カテゴリ:アンティーク&インテリア( 11 )

700年の歴史と由緒あるお屋敷で出版パーティー

c0132488_17574367.jpg
昨春に私が撮影コーディネートさせていただいた「未来の主役 地球の子どもたち『歴史のとりこになった少年』」に出演してくださったお子さんのママである、Victoria Blashford-Snellさんのレシピ本Canapés の改訂版・出版記念パーティーにお邪魔して来ました。

最近出版イベントづいている私ですが、今回は元々Victoriaさんのお友達でテレビ取材時にVictoriaさんを紹介してくれたPlodさんに誘っていただきました。
c0132488_183589.jpg
会場となったのは南サマセットにある、North Cadbury Court(★↑この写真はPlodさん撮影★)
もともとはチューダー王朝時代に建てられ、その後何度か改築がなされた700年の歴史を誇るお屋敷だそうです。
c0132488_1861542.jpg
正規フォトグラファー以外は写真を撮っている方が皆無だったため気が引けスマホ撮影がほとんどで画質がよくないのですが、雰囲気だけでも・・・♪
ジャコビアン様式のレセプション・ホール↑
c0132488_1872924.jpg

重厚な調度品と暖色ファブリックでまとめられたラウンジ
c0132488_1881249.jpg
ひろーーいビリヤードルーム
c0132488_1894313.jpg
木製パネルの螺旋階段
c0132488_189044.jpg
このお屋敷では新しい部分にあたるジョージアン様式の螺旋階段
c0132488_18101955.jpg
アンティーク調の椅子カバーにすっぽり包まれた水洗トイレ!(めずらしいのでつい写真に収めてしまいました^^;)
展示品ではなく来場者用に開放されていて、一瞬どこにトイレがあるのかわからず目が点に(笑)。
c0132488_181388.jpg
肝心の出版パーティーですが、100名ほど招待客が集ったところ中盤でVictoriaさんのごあいさつがありました。
c0132488_18141880.jpg
レシピ本から繊細で美しく、目にも口にもおいしいカナッペの数々がふるまわれました♪
こんなにおいしいタラのフライは生まれてはじめてっていうくらい新鮮でカラッと軽い口当たり!
c0132488_1816563.jpg
ベトナム風の一口サラダ
見た目にも味付けにも趣向を凝らしたカナッペはおもてなしや、パーティーにぴったり!欧州在住の方はイギリスのAmazonで購入可能ですのでぜひお試しを♪
c0132488_1812283.jpg
お花のアレンジも豪華!
c0132488_18171088.jpg
イギリスのパー子としては、やはり記念撮影もかかせません(笑)。
まずはVictoriaさんのご友人で、BBC Good Foodや英版Elle DECOでご活躍中のフード・ライターJennifer Joyceさんと☆
c0132488_18193920.jpg
Victoriaさんを囲んでPlodさんと久々にお会いしたT子さん(VictoriaさんとPlodさんの共通のお友達)と☆
c0132488_1820516.jpg
シャンパンやキール・ロワイヤルがまるで水かのように注がれ続け、夢見心地でパーティー終了。
c0132488_18215413.jpg
この晩はPlodさん宅に泊めてもらいました。
雑誌に出てきそうなラブリーなお部屋に宿泊♪
c0132488_18225918.jpg
Plod邸は、英国アンティークと北欧家具が調和されてステキな空間です。
以前散々カメラ小僧になったので今回はこれくらいで(笑)。
c0132488_18253861.jpg
この晩はガールズトークが留まることを知らず、気がつけば午前1時半(^ー^;)
翌朝はクロワッサンとPlod印のマーマレイドの朝ごはんまで出してくれて、今まで泊った中で最高ランクのB&Bでした!

