カテゴリ:北Devon&Exmoor2011( 13 )

北デヴォンとエクスムーア13 「Dunsterとクリームティー最終判定」

c0132488_4584820.jpg
北デヴォンとエクスムーアの旅最終回は、ダンスター(Dunster)のヴィレッジをご案内します。
c0132488_521370.jpg
エクスムーア国立公園内に位置する、中世の面影を色濃く残した場所です。
c0132488_55226.jpg
小さなヴィレッジのメインストリートにはラブリーなお店やレストラン、民家が立ち並んでいます。

c0132488_56107.jpgc0132488_56446.jpg
c0132488_573652.jpg
c0132488_591471.jpg
c0132488_5104852.jpg

c0132488_511376.jpgc0132488_5115928.jpg
c0132488_5133119.jpg
c0132488_5135553.jpg
まるで絵本の世界に迷い込んだような街並みでした。
c0132488_5152959.jpg
一通りメインストリートをチェックした後は、雰囲気が良さそうなティールームへ。
c0132488_5181915.jpg
Locks Victorian Tea Room & Gardens
c0132488_5201467.jpg
その名のとおり石畳のコートヤードと小さいながらも秘密の花園風のガーデンがありました。

c0132488_5204451.jpgc0132488_521747.jpg
私たちが立ち寄ったときには小雨まじりだったので店内に着席しましたが、お天気がよく暖かい日にはガーデンでお茶が良さそう!
c0132488_5231444.jpg
そしてお待ちかねの今回の旅最後のクリームティー(+レモンケーキ)♪
クリームティーNo.9の評価:★★★★(大健闘の4つ星も、惜しくも有終の美を飾れず!)

ということで、「北デヴォン&エクスムーア・クリームティーhammo賞2011」は、エントリーNo.6Dulvertonの「The Tantivy」に決定いたしました!
*あくまでも私個人の好みなので、ご参考まで・・・^^
c0132488_533881.jpg
最後に今回の旅のおみやげ☆
アンティークショップで見つけた大きな木製トランク(取っ手のところはレザー)。おもちゃ入れにいいかなと。
c0132488_531355.jpg
アンティークマーケットで買ったアールデコっぽいシルバー・スプーン、銀メッキのティーストレイナー、クラフトギャラリーで買ったマグネットと針さし。
c0132488_5362070.jpg
幸い懸念されていたお天気も半分は晴れ、前半は主に北デヴォンのサラサラの砂浜と海、後半はエクスムーアの大自然とチャーミングなヴィレッジを訪れる旅になりました。
ちなみに一週間の旅で消費したクリームティー(一部スコーンのみ)は9セットですが、幸い体重は変わっていませんでした(笑)。

ここのところ夏の時期にコーンウォールチャンネル諸島ドーセット南デヴォン北デヴォン&エクスムーアとイギリス国内を巡っているので、来年の旅行はどこにしようかな~とすでに頭の中では検討中です♪

一ヶ月以上前の旅行記に長いことおつきあいいただき、どうもありがとうございました!
[PR]
by hammohammo | 2011-07-22 05:50 | 北Devon&Exmoor2011 | Comments(20)

