20205313.jpg
ホテルから徒歩圏内のレストランということでPlodさんにお勧めしてもらったJeffrey'sへ(上の写真は前日昼間撮影)
c0132488_20252318.jpg
こじんまりした家庭的なレストランで、ホテルで知り合ったスイス・ドイツ夫妻と娘ちゃんもちょうど食事中でした^^(右上はつきだしのブルスケッタとゴゾ産ロゼワイン)
c0132488_20272524.jpg
新鮮な魚介類たっぷりブイヤベース★
c0132488_20284749.jpg
私のメインはゴゾ風パンケーキ(アラブ風スパイスの効いた牛ひき肉にチーズとたまねぎなどを入れて焼いたもの)。
相棒はこの時期旬のLampuki(シイラ、マヒマヒ)という白身魚のグリル(画質が悪いので写真なし)。
c0132488_2033392.jpg
ハイチェアもあって子どもも歓迎ムードの中、気取らないゴゾの郷土料理をおいしくいただきました。
お腹も心も満たされた、エキゾチックな雰囲気たっぷりの帰り道でした。

次回の旅行記ではボートツアーに行ったときの様子をお届けします。
[PR]
by hammohammo | 2011-11-03 20:37 | 二度目のゴゾ島2011 | Comments(8)

二度目のゴゾ島2011②「クラフトビレッジとイタリア料理」

c0132488_19504129.jpg
2日目は、朝食後にTa' Dbiegi Crafts Villageへ行きました。
ホテルからは徒歩5分ほどで便利。
c0132488_201614.jpg
陶器、レザー、ガラス、ゴゾ手刺繍、鉄工芸などの約20店舗が入っていて、お土産探しにぴったりです。
c0132488_335442.jpg
私が買い物している間、にゃんこがLのお相手をしてくれました^^(ゴゾ・マルタには猫がたくさん!)
c0132488_335875.jpg
ショッピングの後は、クラフトビレッジがあるGharbの村をぶらぶら散歩しました。
c0132488_2023047.jpg
c0132488_20283339.jpg
c0132488_20293143.jpg
c0132488_2030233.jpg
とくに観光で来る様な村ではないのだろうけど、路地歩きが好きな私たちにとっては趣がある石灰岩の家・窓・テラス・ドアを眺めているだけでも楽しい♪
c0132488_20123681.jpg
マルタで最も重要な巡礼地と言われるTa’ Pinu Basilica
c0132488_20245199.jpg
Gharbの教会
c0132488_20273743.jpg
世界でも最も治安の良い場所のひとつと言われるゴゾのお巡りさんは暇そうでした・・・^^
c0132488_20321074.jpg
教会前のマーケット・クロス
c0132488_2033883.jpg
ランチは飛び込みで見つけたカジュアルなイタリアンのお店Salvina'sにて(シチリア南部に位置するゴゾ・マルタではイタリア料理店が非常に多い)。
c0132488_20355854.jpg
リコッタチーズ入りのホームメイド・パスタ
c0132488_20365924.jpg
地魚のクリームソース(ブリっぽいお魚でした)
c0132488_20352236.jpg
L用に頼んだブイヤベースと、私用デザートのプリン★
c0132488_20383582.jpg

家庭的なほっとする味で、良心的な値段のお店でした。
c0132488_20412412.jpg
ホテルまで約20分てくてく歩いて戻りました。
c0132488_20432436.jpg
夕食はホテルのレストランで取ることにしたのですが、営業が7時からということで、まずはバーに行ってハッピーアワーのカクテルとフレンチフライ。
c0132488_20422841.jpg
夕日を眺めながら・・・
c0132488_2046099.jpg
最盛期ではないのでホテルのレストランはひとつしか営業していなくて、ランチに続きまたイタリア料理Trattoria San Lawrenz
c0132488_20482435.jpg
私はゴゾ・マルタに来たら食べたいものリスト第一候補のウニパスタ、相棒はカプリチョーザ・ピザ。
ピザがかなりいけました!ウニパスタも美味しいのだけどクリームソースがくどくて最後はやや飽きてしまったかな(前にマルタで食べたときにも同じことを言ったような・・・^^;)。

次回の旅行記ではビーチへ繰り出します!
[PR]
by hammohammo | 2011-10-31 20:53 | 二度目のゴゾ島2011 | Comments(8)

二度目のゴゾ島2011①「宿泊ホテルとアーユルヴェーダ」

c0132488_18381999.jpg
マルタ共和国の北に位置する面積約67km²、長さ14km、幅7km、人口は約6,400人という小さな小さな島ゴゾ(Gozo)に一週間行ってきました。