その後寝不足気味ながら車を飛ばして午前9時には自宅に戻り、10分で支度を済ませLの音楽クラスへと向かい日常生活へと戻ったのでした。
[PR]
by hammohammo | 2012-11-17 18:30 | アンティーク&インテリア | Comments(4)

The Bath Flea & Vintage Market

c0132488_633856.jpg
日曜日にバース競馬場で開催されたThe Bath Flea & Vintage Marketに行ってきました。
c0132488_661999.jpg
ビンテージの食器や小物、Shabby chicの家具やアンティークなど、ビンテージが中心なものの幅広いセレクション。
c0132488_681971.jpg
ドールハウス用のミニチュア家具
c0132488_69425.jpg
テディベア
c0132488_694990.jpg
ビンテージの布を使ったクッション
c0132488_6102930.jpg
ドール用のベッド(それとも新生児用ベッドかな?)
c0132488_611136.jpg
トランクに入れるディスプレイは真似したい♪
c0132488_6122016.jpg
アンティーク(風)の暖炉のお掃除用具
c0132488_613623.jpg
珍しい楽器
c0132488_6134637.jpg
ブリキの電車(あいにくの雨で濡れちゃってますが^^;)
c0132488_6142747.jpg
キッチュなキッチン雑貨
c0132488_6151720.jpg
レトロなレコードプレイヤー

入場料(大人3ポンド)を払うこういうイベントでは、ついつい何かを買わないといけないような気分になってしまう私がお持ち帰りしたのは・・・
c0132488_6161645.jpg
左上は、ゴールドの暖炉ガードと、薪をくべるときに使うコンパニオン・セット(ゴールドの二本の棒状のもの)。
それから右上は、ルパートベア・クッションとMappin & Webbのジャムポット♪
老舗メーカーなのに破格でゲット!と思ったら、家に帰ってよくみたらグラスのひとつが違う形でした(^ー^;)

ビンテージやアンティークは一期一会なので気に入ったものがあるかは運次第ですが、何度か通うと掘り出し物にめぐりあえる楽しみがあります(次回は1月22日開催予定だそう)。
[PR]
by hammohammo | 2011-12-10 06:29 | アンティーク&インテリア | Comments(6)

Stroudのマーケットとアンティーク

c0132488_19273326.jpg
先週末は、以前から行ってみたかったStroud(ストラウド)というコッツウォルズのマーケット・タウンに行きました。
c0132488_1932699.jpg
市場がたつ土曜日を狙っていったところ、大変な賑わい。
c0132488_192858100.jpg
行列ができていたお肉屋さんのオーガニック・ハンバーガー、タイ屋台からチキンサテーと春巻きをほおばりながら・・・(写真一番右下をよーく見ると「北海道かぼちゃ」!)
c0132488_19374245.jpg
勝手にこじんまりした街を想像して行ったらかなり大きな街だったのでびっくり☆
c0132488_19312289.jpg
趣のある路地にも出会いました。
c0132488_1932525.jpg
そして、Stroud郊外にあるアンティークセンターGriffin Millへ移動
c0132488_19341126.jpg
異彩を放っていた巨大なオウム!?
c0132488_19353620.jpg
倉庫の中はいくつかのセクションに分かれていていろんなディーラーさんが間借りをしてアンティークやヴィンテージを販売するスタイルで見ごたえがありました(バギーでもなんとか通れました)♪

◆この日のお買い上げの品◆
[PR]
by hammohammo | 2011-05-09 19:49 | アンティーク&インテリア | Comments(14)

ガールズ和食ランチ & 両親渡英

c0132488_21325765.jpg
先週PlodぽんとH子さんがうちに遊びに来てくれました。
元気がでそうなビタミンカラーのお花はPlodぽんから♪
c0132488_21341095.jpg
遠いところわざわざ来てもらったので、私にしては頑張った(?)和食&日本の中華の献立で、ひじきご飯、手作り餃子、マーボー豆腐、きんぴらごぼう、ホタテだしのとろろ昆布すまし汁、小豆の白玉だんごを用意しました。
それに加えて写真写りが非常に悪いですが、H子さんが貴重な真空パックのイカメシを持参してくれました(5年以上ぶりに食べたかも~☆)

ガールズトークで大笑いしてあっという間に楽しい時間が過ぎていきました。
二人ともどうもありがとう♪また遊びにきてねー!!