北デヴォンとエクスムーア12 「ナショナルトラスト・ダンスター城」

c0132488_22324292.jpg
ホリデー最終日、途中停車を何度もしつつもなんとか目的地であるナショナルトラストのダンスター城(Dunster Castle)に到着。
c0132488_23193035.jpg
これは入口のナショナルトラスト・ショップが入った建物内にあった、昔のベンチ?工場跡?
なんだろうと思って、インターネットで検索したけどわかりませんでした(^^;)
c0132488_22364070.jpg
ノルマン調の時代からこの地にお城があったようですが、現存するお城は1617年に建造され1868–72年に改築されたそうです。
c0132488_22374584.jpg
私が写真を撮りまくっている間、Lはダディーとお散歩♪
c0132488_22382822.jpg
ライラック色はイギリスの夏のガーデンらしいカラー
c0132488_22485886.jpg
薔薇はもう終わりかけ
c0132488_22482997.jpg
サマセットらしいなだらかな丘
c0132488_22472447.jpg
お城は高台なので海も見えます。
c0132488_22394762.jpg
赤レンガが青空に映える♪
c0132488_22505649.jpg
ツタの絡まるドアとゲート
c0132488_22544497.jpg
このお城はイングリッシュへリテッジのGradeⅠListedに指定されていて、団体客も訪れていました。
c0132488_2259415.jpg
バギーは入口で預かってもらえたのでLも一緒にお城内を見学♪
c0132488_230547.jpg
こんなエレガントなグランドピアノ、欲しい~!(あっ置く場所がないか・・・^^;)
c0132488_232464.jpg
双子のアーチ☆
c0132488_2335911.jpg
中世の頃の様子が織り込まれたタペストリー
c0132488_235392.jpg
エリザベス1世の絵画がかけられた、天蓋つきベッドのある寝室
c0132488_2312576.jpg
ゲートタワー
c0132488_23132623.jpg
歴史の重みが感じられる門
c0132488_2310159.jpg
お城の正面グラウンドでは伝統スポーツ体験コーナーがありました。
c0132488_23165213.jpg
私はアーチェリーに初挑戦☆(注:赤いポロシャツのおじさんは教えてくれる方で、相棒ではありません)
5本の弓は全て的に命中、そのうち1本は真ん中の丸に突き刺さる快挙で意外な才能を発見!?
c0132488_23135921.jpg
この人は昔のボーリングみたいなもので遊んでいました♪
c0132488_2250798.jpg
次回はいよいよホリデー記、最終回!(われながら長丁場でした・・・苦笑)
クリームティー紀行もついに完結です。
[PR]
by hammohammo | 2011-07-21 23:24 | 北Devon&Exmoor2011

北デヴォンとエクスムーア11 「B3225ドライブとPorlock」+お知らせ

c0132488_20243867.jpg
いよいよホリデー最終日☆
c0132488_20252758.jpg
一週間お世話になった貸しコテージを後にしました。
c0132488_202644100.jpg
メイン道路とあまり走行距離が変わらないので、景色のよいB3225という海岸線の道で帰ることに♪
c0132488_20275422.jpg
見晴らしのいいところで停車し写真撮影しながら、のんびりドライブ♪
c0132488_20291272.jpg
海岸沿いの道路とはいえのどかなイングランドの田園風景も見られます。
c0132488_2031325.jpg
中でもPorlockというヴィレッジ手前のこの絶景スポットは、非常に印象深く心に焼きつきました。
c0132488_20331512.jpg
一方にはにはブリストル海峡まで見渡せる紺碧の海
c0132488_20342939.jpg
同時にビーチが見下ろせ・・・
c0132488_20372639.jpg
道路をはさんで、丘に広がる褐色のムーアと迫力のある雲
c0132488_20384453.jpg
自然の壮大さに圧倒されるスポットです。
c0132488_20452664.jpg
その後、Porlockに立ち寄りました。
c0132488_2048829.jpg
エクスムーア国立公園に指定されているエリア内にあり、石器時代の遺跡も近くにあるというヴィレッジです。
c0132488_20494083.jpg
建物はいろんな時代がミックスされている感じでした。
c0132488_20502053.jpg
茅葺屋根の家
c0132488_20505542.jpg
梁を生かした造りの家にはスーパーマーケットが入っていました。
c0132488_20515625.jpg
薔薇が咲き誇るB&B
c0132488_20522869.jpg
なかなかチャーミングな雰囲気のヴィレッジで、あのロマン派詩人のWordsworthColeridgeも好んで訪れたそう。
c0132488_2056984.jpg
小さなヴィレッジだけど、お店も揃っています。
c0132488_20564737.jpg
とんがり屋根のウィンドウが目印のお肉屋さん
c0132488_20574078.jpg
パブやティールームも
c0132488_20582539.jpg
Exmoor Classic Carsというクラシックカーのミニ博物館や、アンティークショップもありました。
c0132488_2104533.jpg
次回はナショナルトラストのお城をご紹介します。

