2011年 06月 13日 ( 1 )

ナショナルトラスト巡り3 バース・アセンブリールーム + カントリーハウス・ランチ

c0132488_4494352.jpg
Aちゃんのナショナルトラスト巡り3日目は、Bath Assembly Roomsへ。
c0132488_451298.jpg
華やかなジョージ王朝時代の社交界の中心になったボールルームで、1771年の完成時には「最も高貴でエレガント」と形容されたほど。
c0132488_4551571.jpg
細部まで装飾がほどこされていています。
c0132488_4555220.jpg
同館内にはファッション美術館も併設されており、NT会員ならこちらも無料で見学可能(ちなみにバース市民もBath Discovery Cardを提示すれば入場無料)。
このときはウェディングドレスの展示もあり、しばしうっとり☆
c0132488_50590.jpg
この日のランチは、のどかな風景を眺めつつバース郊外のLucknam Park Hotelというカントリーハウスへ。
c0132488_563780.jpg
ここのメイン・レストランはミシェランひとつ星を獲得していますが、今回はカジュアルなブラッセリーへ。
c0132488_57587.jpg
本館と打って変わってガラス張りのモダンなレストランは、光が差し込むオープンな雰囲気。
c0132488_594561.jpg
Aちゃんのスターターは、確か白身魚のフライ。
c0132488_5102958.jpg
私はチャレンジ精神を持って、初挑戦のブラック・プディングとポークカツ。
小ぶりのカツは柔らかくてジューシー、ブラック・プディングは平たくいうと血入りソーセージなのですが(汗)素材がいいのか生臭くなくなかなかいけました。
c0132488_513427.jpg
Aちゃんのメインは、ロースト・ポーク。
とっても美味しかったそうで、こんなにボリューミーなのにほぼ完食してました♪
c0132488_515860.jpg
私のメインは白身魚(多分アンコウ)のムール貝とフェネル入りクリームソース☆
このソースがコクがあってフェネルの風味と好相性。
c0132488_518546.jpg
Aちゃんのデザートは、ルバーブ・クランブル(ほろほろとしたビスケット生地をルバーブという赤いふきのようなフルーツに乗せて焼いたもの)のハニーアイス添え。
c0132488_5205153.jpg
私はイチゴタルトにバニラアイスを添えてもらって。
本当はバジルのアイスだったのをバニラに変えてもらいましたが、イチゴの酸味がトマトのようにバジルに合うのかも。
c0132488_523513.jpg
ブラッセリーはスパの隣にあるので、ガウンのまま食事をしている人や、宿泊客だと思われるベビーや小さなお子さん連れでにぎわっていました(この雰囲気だったらLも気軽に連れてこれそう)。
c0132488_525316.jpg
食事の前後にはせっかくなのでガーデンとカントリーハウスを見学☆
c0132488_527125.jpg
お手入れが行き届いて見事の一言!
c0132488_6532065.jpg
この時期のイギリスのガーデンでは大ぶりの牡丹をよく見かけます。
一口に牡丹といっても、色も花びらのつき方も違って様々な種類があります。
c0132488_5284155.jpg
こんな鉢植えの使い方も参考になります。
c0132488_5292878.jpg
コートヤードから見た本館のカントリーハウス。
c0132488_530249.jpg
ホテルの落ち着いたレセプション。
c0132488_531895.jpg
優雅なラウンジ。
c0132488_5321981.jpg
今回は3日で4つのナショナルトラスト施設をまわりました。
友達とのガールズ・トークとともにガーデンとお屋敷巡り、それにおいしいものまで満喫した週末でした。
[PR]
by hammohammo | 2011-06-13 05:34 | National Trust | Comments(4)