さらに詳しい当日の様子は、Plodぽんがものすごく素敵な記事にしてくれました(Plodぽんは褒め上手なので、私のこととは思えないほどよく書いてくれています^^;)。

さて、この翌日には私の両親が無事イギリスに到着しました。
c0132488_2173690.jpg

今回は5週間と長い滞在なのもあり、到着前にははりきって模様替えなぞ・・・。

●ゲストルーム
c0132488_2193029.jpg
母に新婚さんみたい・・・と言われた↑布団カバー(笑)。
c0132488_211024100.jpg
ベッド横にあったアンティークのたんすの位置を移し、その上に小さなTV&DVD↑(カバーがかかっている)を設置。
夜など私たちに気を遣わずのんびり日本語DVDを見たいときに便利かなと。

●リビング
c0132488_21122281.jpg
バース地区では4月からデジタル放送が始まることもあり、セールで↑液晶テレビ(HD TV)を購入♪
c0132488_2114044.jpg
みんなでテレビを観たり団欒できるように、部屋の隅っこに置いてあった↑アームチェアを移動。

たくさんのおみやげを持ってきてくれたのですが、その一部公開。
c0132488_21153465.jpg
↑京都名物おたべ、カステラ、白い恋人などの懐かしいお菓子と、ホームメイドのブルーベリージャム大瓶♪
c0132488_2117688.jpg
中でもおたべは昔父が京都出張から戻ってくるたびに買ってきてくれたので、幼少の思い出の味です。

このほかにもほぼスーツケース一個分の食材を持ってきてくれました。
とくに漬物は密売業者か!?というくらいたくさんあって思わず絶句・・・(笑)。一年くらいは漬物に困らない量です。
本人たちが食べたいからっていうのもあると思いますが、ロンドンから大体のものはオンライン購入できるから最小限でいいと言っておいたし(^^;)、やっぱり親心ですよね。

ということで、両親到着以来和食オンパレード♪
c0132488_21223116.jpgc0132488_2123567.jpg
とある夜は、鮭鍋をしました。
ゴマだれにコチジャンをプラスしてみたら、これが何気にヒット!

そして土曜日はバース中心部へ・・・

c0132488_21251467.jpgc0132488_2128184.jpg
私のお気に入りのFine Cheese Co. で軽いランチをとりました。

c0132488_21305560.jpgc0132488_21312430.jpg
チーズ・ツイストとクロックマダム(*通常はのっている卵がのってなかったけど)。

両親は時差ぼけや長旅の疲れが大分とれてきたようで、家族で楽しい時間を過ごしています。
[PR]
by hammohammo | 2010-01-25 21:54 | アンティーク&インテリア | Comments(13)

Bath Reclamation Yard + Sushi Lunch

c0132488_6465362.jpg
先日PlodぽんとH子さんがBathに遊びに来てくれました♪
そのときにPlodぽんが暖炉関係で探し物があったので、BathのWalcot Reclamationという教会や古い家屋から取り外されたパーツや古道具を売っている倉庫のようなお店に行きました。

一口にパーツや古道具といっても通常のアンティーク店とは趣が大分違い、教会の椅子やステンドグラスから、暖炉から煙突、庭におく彫刻、ドアノブや取っ手にいたるまで、ピリオド・ハウス(百年以上前に立てられた古い家)の住人や古道具通好みの一点ものが雑然と並んでいます。

c0132488_6521170.jpgc0132488_6534451.jpg
c0132488_6541061.jpgc0132488_6543382.jpg
c0132488_6545785.jpgc0132488_6551979.jpg
c0132488_6555682.jpgc0132488_6561760.jpg


見方やひとによってはガラクタのようなものでも、年月を重ねることででしか出ない味わいがある品々は、どこか落ち着くというか温もりを感じるし、お値段もピンからキリまでとはいえ目の保養になります。

こういうお店が成り立つのは、数百年前の家が何度も補修を重ねできる限り建築当時のまま大事に保存される習慣があり、古いものを愛する国イギリスならでは。

さて、その前後にはクリスマス関係のショップもめぐりつつ、ランチに訪れたのはYEN SUEHI
c0132488_705262.jpg
H子さんとPlodぽんはにぎりセット。
c0132488_72536.jpg
私は温かいものを・・・ということでおすし屋さんなのに、弁当BOX。
イカリングフライ、エビフライ、揚げ豆腐、揚げ茄子のセットです。

ランチ後も少しウィンドウ・ショッピングしてその後もお茶タイムで、ガールズ・トーク☆炸裂でとっても楽しかった♪♪
また遊びにきてね~!