★お知らせ★
[PR]
by hammohammo | 2011-07-17 21:08 | 北Devon&Exmoor2011 | Comments(8)

北デヴォンとエクスムーア10 「Winsford Hill と Ilfracombe」

c0132488_555093.jpg
5日目のエクスムーア・ドライブの締めくくりは、Winsford Hill。
c0132488_62187.jpg
広大な荒野のフットパス
c0132488_64033.jpg
ちなみに「エクスムーア」の「ムーア」とは、酸性土壌の上に背の低い草木のみが広がる地形のことだそう。
c0132488_665591.jpg
近くで見ると、こんな感じの可憐な花が咲いています。
c0132488_613518.jpg
この丘のすごいところは視界を遮るものがない、360度パノラマだということ!
c0132488_614931.jpg
野生の馬
c0132488_6144170.jpg
写真ではわかりにくいですが、はるか彼方に海も見えました。
c0132488_6153649.jpg
この景色を何とか収めようと夢中でシャッターを切りまくったけれど、私の写真技術ではこの壮大さを捉えられていないような・・・。
子供が誕生してからはとくに被写体を観察する暇もなくひたすらちゃっちゃっと写真を撮るだけになってしまっていたので、珍しくカメラを下ろして自分の目に焼き付けようと10分ほどその場に佇んでみました。
c0132488_6215613.jpg
この夜は貸しコテージにて、ファームショップで購入したポークチョップと海老チャーハンというミスマッチな晩御飯を作って食べました。
c0132488_7264448.jpg
そして、ホリデー6日目☆
c0132488_6592433.jpg
前日のDulverton帰りがけにLewis's Tearoomsにてスコーンをお持ち帰りしていたので、朝食としてしっかり食べました♪
スコーンNo.7の評価:★★★(3つ星!翌日に持ち越してしまった上温めた時にこがしてしまった・・・そうでなかったらもっと美味しかったかも?)
c0132488_6234865.jpg
午後からIlfracombeに出かけました。
c0132488_6251525.jpg
ティーポット型の看板♪

c0132488_6261319.jpgc0132488_6264582.jpg
イラストがお茶目☆
c0132488_6282459.jpg
昔ながらの生肉店
c0132488_6344839.jpg
ストリートアートっぽい塀
c0132488_6355252.jpg
レトロなレストラン
c0132488_6371680.jpg
干潮で海水が全くない状態のハーバー
c0132488_638726.jpg
教会だった建物の中にあるクラフト・ギャラリー
c0132488_6391665.jpg
St James Tea Room(ここもティーポット型看板!)に入りました。
c0132488_6435450.jpg
遅めのランチは、蟹サラダ☆
c0132488_644506.jpg
もはやこの旅行記は別名クリームティー紀行と化していますが、Lも相棒もスコーンが好きなのでまたもや注文(全部私がひとりで食べていると思っていた方もいるでしょうか 笑)。

クリームティーNo.8の評価:★★(手作りなのにバターの風味がなくポソポソしていたので・・・痛恨の二つ星)
c0132488_6471873.jpg
ランチの後は大雨だったのでLのありあまったエネルギーを発散させるべく、先日チェックしておいたカフェに併設されたソフトプレイへ。
c0132488_6495696.jpg
本当に小さなソフトプレイだけどすべり台やボールプールはあるし、いい雰囲気のカフェ内でちゃんとしたコーヒーを飲みながら相棒と交代でLの相手ができるというのが個人的にポイント高し。
c0132488_6523449.jpg
この晩は前日に続いてファームショップで購入したステーキ☆
お天気が良ければ外でBBQするつもりだったけど、あいにくの天気でコテージのキッチンにて調理。
c0132488_6542677.jpg
次回はいよいよホリデー最終日!
(しかしながら、まだあと数回はホリデー記が続く予定です・・・^^;)
[PR]
by hammohammo | 2011-07-15 07:02 | 北Devon&Exmoor2011 | Comments(4)