ブリストル空港から約3時間のフライトでマルタ空港に到着後、ツアーに含まれていたコーチバスに乗り(通常なら30分程度のところ他のお客さんを各ホテルに降ろしながらの移動だったので異様に時間がかかりました><)北部にある港に行きフェリーに乗ること約25分でゴゾ島に到着、そこから再びお迎えの車で20分。
c0132488_18462370.jpg
私と相棒は3年前にもゴゾ(とマルタ)に滞在し主要な観光は済ませてあったので、今回は同じホテルに7泊しのんびりしてきました。
c0132488_18524775.jpg
滞在ホテルは、今春ゴゾ・マルタを訪れたPlodさんのブログで見てとても惹かれたKempinski Hotel San Lawrenz
c0132488_18534025.jpg
リビングエリアがカーテンで仕切れる少し大きめのお部屋を予約、ソファ横にベビーベッドをおきました。
c0132488_18545643.jpg
カーテンを閉めてあるので昼なのに暗いですけど、ベッドルーム(奥のカーテンの先がリビングエリアです)。
c0132488_19194171.jpg
荷物を少し片付けた後は、小腹がすいたので(笑)ホテルのバーへ(右上写真↑は受付横のロビー)。
c0132488_19172990.jpg
窓も大きくゆったりとして心地よい空間。
c0132488_19224535.jpg
色とりどりのケーキ♡
c0132488_19234742.jpg
マカロンが乗ったチョコレート・タルトは、目には美味しいけど日本人の舌には激甘すぎ・・・><
c0132488_18573010.jpg
ホテルのインドアプールは、吹き抜けの窓があり水温が32度に保たれて快適でした。
*子どもは午後3時まで入場可能(ホテルに着いたらなぜか3歳以下の幼児は入場不可とあったのですが、HPにはそんなこと書いてなかったし他のお客さんがLと同じ月齢の子どもを連れて入ったと言っていたので、うちの子はプールは体験済みだし水泳用オムツも着用するのでと交渉して入れてもらいました)
c0132488_1943333.jpg
プールの二階はトリートメントルームになっています。
ここのスパはヨーロッパでも指折りだそうで(数年前に買ったガイドブックによると)、アーユルヴェーダ(インド伝統的医学に基づいたオイル・マッサージ)にも挑戦。

インドの民族衣装サリーに身を包んだ女性が登場しカレーの匂いのする温かいオイルをたらーーっとかけられた時はややひるみましたが、施術後はリラックス・快眠できました♪
c0132488_1983741.jpg
夕食はルームサービスで軽く済ませ、翌朝は美しい朝日とともに起床。
c0132488_1994216.jpg
2日目はさわやかなお天気でした。
c0132488_19113618.jpg
朝食はこちらのレストランで。朝食が8時からスタートと遅いのは、地中海リゾートだからか、ゴゾだから??
c0132488_1914968.jpg
クロワッサンやマフィン、パン各種、サラダ類、マルタ式パスティー(豆を包んだパイ)、イギリス式朝食(ソーセージ、ベーコン、卵)など充実。
c0132488_1928727.jpg
ハムやサラミの以外にもサーモンやカジキマグロのスモークしたものもありました。
c0132488_1928583.jpg
フルーツとヨーグルト類も充実★
c0132488_1931284.jpg
ホテルに泊まるとついつい頼んでしまうオムレツ。
好きな具を選ぶとその場で調理してくれるため、ふんわり焼き立てが食べられるのが嬉しくて・・・^^
c0132488_0144929.jpg
育児ブログにも載せた写真ですが、誕生日が4日違いのスイス・ドイツのミックスの女の子が同じホテルに宿泊していました。滞在中ホテル内や敷地外にあるそばのレストランなどで何度も遭遇する機会があって、Lのことを気に入ってくれたようでした^^
c0132488_02757100.jpg
朝食後はホテル敷地内を探索★
c0132488_0305049.jpg
アウトドア・プール1
c0132488_030385.jpg
アウトドアプール2と日陰の休憩エリア
c0132488_032524.jpg
アウトドアプール3はファミリー用でミニプールは幼児用に浅瀬になっています。
こんなに充実しているのに、幼児には水温が低かったので利用する機会がなくて残念!気温も水温24度くらいなので大人や小学生くらいの子はガンガン泳いでいましたよ^^
c0132488_0353678.jpg
真夏には40度にもなるゴゾ、この時期は涼しいとはいえこんなトロピカルな花や・・・
c0132488_0382375.jpg
面白いオレンジ色の木の実も♪
c0132488_0285199.jpg
ゆっくりの更新になりそうな予感がしますが、ゴゾ旅行記2ではクラフト・ビレッジに出かけたときの様子をお届けします。
[PR]
by hammohammo | 2011-10-27 00:50 | 二度目のゴゾ島2011 | Comments(2)