◆おまけ・カフェ二軒紹介◆
[PR]
by hammohammo | 2009-11-28 07:24 | アンティーク&インテリア | Comments(18)

Whitehall Garden Centre in Lacock

c0132488_22103224.jpg
先週ガールズ・ランチのパート1の後、以前から噂に聞いていた(?)Lacock郊外にあるWhitehall Garden CentreにR子ちゃんと寄ってみました。
このガーデンセンター、とにかくものすごく大きいんです!なんでもLacockに観光でやってきたツアー・バスも乗り付けるとか?

まずガーデン・ファニチャー、植物の苗木、鉢植えの花など。
c0132488_22164629.jpg
お次は、熱帯魚、ウサギ、爬虫類などのペット・コーナー。
c0132488_2247173.jpg
ペット・コーナーではふれあい体験(爬虫類ですが・・・笑)も。

センスの良いガーデン小物やインテリア雑貨も豊富!
c0132488_22225077.jpg
ここではR子ちゃんと思わず真剣に品定めしました・・・。

ファームショップとカフェ(平日の昼間なので見事にシルバーの方たちばかり^^)も併設。
c0132488_22302729.jpg
ファームショップで当日の夕飯用食材も購入♪

それから、イギリスのガーデンセンターである意味ひとつの名物(?)ともいえるくすっとさせられる商品の数々。
c0132488_22522996.jpg
ジーンズに小鳥がとまった鉢植え、猫のおまるみたいな鉢植え、登っている小人の瀬戸物、豚みたいな猫の置物がずらり・・・などなど。じっくりみるとかなり面白いモノがあります。

気がつけばここで3時間近くもうろうろしていたようです。
ガーデニング好きじゃなくてもここまで楽しめてしまうこのガーデンセンター、まさに大人のワンダーランド!?
c0132488_22425319.jpg
この日最後の〆はバース手前で見えてくるこの眺め!

●お買い上げの品
[PR]
by hammohammo | 2009-05-20 22:58 | アンティーク&インテリア | Comments(18)

Bath Decorative and Antiques Fair 2009

c0132488_352423.jpg

バース中心部からエイヴォン河を渡ったところにあるBath Pavillionで行われたアンティークフェアに行ってきました。

c0132488_375150.jpgc0132488_3112186.jpg
この日はトレーダーまたは招待状所持者Onlyの日だったのですが、オープン直前に着くとこんなに並んでいてびっくり!
まるでバーゲン初日のようで、通りすがりのおばあさんも「今日は何があるの!?」と聞いていたほどでした。

c0132488_315077.jpgc0132488_3205136.jpg
c0132488_3224094.jpgc0132488_3291758.jpg
c0132488_4313278.jpgc0132488_4323892.jpg
c0132488_3312659.jpgc0132488_3353453.jpg
c0132488_3361549.jpg

フランス・北欧・オランダ系のラスティックな田舎風家具が気になる今日この頃の私の好みが反映して、そういう感じのブースの写真ばかりを撮りましたが、ローズウッドやオークなどの英国調ファイン・アンティークのブースもありました。
夫婦揃ってアンティーク好きなH子さんの豆知識を聞きつつのアンティーク・チェックは、とっても勉強になりました♪
このフェアは今週土曜日まで開催中。

◆アンティーク見学のあとは寿司ランチ◆
[PR]
by hammohammo | 2009-03-07 03:52 | アンティーク&インテリア | Comments(28)

アンティークフェア @Shepton Mallet

c0132488_434461.jpg


真ん中の義兄夫妻が金曜日の夜から泊りがけで遊びに来ました。
アンティーク通の義理兄がシェプトンマレットというサマセットで行われる大規模なアンティーク・フェアにあわせて計画した週末プラン。

c0132488_473360.jpgc0132488_485021.jpg
私たち夫妻はこんな大規模なアンティーク・フェアに行くのは初めてで、駐車場から入口まで10分くらいは歩いたかも!?屋外・屋内あわせて約600ものディーラーがストールを出店。