北デヴォンとエクスムーア9 「可愛い村Dulverton」

c0132488_4515516.jpg
古代に思いを馳せたあとは、エクスムーアの南の玄関口と言われるDulvertonという村を訪れました。
c0132488_4535594.jpg
オーガニック・ファームショップ♪
貸しコテージからは車で約1時間の西サマセットにある小さな村ですが、こじんまりながらもセンスのいいお店が並んでいました。
c0132488_4562472.jpg
おもちゃと雑貨のお店
c0132488_4571139.jpg
古本屋
c0132488_458721.jpg
可愛い建物や飲食店など
c0132488_459630.jpg
高級アンティークショップ
c0132488_4594219.jpg
レストラン・バー
c0132488_501912.jpg
標識までなんだかおしゃれ★
c0132488_505531.jpg
教会
c0132488_51442.jpg
凝った看板や、いい感じのチョイスだった雑貨店など
c0132488_524148.jpg
デリカテッセン
c0132488_531011.jpg
階段のつくりが面白い建物
c0132488_5152473.jpg
ローカルガイドでみて気になったThe Tantivyに入ってみました。
c0132488_5254635.jpg
中庭でお茶をしました。
この壁は1866年造だけど、このショップ兼カフェは1939年創業、最近改築したばかりだそう。
c0132488_5182433.jpg
デヴォンではなくサマセット州だけど私はやはりクリームティー(ここまで来るともう意地 笑)、相棒はフラップジャックを。
そしてついに巡りあったのです、私の理想のスコーンに!しっとり系だけど、ものすごく好みの風味でした☆

クリームティーNo.6の判定:★★★★☆(現在最高得点の星4個半!!なぜ5つ星でないかというと、スコーンはほぼ完璧だったものの紅茶の印象が薄かったのでやや辛い採点^^;)
c0132488_535329.jpg
「そうか、好みのクリームティーは結局地元サマセットにあったのか・・・」と嬉しいようなややむなしいような複雑な気持ちでお店をあとにすると、他にも何軒か良さそうなティールームがありました。
Lewis's Tearoomsは過去に何回もTea Guildを受賞しているらしいです。
c0132488_58217.jpg
店内もラブリー☆
でもさすがにお腹がいっぱいだったので、スコーンをお持ち帰りしました(まだ持ち帰るのかっ!と自分に突っ込みたくなりますが^^;)。
c0132488_5303777.jpg
食後は川辺の芝生でL君のウォーキングタイム。
c0132488_5291764.jpg
次回はエクスムーアの壮大な風景をお届けする予定です。
[PR]
by hammohammo | 2011-07-13 05:34 | 北Devon&Exmoor2011 | Comments(4)