●可愛かったストール(Lovely stalls)

c0132488_4121872.jpgc0132488_4125149.jpg
オーナーのセンスが光るビンテージのお店↑

c0132488_4133112.jpgc0132488_414635.jpg
アンティークではないけれど、キュートな雑貨小物↑

●ちょっと風変わりなものたち('Interesting' stuff)

c0132488_4145011.jpgc0132488_416658.jpg
c0132488_4164341.jpgc0132488_4171544.jpg
こういう犬(竜?)の置物↑は、何気にかなり高価だったりします。マネキンはちょっと怖い・・・。

●屋内の様子(Indoor stalls)

c0132488_4181074.jpgc0132488_4184192.jpg
屋内にもびっしりストールが並んでいて、ものすごい人手でした!

屋内でこの近所に住んでいるH子さん夫妻にばったり!アンティーク好きのふたり、ひょっとして会場で会うかもね~とは話していたものの、何しろ敷地内が広いので「これは探すのは無理だわ・・・」と到着後に思っていたのですが、結局会場内で3回ほどふたりに遭遇、購入したものをお互いに見せ合いました♪

●その他

c0132488_4234597.jpgc0132488_4241261.jpg
敷地内にはミニ電車↑も。アンティーク・ハントに夢中の飼い主をまちわびている(?)わんこ↑

c0132488_4262681.jpgc0132488_427346.jpg
お店番のわんこ・・・・・・・・・・・・・・・と思ったら ⇒ なんと売却済み(Sold)!(爆)どなどなどーなーどーーなーー060.gif(泣)

●お買い上げの品(My purchases)♪
[PR]
by hammohammo | 2008-09-23 04:45 | アンティーク&インテリア | Comments(29)

アンティークハントへ‐Nailsworth & Tetbury

c0132488_614851.jpg

一面の菜の花 - 山村暮鳥の詩「いちめんのなのはな」を思い出しました。

日本はゴールデンウィークでいいなぁ~と思っていたら、実はイギリスも今週末は月曜日までお休みの3連休。
相棒に金曜日の夕方「わ~い明日から3連休だ~♪」と言われるまで気づきませんでした、私は会社勤めじゃないからということで (^^;)

4月の第二週からずっとお出かけ続きだったので、久々にふたりで過ごす週末♪
ドライブ&アンティークハントをかねて前から行ってみたかったグロスタシャーのNailsworthへ行って来ました。
自宅からは私のへぼへぼ運転でも40分弱(飛ばせば30分くらいかな)

小さな町だけど、いい感じのインテリアショップや可愛いクラフトショップなどがありました。

c0132488_6244813.jpgc0132488_6253591.jpg

c0132488_626434.jpgc0132488_6264684.jpg
ここでもHobbs House Bakery発見。この店舗はカフェつきだったので、ここで休憩。
3時くらいまでは軽いランチも食べられるみたいです。

c0132488_6284930.jpg


お店の前には時計台と桜の木が・・・・。

c0132488_6291829.jpgc0132488_629528.jpg

ところでNailsworthを初めて知ったのは、ブログで交流させていただいてるロンドン在住でアンティークがお好きなSaoriさんのブログ「Strawberry and Vanilla Cream」。Saoriさんの記事の中でもお勧めしていたこのお店にとくに行ってみたかったのでした♪

c0132488_6204091.jpg


それがこちらのお店Old Mother Hubbard。私たちのお目当てのものはなかったので見ているだけだったけど、可愛らしいアイテム満載のShabby chic(田舎風だけどシック、といえばいいのかな?)な感じのお店で目の保養になりました。Saoriさん、情報どうもありがとうございました♪

c0132488_6211940.jpgc0132488_6214454.jpg
Nailsworthを堪能したところで、Tetburyまで約4マイル(6.4キロ)ほど車を走らせます。

◆Tetburyのアンティーク◆
[PR]
by hammohammo | 2008-05-05 06:59 | アンティーク&インテリア | Comments(26)