北デヴォンとエクスムーア8 「紀元前千年からかかる橋Tarr Steps」

c0132488_775662.jpg
ビーチや街巡りが続いたので、5日目はエクスムーア国立公園にドライブしていくことに。
c0132488_793213.jpg
滞在したコテージから国立公園として指定された地域には車で10分弱で入り、さらに車を走らせるにつれ海辺とは全く違った景色が広がりました。
c0132488_7161773.jpg
アザミ
c0132488_717284.jpg
白馬
c0132488_7181114.jpg
展望スポット
c0132488_7594827.jpg
途中見晴らしのよかった場所
c0132488_719378.jpg
そして出発から50分ほどで目的地に到着、あいにく雨が降り出すものの頑張って駐車場から少し歩きました。
c0132488_7195821.jpg
坂を10分ほど下っていくと、目的のTorr Stepsが見えてきました。
c0132488_721306.jpg
紀元前1000年ごろ(先史時代)からここにあるといわれる橋です。
c0132488_7262355.jpg
全長は約55メートル。
c0132488_727368.jpg
ひとつの岩盤の重さが5トンもあるそうです。
c0132488_723619.jpg
雨露にぬれているせいか、森と川に守られているせいか、どことなく神秘的な空気が漂う場所でした。
c0132488_7285160.jpg
橋のすぐそばのTorr Farm Riverside Inn & Hotelでランチをとりました。
c0132488_7322551.jpg
鹿の布巾がエクスムーアらしい♪
c0132488_7325189.jpg
コージーな店内
c0132488_7332211.jpg
雨でぬれた後に、ほっこり落ち着ける雰囲気でした。
c0132488_7402531.jpg
このあたりは州としてはサマセットなのですが、やはりデヴォンから届いたという白身魚のクリームソースを注文。

付けあわせが凝っていて、ジャガイモと一緒に添えられた緑のプチプチしたものはSamphireというセリ科の多年草(日本だとクリスムムと呼ばれるみたいです)。右奥の別皿の温野菜の中にはなんと蒸した大根も!
c0132488_7465375.jpg
思いがけず珍しい野菜が出てきてびっくりでしたが、パンフを見たところここの宿泊施設がなかなか素敵そうでした。
残念ながらちびっこNGなので私たちが泊まることはまずないですが・・・
(ちなみに、私たちは公共駐車場から歩きましたが、このレストランやホテルの利用客用に駐車場もあります)
c0132488_7491338.jpg
次回は近くのヴィレッジを訪ねた様子をお届けします。
[PR]
by hammohammo | 2011-07-11 07:57 | 北Devon&Exmoor2011 | Comments(4)

北デヴォンとエクスムーア7 「密かな名物カーバリー+骨董市」

c0132488_20251549.jpg
ホリデー4日目は、先日大人気だったカーバリー(=Carvery、目の前で塊肉を切り分けてくれるロースト料理のスタイル)のパブWilliam Armsを再訪しました。
c0132488_20273544.jpg
週末だったせいもあってか前回来たときはカーバリーを供するレストランは長蛇の列で私たちはバーエリアでアラカルトを食べることに。
この日ははりきって予約を入れていったものの、がらーーん。
c0132488_20292890.jpg
ローストされるお肉は日替わりのようでこの日はポークとラム、私はラム肉が苦手なのでポークを中心によそってもらい、つけ合わせは自分で好きなだけ盛りました。

先日ありつけなかったせいで期待が高まっていたお味のほうはというと、おいしいことはおいしかったのだけど、正直行列するほどでもないのかも?(汗)
びっくりしたのはそのお値段で、こんなに大盛りで確か7.25ポンド!人気の秘密は値段とボリュームにもありそうです。

ロースト料理は通常日曜日にいただくのがイギリスの風習なのですが、北デヴォンには平日でもこのカーバリーを出すパブがたくさんある(正確にいうと、カーバリーを出さないパブを見つけるほうが難しかったくらいな^^;)ので、何店か食べ比べるのもよいかもしれません♪
c0132488_203882.jpg
北デヴォンの知られざる名物(?)カーバリーを堪能したあとは、この辺りでは大きめの街Barnstableを訪れました。
c0132488_205423.jpg
150年の歴史がありこの街の見所としてあげられるPannier Marketへ。
c0132488_20433811.jpg
水曜日のアンティークマーケット(骨董市)にあわせて行きました。
c0132488_20443887.jpg
レースがお手ごろだったストール。
c0132488_2048114.jpg
時計や雑貨。
c0132488_20484945.jpg
ヴィンテージのスクーター。
c0132488_20493694.jpg
レトロなラジオはきちんと動いていて30ポンドくらいだったので思わず買いそうになったら、相棒が横でレプリカだよとつぶやくのでやめました。
c0132488_20511823.jpg
アンティークではないけれど、いい感じのキッズ用チェア。
c0132488_2052063.jpg
小麦粉メーカーHomeprideのキャラクターは、コレクターアイテムになっているようです。

ぽつぽつと気になるアイテムはあったものの、アンティーク人気は不景気になって以来下火なせいか、この骨董市もちょっと活気にかけていたような印象を受けました。
c0132488_20561567.jpg
お茶休憩にティールームを探すものの見つからず、目抜き通りの端にあったRoyal & Fortescue Hotelに入ってみました。
c0132488_20591334.jpg
ラウンジは人気(ひとけ)もないしこれはまた選択を間違ったかも、と一抹の不安がよぎる・・・笑
c0132488_2102180.jpg
運ばれてきたクリームティーは、素っ気ない感じの巨大スコーンがふたつ。
あまり期待せずに食べてみると、しっとり系で意外とおいしい!
クリームティーNo.5の判定:★★★☆(堂々の星3個半です!見た目だけで判断するのはよくないという教訓かも)
c0132488_2137485.jpg
そのあとは、少しだけ街を散策・・・
c0132488_21373349.jpg
グラフティーも見かけました。
お天気もイマイチだったので、早々にBarnstableをあとにしました。
c0132488_21393699.jpg
この夜の夕食は軽めにコールドミート+チーズの盛り合わせとスープを、貸しコテージオーナーからのプレゼントであるサイダー(りんごのお酒、仏語でいうシードル)とともに。

次回5日目の旅行記ではエクスムーアに向かいます。
[PR]
by hammohammo | 2011-07-10 21:07 | 北Devon&Exmoor2011

北デヴォンとエクスムーア6 「トンネル・ビーチ」

c0132488_16585113.jpg
『トンネルを抜けると・・・』
c0132488_1703061.jpg
3日目のランチ後、せっかくの気持ちよい快晴だったので帰りがけにIlfracombeTunnel beachesに寄ってみました。
c0132488_1731641.jpg
入口にはこんなレトロな看板も残っています。
c0132488_177747.jpg
トンネルを抜けると・・・
c0132488_178488.jpg
そこはビーチだった!
c0132488_1784885.jpg
この建物を貸しきってビーチでウェディングを挙げることも可能だそう♪
c0132488_17475062.jpg
当時のボイラーも見学可能。
c0132488_17491979.jpg
ビーチ・ショップもありますが、残念ながらこの日は閉まっていました。
c0132488_17485298.jpg
トンネル・ビーチは、1823年に人力によって掘られたトンネルをくぐると現れるユニークな砂浜です。
c0132488_1750482.jpg
巨大な岩を削ってあり岩で囲われたプール状になっているので、子どもでも安全そう。
c0132488_1753760.jpg
4つのトンネルとこの半人口プールを作り上げ、当時貧しい漁港だったIlfracombeを一躍ビーチリゾートに仕立てあげたヴィクトリア時代のエンジニアリングとアイデアに敬服!
c0132488_1755349.jpg
水温が低いので泳いでいる人はいなかったですが、ワンコが嬉しそうに海水浴☆
c0132488_17563259.jpg
浜辺横の岩の上を歩いていくと別の小さなビーチがひょっこり♪
c0132488_17565941.jpg
長い間の侵食と波によってこんな形になってしまった岩や・・・
c0132488_182122.jpg
斜めに層が入った岩・・・
c0132488_17582061.jpg
私たちが朝通ってきた小さな岬も見渡せます。
c0132488_1759171.jpg
水平線をぼーーっと眺めるもよし♪
c0132488_1803115.jpg
ボクはやっぱり砂遊び・・・☆
c0132488_1813711.jpg
ふたりずつ家族写真も撮影♪
c0132488_1824294.jpg
トンネルビーチに隣接するカフェもラブリー!(ビーチ入場料払わずにカフェだけにもよることも可能)
子供用に外のプレイエリア(無料)、室内ソフトプレイ(有料)があります。
c0132488_1841164.jpg
海辺にありがちな寂れた感じではなく、インテリアもスタイリッシュ☆
c0132488_1845375.jpg
この日のスコーンは見た目はパーフェクト!
クリームティーNo.4お味の判定:★★★☆(おいしかったものの感動するほどではなかったので、星3個半)
c0132488_1865739.jpg
とってもユニークなトンネルビーチは入場料がかかるものの一日まったりしてもOKだし落ち着けるカフェもあるので、北デヴォンの個人的一押しスポットです。
[PR]
by hammohammo | 2011-07-07 17:10 | 北Devon&Exmoor2011 | Comments(4)