Sussexの週末二日目「オークションとアンティーク店」

c0132488_195104.jpg


義兄宅訪問二日目。
コンサーバトリーで朝食をとったあとは、ヨーロッパもののアンティークに詳しい義兄とオークションハウス巡りへ。

まずは車で25分くらい飛ばしてこちらへ。

c0132488_1971788.jpg


倉庫のように広いオークションハウス内には、家具、ジュエリー、陶器、小物などがコーナー別にずらりと並べられていました。
今回はオークションにかけられる品のViewing(下見)の日で、実際に競売がおこなわれているわけではありません。オークションハウス初訪問の目的は、アンティークコレクターの義兄にいいものを見分けるこつを教えてもらうこと。

c0132488_1981632.jpg


ここで気に入ったのは、アンティークとしては大して価値がないだろう、スツール。
バーで使われていたもののようで、ロンドンのメーカーのプレートが裏についていました。キッチンでちょっと腰掛けるのにちょうどいい高さと、座る部分の板がカーブを描いていて座り心地が良さそうだったのがポイント。予想価格は、20~50ポンド。

でもオークションが開催される火曜日まで私たちは滞在しないのもあって、あきらめました。
あらかじめ固定価格を入札しておくことも、当日電話でもインターネットでも参加することもできるし、今度会うときまで保管していてくれると義兄がいったのですが、相棒が近くでも絶対似たようなものが見つかるはずだと断固拒否。→確かに義兄夫妻にクリスマスにもらったサイドテーブルも実はまだ義理両親のところに置いてあるし、すぐに使えないものばっかり集めてもね・・・(^ー^;)

次に向かったのはルイスの街のはずれにあるオークションハウス。

c0132488_19182884.jpg


c0132488_19191524.jpgc0132488_19194779.jpg
ここではデスクを中心に見ました。普段私はPCを使うときは、ダイニングテーブルの上か、今もこうしてラップトップをまさに膝においてタイピングしています。小部屋におけるこんな小さなデスクが理想的♪両方ともデスクというより、サイドテーブルですが、こういうマホガニー(木の種類)のものが素敵!
でもお値段はやっぱりそれなりなので、やっぱり見てるだけ・・・。

義兄に習ったチェックポイントは、表面上の美しさだけでなく、机だったら引き出しを開けて横のつなぎ目をチェックすること。金具がなかった時代の昔ながらの技法では接続部をギザギザにカットしてふたつの板をつなげています。その処理の丁寧さ、繊細さでクオリティがある程度わかるそう。

c0132488_1927476.jpgc0132488_19274927.jpg
ちょっと珍しいものも。ワインを冷やしておくためのものだそう。
ふたをあけるときちんと水がもれないように内側に金属加工されていました。

c0132488_1926066.jpg


こんなレトロなティーセットもありました。値段もそんなにしなかったし、デザインが私の好み♡
でもやっぱり見てるだけ~。今回は見る目を養うのが目的だから。。(笑)

さて、オークションハウス(見学)デビューも果たしたところで、ルイスの街の中心部まででてランチタイム♪

c0132488_193517100.jpg


ここで乗馬を終えた義姉も加わります。
義姉はもうずっと雨の日も、雪の日も、春夏秋冬、土曜日の朝は必ず乗馬クラブに通っているそうです。だからイギリス人女性にしては(ひとこと余計?笑)スリムだったのね~。次回は義姉にくっついて乗馬デビューかな!?

c0132488_19355852.jpg


スリムな義姉を見習いたいはずが、私が注文したオムレツは、卵よりチェダーチーズの量が多い高カロリーな一品。
でも久々のオムレツはふわふわでおいしゅうございました♪

この後はルイスのお店をぶらっと。
素敵なアンティーク店、デリ・カフェ、インテリアショップなどがありました。

c0132488_1953546.jpgc0132488_19542974.jpg

c0132488_1952401.jpg

c0132488_19511076.jpg

c0132488_19494384.jpgc0132488_19501456.jpg

c0132488_19514590.jpg


この日ルイス城も訪れたのですが、長くなったのでまた次回!

◆久々のば・と・ん◆
[PR]
by hammohammo | 2008-04-24 22:13 | アンティーク&インテリア | Comments(23)