北デヴォンとエクスムーア5 「Woolacombe周辺」

c0132488_1953454.jpg
ホリデー4日目のお天気はイマイチ・・・
c0132488_1972866.jpg
それにもめげずにWoolacombeというビーチへ出かけました。
c0132488_1982556.jpg
2日目に訪れたSaunton Beachの近くです。
c0132488_1910351.jpg
いい波が来るようで、ここにもサーファーがいましたよ。
c0132488_1913069.jpg
晴れ女の本領発揮で、段々晴れ間が・・・♪
c0132488_1914645.jpg
海水の浅い部分に青空が反射していました。
c0132488_1916612.jpg
ビーチにはちょっとしたキッズ用の乗り物や、カフェとショップがありました。
c0132488_19165254.jpg
ランチの場所を求めて、お店が連なる通りのほうへ・・・
c0132488_19203927.jpg
他のお店は庶民的な感じなのですが、ひときわお洒落な雰囲気だったThe Woolacombe Bay Hotelのブラッセリーに入ってみることに。
c0132488_1918695.jpg
コージーなバーエリアもあったけれど暗かったので、光が差し込む吹き抜けのテーブル席に座りました。
c0132488_19224264.jpg
相棒はスズキのグリル、ライスコロッケ添え★
c0132488_19233225.jpg
私はロブスター(オマール海老)のリングイネを注文☆
メニュー内容と味が地方なのにレベルが高い!
c0132488_19262229.jpg
デザートはココアパウダーで描かれたフォークが可愛いティラミス♪
c0132488_19273383.jpg
トイレに行くついでにバーエリアとホテルもちらっと覗いたけれど、スタイリッシュなデコで素敵でした。
c0132488_19291023.jpg
食後は少し街中を歩いてみたのですが、Woolacombeの店舗デザインってなんだか独特でした。
c0132488_19301942.jpg
ものすごく派手!?
c0132488_19313924.jpg
イギリスらしからぬ、色使いととにかく大きなロゴが特徴でした。
もうひとつその中でもダントツに派手なカフェがあったのですが、テラス席にお客さんがたくさんいて正面から写真を撮りにくかったので撮影できなかったのがやや心残り・・・笑
c0132488_19561052.jpg
駐車場に向かう途中で見かけた鳩on英国旗☆
c0132488_19565421.jpg
Woolacombeを後に海沿いの道路を北に向かいました。
c0132488_19581425.jpg
美しい海岸線が見渡せます☆
c0132488_19592396.jpg
何度も停車して撮影・・・笑
c0132488_19595232.jpg
丘をあがると、(名前は忘れてしまいましたが)可愛いヴィレッジがありました。
c0132488_2004239.jpg
羊と海、ちょっと意外な組み合わせ?このあたりの土地はNational Trustによって保護されているようです。
c0132488_2015016.jpg
眺める分には(あとサーファーにとっても)北デヴォンは本当に美しいビーチの宝庫です。
[PR]
by hammohammo | 2011-07-04 19:42 | 北Devon&Exmoor2011 | Comments(8)

北デヴォンとエクスムーア4 「Blakewell Fisheryとクリームティー」

c0132488_5283942.jpg
北デヴォン3日目は、まず食材調達することに。
せっかく新鮮な食材が揃っているのだからチェーンスーパーではなくローカルなお店で買いたい!ということで、カーナビを頼りにファームショップに行ってみる事に・・・
c0132488_5304051.jpg
着いてみたらBlakewell Fisheryの名が示すように、マスの養殖所がメインでお目当てだったパンや野菜は皆無だったので、新鮮そうだったイチゴと調理ソースなどを購入。
c0132488_533196.jpg
朝の11時にも関わらずなんとなく消化不良な買い物だったので(思わず?)クリームティーを注文。
しかし衝撃の事実を目にしてしまう・・・パカっと冷凍庫から取り出したスコーンを電子レンジでチーン!
今回の旅No.2のクリームティーの評価:★(星ひとつ!味というよりは冷凍ものという時点での評価ですが^^;)
c0132488_5364010.jpg
気を取り直して外を散策!こんな巨大(大人の顔の大きさくらい)な葉っぱの植物が・・・
c0132488_5381489.jpg
この日はお天気が快晴で、瑠璃色のマスが水の中でキラキラ光ってました。
c0132488_5391032.jpg
釣りもできるようだったのですが、うちは子どもが小さいので餌をかってあげてみたところすごい食いつきでした(笑)。
c0132488_5404581.jpg
錦鯉がいる池や・・・
c0132488_5412648.jpg
ちょっとしたガーデンエリアもありました。
c0132488_5421878.jpg
その後貸しコテージ近くのCombe Martinに戻りました(写真は↑ローカル・ベーカリー)。
c0132488_5435894.jpg
この日の海は前回と大違いでまぶしいほどのマリンブルー!
c0132488_5444932.jpg
干潮でした。
c0132488_5452727.jpg
この日は浜辺まで降りるつもりはなかったのですが、あまりの美しさに行ってみる事に。
c0132488_5471857.jpg
右側が歩いていけるように平らに整備されています。
c0132488_549271.jpg
干潮で海から隔離された溜め池状態の場所でなにか釣ろうとしているファミリーが結構いました。
c0132488_551877.jpg
獲物をのぞかせてもらったら、味噌汁に入れでもいいくらいの結構立派な蟹♪(でも大抵のイギリス人は純粋に釣りを楽しんだらまた海に放すんだろうなぁ・・・)
c0132488_554962.jpg
大きな岩がたくさん。
c0132488_553830.jpg
かなり険しい岩によじ登るガッツのある子供たち・・・!
c0132488_5551719.jpg
岸壁にかもめの巣があるようでした。
c0132488_5563063.jpg
別の角度から見るとこんな傾斜、北デヴォンは風が強いそうで木がものすごい角度に!
c0132488_558570.jpg
水温も気温もそれほど高くないので泳げはしないのですが、青空と穏やかな海を見ているだけで心が和む♪
c0132488_546252.jpg
Lは砂場遊びさえできれば何時間でもこのビーチで過ごせそうでした。

さて、この日のランチは、Combe Martinにある洒落っ気のない雰囲気のハーバーカフェという場所。

c0132488_5592022.jpgc0132488_5585972.jpg
チキンバーガーはふつ~に美味しかったです。
ちなみにここに入ったのは地元の人に「Combe Martinで美味しいクリームティーを出すところ」だと聞いたからで、相棒とLとシェアするように頼んだのですが、残念ながらこのスコーンも微妙・・・。
クリームティーNo.3評価:★★(ふたつ星)
c0132488_635289.jpg
不覚にも一日で2回もクリームティーの選択をはずしてしまい、こうして美味しいクリームティーを求めてさまよう旅が本格的に幕を開けたのでした・・・(笑)。
[PR]
by hammohammo | 2011-07-04 06:07 | 北Devon&Exmoor2011